明智あれこれ

深センに滞在中
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ フライト

スリランカ航空 ビジネスクラス 香港~コロンボ グルテンフリー機内食

国慶節は当初、中国国内旅行の予定でした。
襄陽で孔明の古里と水鏡先生のお宅を見て、武漢で赤壁〆という、三国志ファン垂涎のゴールデンルート。
だったのですが、なんとなく検索したスリランカ行の航空券が、ビジネスクラス激安価格!?になっていまして、気が付いたら購入済みでした。
そういうわけで、9日間アーユルヴェーダ施設にこもって、思いっきりデトックスする旅決定です。


まずC-tripから予約したので、C-trip経由でグルテンフリーの機内食をお願いしたのですが、できないと言われました。
そこで、ネットで「スリランカ航空 グルテンフリー 機内食」と検索すると、機内食の指定ページが出るではないですか…!
それならと公式HPから予約しようとしたら、エラーでちっとも予約できません(^p^)
スリランカ航空のお問合せセンターに英語でメールをしたら、中国人ばりにQ&Aが嚙み合わず、挫折しました。
スリランカ航空の24Hコールセンターに電話したら、英語とスリランカ語のみで、そっと電話を置きましたw
最後は結局スリランカ航空の東京支店に電話突撃です。
おっとりと話す素敵なマダムが手配してくれましたよ。

そこで聞いたのですが、ビジネスなのに行きはライトフラット、帰りはフルフラットの機材なのですよ。
(チケットの残りが1枚で急いで買ったので、買う前に確認する暇はなかった。)
香港~コロンボなんて5時間なので、ライトフラットでいいと思うじゃないですか。
ただし、今回の旅程は

行き AM2:00香港発(ライトフラット)
帰り AM9:00コロンボ発(フルフラット)

なのです。



行き AM2:00香港発


行き AM2:00香港発 


行き AM2:00香港発




なんでライトフラットなの><

だから安い





チェックンカウンターが開く時間が、香港、コロンボ共に3時間前だそうです。
ここで香港空港で使えるラウンジを確認しておけば良かったのですが、また私はやらかしてしまいました\(^o^)/

キャセイほんと相性悪い



出発当日。
仕事を終えてシャワーをあびても7時です。
チェックインカウンターは夜11時に開くので、9時半に家を出れば間に合います。
なのですが、空港によっては5時間前とかにチェックインできたりするじゃないですか。
香港空港はキャセイ系ラウンジが豊富ですから、ラウンジでゆっくりできるかな~♪と思って、8時(笑)に出発しました。
香港空港到着は9時過ぎ。
5時間前(〃▽〃)

夜の香港空港。

IMG_0496.jpg

スリランカ航空はFカウンターになります。
電光掲示板を見ると、まだ2時出発のコロンボ便の表示がないw

IMG_0495.jpg

そして、Fカウンターにはスリランカ航空の影も形もなかったwww

インフォメーションに聞いたら、10時半くらいからカウンターの設営が始まって、11時から開始なのよ、とのこと。
私浮かれすぎ(;^ω^)

仕方がないので、Fカウンターのベンチで月曜から夜更かしの2時間スペシャルと見ていました。
そしたら、10時半くらいから本当にカウンターの設営が始まった…!

IMG_0497.jpg
↑ポールを立ててる。
IMG_0499.jpg

エコノミーは10時半でもう並び始めている人がいました。
11時の時点では、まだカウンターが空く前からかなりの行列が。
私は今回はこちらです。

IMG_0502.jpg

並んでいる人誰もいないw
カウンター担当のお兄さんが来たので私も並び始めてみた。

IMG_0504.jpg

おのぼりさん丸出しの先頭。
ラウンジのチケットをもらったのですが、

IMG_0505.jpg

PLAZA PREMIUM LOUNGE(・・?
BRIGE(キャセイラウンジ)やWING(キャセイラウンジ)やPIER(キャセイラウンジ)じゃないのん?
もしくはカタールのラウンジ。
キャセイラウンジで、アレルギー覚悟であの有名な担々麺を食べる気満々だったので、少々残念な気持ちでラウンジへ。

IMG_0506.jpg

そしたら、入り口が左右に分かれているのですが、右側で大行列が出来ているのですよ。
ポールの案内を見ると、ここはカードラウンジに指定されているようで、右側がカードホルダー、左側が指定エアラインの列でした。
左側は誰も並んでいませんでした(;^ω^)

人いっぱい。
席の写真はとても撮れないので、食事のお写真をどうぞ。

↓ヌードルバー。種類は河粉1種のみ。まろにーちゃんなのでグルテンフリー
IMG_0509.jpg

IMG_0510.jpg

IMG_0511.jpg

IMG_0512.jpg

IMG_0513.jpg

IMG_0515.jpg

IMG_0520.jpg

IMG_0521.jpg

IMG_0514.jpg

IMG_0516.jpg

IMG_0517.jpg

IMG_0507.jpg

IMG_0508.jpg

キャセイのどこかのラウンジを使わせてもらえるのかと勝手に思い込んでいたので、この食事の品揃えがショック><
同じワンワールドなのに残念。
例えば成田発のスリランカ航空ビジネスクラスだったら、成田のJAL桜ラウンジを使えるのにね。

本当に人が多くて座る席を見つけるのに苦労するので、居心地は全然良くないです。
シャワールームもあるようですが、見学する気にもならないので、食事をしたらさっさと出てしまいました。

IMG_0518.jpg

IMG_0522.jpg

IMG_0519.jpg

カードラウンジは別にいいかな…

暇だったのでゲートに移動。
香港空港にお詳しい方なら「ああ…」と思わず言ってしまう、ゲート200番台、一番遠いアレです。

IMG_0523.jpg

ビジネスの優先登場を思いっきり使って、1番乗りです。

IMG_0525.jpg

小型機で、ビジネスの配列が左右2席ずつのみ。
合計16席です。
すぐ後ろにエコノミー。

IMG_0526.jpg

ビジネスの男性フライトアテンダントは執事スタイルの品の良いおじ様です。
座るとすぐにメニューが配られます。

IMG_0527.jpg

さすが紅茶の国スリランカ、紅茶のメニューが豊富でした。

IMG_0528.jpg

グルテンフリー指定なので私には関係ありませんが、ビジネスはチキンカレーかチキンバーガーの2択だったようです。

それでなかなか飛行機が動かないので???と思っていたら、ビジネスの中国人客、みんなシートをぎりぎりまで倒して寝ているのですよ。
離陸するときにいいのかな…と思いつつ、私も全開で倒して睡眠モードへ。
のはずだったのですが、通路をはさんだ隣の席の子供が大泣きしていて、全然眠れない(^o^)
中国人たちは爆睡。すごすぎ。

飛行機は結局3時間遅延で離陸しました。

深夜便なので、客が起きたところで、食事を取るか聞いてくれます。
じゃーん、これがビジネスクラスグルテンフリー食だっ

IMG_0540.jpg

白身魚です。
味付けはさすがにケチャップではなかった。

IMG_0541.jpg

サラダはドレッシング代わりにクリームチーズ。
これはGOOD

IMG_0543.jpg

デザートにはチョコレート。
右に乗っているのはバルサミコソース。

IMG_0542.jpg

塩コショウケースが可愛い。

IMG_0545.jpg

陶器のお皿で高級感がでますね。
5時間だとこんなもんかな。

映画鑑賞に移行です。
スリランカ航空は香港~コロンボ路線でも、パネルに日本語の案内がありました。
映画自体はピンとくるものがなかったので、とりあえず「相棒」の映画を。

IMG_0550.jpg

紅茶も出してくれます。

IMG_0549.jpg

これが本当に美味しい。

そこで気が付いたのですが、モニターの横に充電プラグの差込口がありました。

IMG_0551.jpg

到着30分前に気が付いたorz
映画自体は何が面白いのかサッパリわからん。
(仲間由紀恵が刑事モノは何か違う)

深夜便なので、アメニティポーチの配布もありました。

IMG_0584.jpg

IMG_0585.jpg

こちらのブランドはちょっと良くわからないです。

IMG_0586.jpg

IMG_0587.jpg

IMG_0588.jpg

ロンドンのブランドのようですね。
スリランカにはSPA CEILONという素晴らしい国産ブランドがあるのですから、それを採用すれば、アメニティ目当てでビジネスクラスに乗る人が増えそうですが。
思いっきり昼間の便である帰りは、アメニティなし、靴下1個のみでした。





んーーーー、深夜便なので、やっぱりフルフラットでコロンボまで行きたかったな。
客層は、国慶節という中国の大型連休だったので、子供こみの家族連れがいるのはしょうがないのでしょうね。

それ以上に残念だったのは、行きのラウンジの件。
キャセイのラウンジは、キャセイの資格保有者にしか解放しないのかしら。
教えてエロイ方。

スポンサードリンク



中国東方航空 深セン~上海:国内線 上海~大阪:国際線 エコノミー グルテンフリー食

大阪に社員旅行で行ってきました。

1人で姫路城&弁慶ゆかりの円教寺ツアーで歴史堪能のはずだったのに、中国人6人を連れての大遠征になりました。
弁慶が吹っ飛んだし\(^o^)/

まあそれはおいおい話すとして、東方航空エコノミークラスのグルテンフリーメニューをご紹介します。
まず、HPからリクエストできなかったので、東方航空の関空事務所へ電話しました。
東方航空の対応は、「すべてリクエストベースになるため、ご用意できない飛行機があるかもしれません」というものでした。
どうだったのか、4路線一気に紹介します。



1.深セン宝安空港発~上海浦東空港着(中国国内線) AM7時出発

旅行の最初の飛行機。
家を出るのが朝5時。
急いで顔を洗っているとき、落ちた石鹸を拾った際にぎっくりご腰になりました。
よりにもよって、何で日本へ帰る日に…。
腰をかばいながら、ヨロヨロ空港へ向かいましたよ。
(座ってから立ったときが一番痛い)

IMG_.jpg

朝一番の飛行機なので、定刻通りの出発。
そして、1回目の機内食です。

IMG_0_20170917090802f7c.jpg

この漢字はグルテンフリー食!キタ━(゚∀゚)━!
パカッと開けると…

IMG_01.jpg

じゃーん、こんな感じです。
主食はなしですね。
真ん中のコロッケ大丈夫?(;^ω^)
と思うじゃないですか。
食べても下痢しなかったので、グルテンは含まれていませんでした。
良かった良かった。

中国の国内線機内食でグルテンフリー対応ができることに感動しつつ、国際線へ乗り換えます。



2.上海浦東空港発~大阪関西国際空港着(国際線) AM12時出発

周りの中国人の同僚達はテンションMAXで、何を言っても大受け状態。
私は腰痛でただの屍状態。
ぎっくり腰って、動いているときは痛くなくて、座る→立つと激痛が走るんですね。

さて、国際線の機内食です。
じゃーん。

IMG_02.jpg

米粉のパンがある(゚∀゚)!!
お味はアレですが、すごく嬉しい!!
ところで疑問なのですが、グルテンフリー食なら主食を米にするのが簡単そうなのに、何故パンなのでしょうね。

むしゃむしゃ食べていたら、あっという間に到着です。
フライト時間は2時間。
近い。

後ろの席の中国人たちが、この飛行機を見て、

IMG_0001.jpg

綺麗な飛行機だな、とはしゃいでいました。
私もPEACHには一度乗ってみたい。



3.大阪関西国際空港発~上海浦東空港着(国際線) PM2時出発

いつもそうなのですが、悲しみをこらえながらの帰路です。
日本最高。
ぎっくり腰も、サロンパスを貼っていたおかげか、痛みがかなり軽減されました。
サロンパスは日本の叡知に違いない。

3回目の機内食です。
出発時間が午後2時なので、軽食がでると思っていました。

IMG_0475.jpg

じゃーん。
なんだかデジャブですね。

上海発~大阪行↓
IMG_02.jpg

大阪発~上海行↓
IMG_0475.jpg

全体の構成が同じで、メインプレートにいたっては全く一緒だ。

IMG_0476.jpg

味も一緒。
大阪発は、米粉パンが米粉ドーナツになるのですね!
米粉ドーナツは初めてで、ありがたくいただきましたよ。

そして大きな違いはこれ。

IMG_0477.jpg

ケチャップの有無。

機内食の会社は国ごとで違うと思うのですが、グルテンフリーのような特別食は東方航空が一括管理しているのかしら。



4.上海浦東空港発~深セン宝安空港着(中国国内線) PM21時30分出発

上海に4時についたので、5時間待ち。
ずっとためこんでいたビデオを見ていたら、あっという間でした。

そして、こんな時間にまさか晩御飯来るんか…?
と思ったら。

IMG_0478.jpg

じゃーん。
フルーツプレート。
これはGJ。
周囲は軽食のパンでした。
ちょっと得した気分(^q^)



というわけで、東方航空へのグルテンフリーリクエストは、4回とも実行されました。
東方航空やるなあ。
羽田~深セン間でグルテンフリー対応がNGだった深セン航空とは大違い。
変なアテンダントもいなかったし(それはそれで残念)、中国に沢山ある航空会社のなかではなかなかいけてます。
スカイチームなので、マイルはエールフランスのがお勧めですヨ。

スポンサードリンク



深セン航空 成田~深セン便 エコノミークラス(グルテンフリー食…)

このフライトの帰りです。

まずですね、当時、成田発深セン行の便は、8時50分出発でした。
メトロポリタン池袋からの空港行リムジンバスは、朝6時30分出発が始発。
到着は朝7時30分。
この時点で離陸1時間20分前。

次に。
成田の出国ゲートが開くのが、そもそも7時30分。
チェックインしたものの、南ウィングは大行列。
がらがらの北ウィングまでダッシュするか迷ったものの、結局南ウィングで並ぶ。
遅々として進まない行列、迫りくる離陸時間。
自動化ゲートを走り抜け(登録しておいて本当に良かった)、ようやくスライディングでゲートにたどり着く。
ショッピングする時間などありゃしない\(^o^)/


余韻もへったくれもなく、汗だくで深センへ帰ります。

P1050651.jpg

P1050652.jpg

P1050657.jpg


肝心の機内食は、グルテンフリー!
ではありませんでした。
フツーの機内食。
日本出発で対応できないとはね…。

P1050653.jpg

ご飯ちょっと食べて終わり。

P1050656.jpg

コーヒーは激マズ。
飲むな【危険】


飛行機自体は、乗客の文化度がとても低いですね。
後ろの子供が座席を蹴ってきたり(母親に注意してやめさせた)、他所で音楽流していたりで、まさにザ中国。
ANAとのコードシェア便になるのか?これ。
日本を感じるものは、何一つなかったが。

自分が深センに住んでいるから、深セン空港発着便は楽チンなのだけど、あまり利用したくない飛行機だ。

スポンサードリンク



ANA機内食バナナ1本事件で思い出した話

奈良旅行の途中ですが、気になるニュースが入ってきたので。




全日空、到着前の「グルテンフリー」軽食にバナナ1本 英国人男性抗議でチキンソテー追加 出発直後の夕食では特別食のほかに通常食も提供
http://www.sankei.com/world/news/170509/wor1705090026-n1.html




昨日今日と航空ファンが集まる某所がこのニュースで持ちきりになりました。
最初の報道では、「グルテンフリーの乗客、9時間のフライトでバナナ1本だけ」という内容で。
全日空がグルテンフリーメニューを用意しているのは知っているし、彼女たちアテンダントの対応も知っているので、このニュースは某国人の大嘘だと思ったほどです。
(後に1割だけほんと、9割嘘が判明しましたね)





私の思い出というのはですね。

まだ機内食までグルテンフリーにしようと思っていなかった頃の話。
香港発、羽田着の機内にて。

グルテンアレルギーもちの人は、出された料理からグルテンの無いものだけを選んで食べることが多いと思います。
その日のエコノミーの機内食は、どちらもグルテン多そうだなあと思うようなものでした。
2種類あって、ごはんを選ぶのが普通だと思うのですが、なんとなく蕎麦が食べたかったので、蕎麦入りのほうの機内食を選びました。
コシのない「十勝蕎麦(10割そば粉で出来た蕎麦)」に見えたのです。

P1040407.jpg

これが当時の機内食。

それで、機内食を受け取った後に、一応アテンダントさんに確認しました。
「この蕎麦は十勝蕎麦ですか?」と。
アテンダントさんは困った顔をされ、わからないと。

なら仕方ないかと思い、蕎麦は食べずにグルテンのなさそうな部分だけ食べました。
食べたのはサラダの葉っぱと人参と青物だったでしょうか。
羽田で美味しいもの食べに行けばいっか~なんて思っていたので、大部分残したのです。

その後、機内食のトレーを回収の時にまわってきたのは、蕎麦を質問したときと同じ方。
回収時には何も言わなかったのですが、あとから席に来て、








「先ほどほとんどお食事をされなかったご様子、グルテンフリーの麺が残っているのでいかがでしょうか?」

と。



。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚


。・゚・(ノД`)。* ゚ + 。ブワッ




竹知感動 。
ここエコノミーですよ、ビジネスじゃないんですよ。










いただいたのは米粉の麺のインスタント(アレルギー対応カップ麺)で。

P1040408.jpg

トレーに乗せて、お箸や調味料、おしぼりもつけて綺麗に出してくれるのがまた泣けて。

ANAすごい、日本のおもてなしすごい。
ますます青い翼のファンになったフライトだったのです。

「グルテンフリーの方の機内食もご用意できますので、帰りの便に乗る前日までに、コールセンターあてにお申込みしてくださいね」とのアドバイスももらったので、機内食でも前もったリクエストを意識するようになりました。




そんなANAが、グルテンフリーの人に対して、9時間のフライトでバナナ1本だけはないわ。
どちら様のねつ造ですか(#^ω^)
ワタクシ、ブチキレマスワヨ。

スポンサードリンク



深セン航空 深セン~関空便 エコノミークラス(グルテンフリー食)

4月中旬に一時帰国しました。
今回は奈良で桜を見てから、東京に移動するパターンです。

本当はANAの香港~関空、成田~香港を利用しようと思っていたのですが、調べたら深セン航空のほうが安い。
深セン航空だと当然深セン空港利用になるので、移動面では楽ちんですしで、話のネタに利用してみることにしました。
これが大間違い m9(^Д^)







深セン航空は、中国国内線ではよく乗っているエアラインです。
なので、フライトアテンダントが国内線でも英語が話せるレベルであること、かつ美女揃いなのは知っています。
機内食も、もちろんお馴染み。
国際線になるとレベルアップするでしょうが、たかが知れているので、今回はグルテンフリー食を用意してもらうことにしました。

余談だが、エコノミーで機内食が美味しいと思ったのは、バージンアトランティックだけ。
今は懐かしの成田‐ロンドン線の松花堂弁当( ノД`)




まず、深セン航空のHPを見てみる。
C-trip経由で買ったので、機内食のリクエストができるページまでたどり着けない\(^o^)/

次に、深セン航空のカスタマーセンターまで電話してみる。
なんだこの中国語、全然わからん\(^o^)/

ということで、C-tripのカスタマーセンターから申し込む。
こちらの中国語は良くわかる…、無事小麦粉抜きの食事をリクエスト。

「航空会社にリクエストを出します。結果はメールで知らせます」

とのことなので、待つこと1時間。











↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 結果 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

















Σ( ̄□ ̄|||)

P1050670.jpg







うわあああああああああああああああ







翻訳「深セン発関空行は除去食を用意できるけど、成田発深セン行は無理よーん」












中国で用意できるのに、我が日本で用意できないとは…
(逆パターンを想定していた。日本側はOKでも、中国はダメなんじゃないかと)













neraidoori_201705012008321f8.gif
(でれでれ草さんからお借りしています)


このコラが浮かんでしょうがないorz








当日。
2時間半前に空港到着。

P1040889.jpg

チェックインカウンターは2時間前にならないと開きません。
早く入って、スタバでノンビリしようと思ったことも、間違いの1つ。

深セン空港は国際線の規模が小さいため、入国審査の行列が大したことなく、そこはポイント高いです。
んで、あっという間に出国終了すると、

P1040894.jpg

国際線エリア、搭乗口が11個しかない小ささ。
ビジネス・ファースト用のラウンジと、

P1040896.jpg

良く知らないコーヒーショップが2つのみ。

P1040895.jpg




免税店はどこも開いてない。

P1040898.jpg



しかし、ここのラウンジはレベルが高くお勧めだ、とよそ様のブログで読みました。
お金を払って入れるなら入れば良かった。



P1040899.jpg

飛行機は小型機。

P1040904.jpg

機内はこれです。

P1040905.jpg

国内線ではありません…w

国際線ということで、どんな選りすぐりの美女を出してくるのかなと思ったら、ベテラン様でした。
私は若い子よりもこっちのほうが好きなので、問題ないですが。
(有事のときに、若い子よりも頼りになりそう、というのが理由)

日本行の国際線なのに、アテンダントはオール中国人で、日本語を話せる人は一人もいません。
客層は、圧倒的に中国人優勢なのは当たり前なのですが、LCCに比べたら少しは上品かなあ…。
乗っている日本人は、中国慣れしてそうな方々ばかり。




さて、機内食です。




これが深セン航空のグルテンフリー食だっ









P1040911.jpg

し、白身魚にケチャップ…wwwww

いや、笑っちゃいけない。
用意してくれているっていうことに感謝しないといけないから。
(とは思うのですが、中国男のコックさんが、「めんどくせーなー」言いながら白身魚にケチャップぶっかけている姿がリアルに浮かぶ。)

左下のはキノコのマリネ。
塩味。



深セン航空の国内線にはブラックコーヒーがないです。
が、国際線にはあるということで、飲んでみました。

P1040912.jpg

これは中国国内のインスタントコーヒーまんまの味です。
ANAのコーヒーは美味しかったなあとしみじみ。





大阪までは3時間。
いつの間にか寝ていて。
ものすごい振動で「ガタッ」ときたので、夢の中で「あ、死んだ」と思ったら着陸でした。
あっという間に、関空着です。

P1040913.jpg


日本に帰って来た時はいつもテンション高く、成田や羽田の税関前エスカレーターのところにある「おかえりなさい」の看板でテンションMAXになるのですが、

P1040917.jpg

関空は何もなかった…


_(┐「ε:)_ズコー



ナンデヨ…







帰りの機内食について確認したく深セン航空のカウンターを探したのですが、到着側にはありませんでした。
ANAのカウンターで聞いたら、「親会社の中国国際航空のカスタマーセンターに電話してください」とのこと。

どうなったかは帰りの成田~深セン便レポにて。

スポンサードリンク