FC2ブログ

明智あれこれ

深セン駐在を終え、日本でバリバリ働き中
2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ SPA(中国・香港以外)
CATEGORY ≫ SPA(中国・香港以外)
      

A’CHRON@台北101店

台北でやりたかったこと、その3。
A'CHRONスパ。


街中のマッサージ店も悪くないのですが、スパで本格的に血行促進をやってもらうのが好きなので、色々調べました。
リージェントホテルのムーランスパとこちらでかなり悩みましたが、今回はスタバの件もあるのでこちらに軍配。
結果、すごく良かったです!



こちらのスパは35階にあります。
スパの客はビジターカードを発行してもらえるため、同じ35階にあるスタバやセブンイレブンに自由に出入りできます。
こちらの記事でも書きましたが、1時間前に到着しました。
スタバをのぞきたかったので。

まず、1階のこちらの機械から、35階のスパを呼び出します。

IMG_5905.jpg

画面表示は英語と中国語。
何回もやりましたが誰もでない!
というわけで疲れていたので1時間ボーっとし、

IMG_5904_20191006205700450.jpg

再び時間近くでTEL。

IMG_5906.jpg

つながりました。
このカードがないと、中に入れないのです。

35階。

IMG_5910.jpg

IMG_5909.jpg

IMG_5907.jpg

窓が大きくてしばし眺めたくなる景色です。
スタバに入らなくても、景色だけなら十分。

そしてスパへ。
場所はすぐわかりました。

IMG_5921.jpg

IMG_5920.jpg

こちらは残念ながら中国語か英語のみ。
(最近日本語が少しわかる人が入ったとかどうとか)
英語ならゆっくりしゃべってくれると思うので、恐れないでチャレンジしてほしいです。

問診表を書いてから、オイル選び。

IMG_5919.jpg

これは買って帰ることもできます。
我が家は愛猫たちがいるのでアロマ系はやめているのですが、好きな人にはいいでしょうね。

施術室へ。

IMG_5911.jpg

西側かー!
という日照りでしたが、景色はいいですね。
35階を独り占め。

日本のエステで履くような使い捨ての紙パンツをくれます。
バスローブに着替え、内側からドアをノックすると、スタッフが来てくれて施術スタートです。

足湯から始まり、

IMG_5915.jpg

温かい石で全体をゆっくり揉みほぐしてくれます。
当たり前かもしれませんが、背中を見せただけでどこが悪いのか一発であててきます。
そこを集中的にやるのかなと思ったのですが、全体的に石をあててきます。
気持ちよすぎて夢の中。
起きたら体が軽くなっていました。
素晴らしい。

そしてこの景色。

IMG_5917.jpg

なんて贅沢なスパなんでしょう。
〆はもちろんお茶。

IMG_5918.jpg

このビスケットが気になって仕方がなかったので、持って帰って後輩君にプレゼントしてみました。
スパの帰りは同フロアのスタバへ。

IMG_5925.jpg

すぐお隣です。



興味のある方、予約はKKdayからすることが可能です。
1階の発券機の使い方も、こちらのサイトの下に詳しく書いてあります。
スパの方々は日本人慣れしているので、是非気軽に訪れてみてください。

【台北101絶景スパ】A'CHRON(艾珂菈)アロママッサージ利用チケット

スポンサードリンク



Evian Spa & ラウンジバー プリヴェ@パレスホテル

深センでSPA巡りを本格的に始める前に、日本でちゃんとしたSPAを体験してみようと思い立ち、
評判の良さそうなパレスホテルのエビアンスパを訪れました。

P1050583.jpg

平日限定のアフタヌーンティー & スパトリートメントプラン、2万3千円です。
パレスホテルでは2種類のアフタヌーンティーがあり、予約時にレストランを選べます。
これだけ見ると、コストパフォーマンス抜群に思えますが、結論は行かなければ良かった。
普通にSPAだけやりに行けば良かった。
かなり不満。

P1050607.jpg





まず、予約時間の30分前に到着し、ゆっくりサウナなどで温まるといいですよとアドバイスをいただいていたのに、到着したのは予約時間15分後。
遅刻に関しては、徹頭徹尾、私が悪いです。
仕方のないことですが、到着してからものすごく急かされたのですね。

「アフタヌーンティーの時間が迫っていますので…」
「レストランが混み合っていますので…」

この2つの台詞、何回言われただろうか。
レストランが混んでいるならしょうがない、と諦めモードでSPAを受けていました。
当然、SPA後にリラックスルームへの案内はなしで。

「すぐ着替えてください」
(アフターのお茶もだされなかった)

と。
まあ、遅刻した私が悪いよね、と渋々着替え、靴を履き(靴べらくださいと言わなければ、持ってきもしなかった)、レストランへ行きました。
SPAの技術なんて知らないよ?
既にそれを味わう気分になっていなかったので。

で、ラウンジバー・プリヴェです。

P1050606.jpg

P1050595.jpg

P1050597.jpg

入った瞬間ポカーン。

P1050596.jpg

席の半分も埋まってない。




レストラン混み合ってないじゃないかYOOOOOOO




(#^ω^)



混み状況を確認して、レストランの予約を後ずれさせてくれても良いのでは。
ここパレスホテルだよね??



案内された席は入り口すぐ横。
見渡すと、アジア系の人しか見える場所にいない。
白人の老夫婦が来て、予約はないけど座れるかい?と。
ウェイター、Sure、ですと。
へー、予約も埋まってないんだ…(#^ω^)
更に見ていたら、老夫婦は奥へ通しているのです。
彼らは皇居が見える席がいいから、と入り口側へ戻ってきましたが。
何だか、入り口側にアジア系を集めて、白人さんたちは奥に通していたロンドン・ブラウンズのアフタヌーンティーを思い出す。
(まさかね…?)

ワタクシ、この時点でもう機嫌最悪だったので、苦手なものありますか?と聞かれ、「チョコレートと小麦粉」と率直に答える。
アフタヌーンティーで小麦粉抜きとか嫌な客だ。
ウェイター、困った顔をしたので、小麦粉はいいですよ、と。



P1050598.jpg

逆光でイマイチ…

P1050599.jpg

P1050600.jpg

P1050601.jpg

P1050602.jpg

このモンブランは美味しいです。
パレスホテルの名物らしい。

P1050604.jpg



塩気のある食べ物は、ケーキ類より食べやすかった。
もうケーキばかりのアフタヌーンティーは卒業かな。
アフタヌーンティーのケーキを食べるより、通常の1品のほうが力が入っていて美味しいしね。


入り口がウェイターたちの待機場になっているのですが、「あそこの客(わたしではない)はすごく写真取ってるな…」とか、
話す声が聞こえるのですよ。
ひー怖いよママン(;´ω`)


食べ終わって1階に行ったら、もう1つのアフタヌーンティーを出す「ザ・パレスラウンジ」は、確かに混んでいました。
空いている席を探せないほど。
予約したアフタヌーンティーがここのレストランのだったら、何も不満はありませんとも。


深センと東京のSPAレベルを比べるつもりできたけど、深センStレジスのSPAのほうが満足度が高いという、なんだそれ的な結果に。
私は割と1回で判断してしまうので、もうよっぽどのことがない限り、パレスホテルには行きそうもない。
宿泊する気も失せてしまった。



★それでも泊まりたい方のための予約サイトリンク
エクスペディア
Hotels.com

スポンサードリンク