FC2ブログ

明智あれこれ

深セン駐在を終え、日本でバリバリ働き中
2018年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年02月
TOP ≫ 1週間ぶりの再会

1週間ぶりの再会

前回書いた通り、1週間入院していました。
その間、私の猫ちゃんたちは、譲ってくれた猫ボランティアさん家に里帰り。
どのぐらい入院しなければならないのか未定だったので、ペットシッターよりも預ける方を選びました。
薄々分かってはいましたが、これは猫にとって想像以上に可哀想なことだったと再認識しました。

猫ボラさんから2匹の様子が毎日SNSで送られてくるのですが、海ちゃんは威嚇しまくりなのでゲージに入れているとの事で、もうそれだけで涙がでるわけですよ( ノД`)
ストレスかけちゃってごめんね、すぐ迎えに行くからね( ノД`)
と言い聞かせながら過ごしました。
血を見るような喧嘩になりそうだったので、結局4日間もケージ生活だったとのこと。

萌ちゃんは、そうでもなく。
猫ボラ家で他のオスネコに鼻チューしながら楽しく過ごしていると聞き、多頭飼いのほうが幸せな子なのかなあ、と。
萌ちゃんの妹と取り換える話も、それもありかな、なんて真剣に考えました。



それで、退院した日に速攻海ちゃんを引き取りに伺ったのですね。
猫ボラ家は通りに面した一軒家で、猫部屋は通りに面しているため、大きな窓から中にいる猫たちの様子が見えます。
窓際に座って外を見ている海ちゃんがいて、もう涙がボタボタ( ノД`)
ハンカチで目元を押さえながら、「海ちゃん~海ちゃん~」とガラス越しですが手でちょっかいを出していたら、猫ボラさんが家の内側から、

<明智さん違う、その子、海ちゃんじゃないよ。

と言ってきて、恐ろしいほど恥ずかしかったです(ノ∀`)
白い猫で目が青く見えたんですよ…。


中に入って海ちゃんと1週間ぶりにご対面したのですが、通行人その3ぐらいの認識でさらに寂しくなりました(ノ∀`)
4か月の蜜月の記憶は、1週間で消えてしまうのか。

人慣れ抜群と紹介された萌ちゃんの妹にも会いました。
同じ柄の茶虎で、黄色の眼をした大人しい子です。
初対面でも、顔を撫でれて、目を細めてゴロゴロ言うような子。
確かにめちゃくちゃ可愛い。

肝心の萌ちゃんは、私の姿を見て冷蔵庫の上に隠れてしまいました。
忘れているのか怖いのか。

それで猫ボラさんから、交換する?と聞かれたのですが、4か月一緒に住んで治療もした子、情が沸いてるんですよね。
萌ちゃんを連れて帰って、年単位で気長に見守ります、と。

そういうわけで帰って来た二人。
我が家に到着直後から家に帰ってきたのがわかっていたようで、二人ともリラックスモード全開。

IMG_4630.jpg

心配していた萌ちゃんだってコレ。

IMG_4631.jpg

お家が良かったんだね。
ごめんね。


その日はどちらも素っ気なかったのですが、夜は2人ともベッドに乗ってきて、一緒に寝ました。
次の日は、朝からずっと海ちゃんに頭突きされていました。
私からも、いっぱい鼻チューしましたともw

覚えていてくれてありがとう(*´ω`*)

スポンサードリンク



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL