FC2ブログ

明智あれこれ

深セン駐在を終え、日本でバリバリ働き中
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ グルメ(海外)

SUGAR BOX@深セン・グランドハイアットホテル内

ケーキショップ紹介の時にそれを言うのか、と我ながら思うけど


この間タクシーに乗っていたら、ゴキブリの小さいのが車内にいました。
足元のすぐ近くだったので、しれっと踏み潰しましたけど。
もー、ほんとやんなっちゃう。




そんな深圳のリアルなゴッキー話は置いといて

この間、深圳の女子会で「深圳NO1」と称えられたケーキ屋さんへ行って見ました。
学生の頃は甘いもの好きじゃなかった私も、社会人になってからケーキを食べるようになったのです。
(特に、中国にきてから、一時帰国時に食べるケーキの量が激増した)
ストレスがたまっているに違いないね。
ケーキの美味しさは東京が世界一だし(断言


場所は地下鉄2号線「大劇院」から徒歩5分の、グランドハイアットの中庭内にあります
P1030157.jpg

P1030159.jpg

妙なデザインおよび色のケーキがないのはさすが
P1030160.jpg

2個買いました。1個はブルーベリーチーズケーキ
P1030161.jpg

2個目はキャラメルケーキ
P1030162.jpg

東京のケーキみたい!
無駄に甘くなくて、ほっこりします。
絶品かというと普通ですが、中国で食べるなら十分なレベル。
ここは洋菓子の糞不味い国ですから。


金髪の外人客も多くいました。
サラダやパンも売っていて、彼らに指示されている模様。


深センでどうしても甘いものが補給しい、そんな時にお勧めです。

スポンサードリンク



なだ万@シャングリラ香港クーロン

12月27日に「なだ万」へ行ったのに、1月2日にまた「なだ万」。



年末にミニ女子会があったのですが、1月2日に香港へ行く用事(通院)があると言ったら、「なだ万連れてって!」コールをされてしまったのです。
コールしてきたのは、お正月も帰らない居残り組みの一人。
こちらにいる日本人は、年末に帰国する人が多いです(もしくは他国で年越しをする)。
居残り組みはゲームでもしてればいいんじゃないかねと思うのですが、Notゲーマーたちは暇すぎて死にそうらしいですよ。
趣味をもちたまえ。

そうは言っても、私も1月になだ万へ行けば、正月気分が味わえる素晴らしい懐石が食べられるかも☆と、しばしゲームパッドを置いて、なだ万へGO。
今回はきちんと予約の電話をしたのですが、アイランド側のなだ万が満席でキャンセル待ちだったので、クーロン側のシャングリラホテルにあるなだ万にしました。
こちらは地下にあるので外の景色が見えないため、アイランド側のなだ万よりは予約が取りやすいようです。



P1030137.jpg

シャングリラ香港クーロンは、チムサーチョイの駅から歩いて10分ちょっとくらい。
私たち深セン女子の集まりは、基本、現地集合・現地解散。

P1030138.jpg

確か海岸沿いだったような気がして、適当に海沿いを歩いていたのですが、橋を登ったり降りたり面倒くさい。
チムサーチョイからのショートカットが絶対あると思う。

P1030139.jpg

P1030140.jpg
クリスマス…w
あれかね、きっちり片付けるのは日本人くらいなのかも。

P1030141.jpg

せめてなだ万くらいはちゃんと正月してほしいとおもっていたら、

P1030142.jpg
KA★DO★MA★TSU!!

うむ、素晴らしい。


1月のミニ懐石コースです。
最初にお酒のサービス。

P1030143.jpg

P1030144.jpg

P1030146.jpg

P1030145.jpg

お雑煮は関東風ですね。
鰹出汁最高。

P1030147.jpg

P1030148.jpg

先月はビーフか魚を選べましたが、今月は魚一択のようです。

P1030149.jpg

この炊き込みご飯を3合分くらいお持ち帰りしたい。

〆は羊かん。
良かった、洋菓子じゃなかったw

P1030150.jpg

図らずも1週間で香港のなだ万を制覇。
日本にいる時よりも、いいもの食べてるお正月になりました。

今年もよろしくお願いします。

Mir160111192844b.jpg





★宿泊予約サイト
エクスペディア

スポンサードリンク



なだ万@シャングリラ香港アイランド

明けましておめでとうございます。

上海出張の際にブログを更新する予定だったのですが、見始めた時代劇が面白すぎた件。
移動のときもホテルでもずっっっっっと見ていました。
それまでは「あさが来た」をひそかな楽しみにしていたのですが、完全に吹っ飛んだわ。
中国在住の方は、「羋月传」是非見てみてください。
戦国時代の王女の話です。



まあ、で、ある12月の土曜日、一人忘年会をしに香港の「なだ万」までランチしに行ってきたのです。
こういうプチ贅沢がないと、中国で暮らしていけんのです。
精神的に。

その前にマルコポーロホテルに寄って、夜上海にXO醤を買いに行ったのですが、

P1030112.jpg

ツリーがきれいですねー^^
ってクリスマス過ぎてるし。


ロンドンも、クリスマスはこんな風に日付が過ぎても飾りっぱなしだったっけ?
と思いつつ、香港島へ。
なだ万の場所は、香港島アドミラリティにあるシャングリラホテル内です。
ホテルの場所は、パシフィックプレイスの隣ですよ。

P1030129.jpg

P1030128.jpg

P1030127.jpg

ロビーの生演奏がクリスマスモードで吹いたわ。
なだ万へはロビー横のエスカレーターを昇ればすぐです。

P1030123.jpg

予約はしていなかったのですが、一人だったので座れました。
ほぼ満席だったので、ランチでも予約した方がいいみたいです。
窓際に座らせてくれるでしょうしね。

P1030113.jpg

メニューはうどんやら生姜焼き定食やらもあるのですが、なだ万と言えば懐石料理。
香港なだ万はランチのミニ懐石コースが月替わりだとか。
そういうわけで、私もミニ懐石コースを注文しました。

P1030114_20160107211129aa8.jpg

お酒なしで約9000円。

P1030115.jpg

味付けがとっても上品です。

P1030116.jpg

P1030117.jpg

P1030119.jpg

P1030118.jpg
特にこの煮物が秀逸。
カツオ出汁のいい香りがするのですが、イモ本来の甘さを殺さずの絶妙なさじ加減。

P1030120.jpg

和服ウェイトレスな香港人のおばちゃんが「どじょ」と言いながらサーブしてくれます。
萌え。

P1030121.jpg

ここまできて大感激だったのですが、

P1030122.jpg
最後にこのデザートは一体。

いや、美味しいですよ普通に。
でも和菓子が出てくると思うじゃん?
(香港人クリスマス好きだねえ)

何はともあれ、なだ万ランチ、大満足でした。


帰りはお隣のパシフィックプレイスでお買い物。
欲しかったバーバリーの財布が4割引きで3000元ちょっと。
日本円で6万円というと、ちょっと小一時間考えてしまいそうですが、3000元だと安いわw
ずっと欲しかったし、あっさりお買い上げ。

P1030154.jpg

駐在員マネーパワー万歳。


香港のクリスマス&お正月バーゲンは熱いです。
ヴィトンやシャネルでは入場制限していました。
ブランド物を買いたい人は、ぜひこの季節に。
春節の始まる2月上旬頃まで、バーゲンは続くはず。




★宿泊予約サイト
エクスペディア
Hotels.com

スポンサードリンク



インド料理 The Golden Peacock@マカオベネチアン内

マカオベネチアン内には、アジアで唯一ミシュランの星を獲得したインド料理レストランがあります。
そういうわけで、マカオなのにインド料理ですよ!

P1020068.jpg



ここは昼はバイキング、夜はアラカルトです。
私たちは夜行ったのですが、何をチョイスしていいか分からず、コースを作ってもらえないかお願いしました。
で、さすがミシュランと言うべきなのか、スタッフがすごくサービスしてくれ、
こんなに食べたのは何年ぶりなんだろう!
というぐらい料理を出してくれました。
なので、お腹いっぱいすぎて料理の味がどうのこうのとか良く覚えていません。
(覚えているのは友達が言った「full up」という英語ぐらい。
満腹って英語でこういうのか~…と)

間違いなく美味しかったことは確かです。

P1020069.jpg

P1020070.jpg

P1020071.jpg

P1020074.jpg

インドの色んな地方のカレーだよ、少しずつ食べてくれればいいからね、と言ってくれました。

P1020075.jpg

けっこう残してしまって、ほんと勿体なかったです。
次はお昼に来たい。
絶対また行きたい。



今回の香港マカオの旅はかなり美食の旅でした。
マルコポーロの夜上海、ベネチアンのピーコック、とミシュランの星レストランに2つも行きましたからね。
また贅沢な大人の旅しましょう。

魂にリフレッシュ。

スポンサードリンク



夜上海@香港マルコポーロホテル

香港のマルコポーロホテルには、ミシュランで星獲得した上海料理のレストランがあります。

P1020003.jpg

贅沢な大人の旅、最高です。

私たちはコースをチョイス。

P1020004.jpg

写っていなくて残念ですが、横にあるXO醤がホタテとガーリックの味付けで、とても美味しかったです。
炒め物やら汁ものやら、何に使っても良さげな。
買って帰ることもできますので、私たちは1瓶ずつ買いました。

もう1品1品が素晴らしかったので、写真を見て感じて考えて。

P1020005.jpg

ひとつひとつ丁寧な味付けで、やっぱり大陸とは違うなあと思ってしまったり。

P1020006.jpg

P1020007.jpg

P1020008.jpg

P1020009.jpg

P1020010.jpg

P1020011.jpg

ミシュランは伊達ではなかった。

予約は必須です。
ホテルの宿泊者であることを予約時に伝えれば、良い席に案内してくれますよ。

スポンサードリンク



アフタヌーンティー@インターコンチネンタル香港

最近ずっと仕事、FF11、ちょっとだけ勉強のサイクルなので、すっかりブログを書く時間がありません。
ブログを書いてるぐらいならゲームしたいんですよ!
今どうしてブログを書いているかと言うと、なんと当Asuraサーバーが緊急メンテナンス中なのです。
貴重な週末ゲーム三昧が…メンテナンスは平日にやってくれYO…(´;ω;`)

(来週は上海出張で物理的にゲームができないので、ブログを更新してると思われ)


8月上旬に日本から友達が遊びに来たので、香港&マカオを一緒にまわってきました。
深センも見たいと言ってくれたのですが、この街ウンコしかないからね!
空港で待ち合わせて、インターコンチネンタル香港のアフタヌーンティーへGO

ホテルはチムサーチョイの海辺沿いにあります。

P1010950.jpg

部屋から夜景がバッチリ見えるので、お値段もそれなりの価格だそうです。
1階のカフェからの眺めもこの素晴らしさ。

P1010959.jpg

きっと夜はとても綺麗なんでしょうね。

アフタヌーンティーのメニューはイギリス式と中華式がありました。

P1010952.jpg

飲み物から日本の緑茶を選べたので、最近緑茶ブームの私は迷わずチョイスw
渋みもちょうど良く、のどごしスッキリな緑茶でしたよ。

P1010954.jpg

私たちはスコーンが食べたかったので、イギリス式にしました。
(中華式だとスコーンの代わりにマドレーヌだそうです)

P1010955.jpg

一番下がサンドイッチのようなもの。
真ん中がケーキ類。
上がジャムやクロテッドクリームです。

実は今回来てくれた友達とは、日本から旅立つ前に新宿パークハイアットでもアフタヌーンティーをしています。
イギリスに短期留学していた頃からの友達で、10年来の仲なんですよ。
そういうわけで、「イギリス」がらみには多少敏感な私たち。
今回のアフタヌーンティーは、お味はパークハイアットに及びませんでした。
ケーキは東京のレベルが世界最高(キッパリ)。

P1010956.jpg

スコーンも普通です。
この小麦粉、香り豊かで美味し~♪なんていうラオタ的な感想もなく。

年だから甘いものばっかり食べていられないのもあるよねって言い合う二人。

雰囲気は最高です。
接客も文句ないです。
日本から香港に来た友達が、イギリス式のアフタヌーンティーを雰囲気満点の場所で楽しみたいならいいでしょう。
ロンドンと違ってドレスコードも緩くて楽ですしね。

リクエストがなければ、地元ピープルな私はもう来ないかなあ。




★宿泊予約サイト
エクスペディア
Hotels.com

スポンサードリンク



山頭火@香港チムサーチョイ

ラーメン探索は味噌が続いたので、塩ラーメンへ路線変更。
豚骨以外の美味しいラーメンを探せ!の旅です。
山頭火は20年前に塩ラーメンで日本一になった名店なんですよ。

場所はチムサーチョイにあるI-SQUAREの6階です。
わかりやすい。

P1010932.jpg

日本でも久しく行ってなかった山頭火。10年ぶりくらい。
白いスープに梅干しがのっていたような記憶。

ふと隣を見ると、

P1010933.jpg

丸亀製麺。
こっちも是非味わいたいですけど、ここまで来たら山頭火に入るだろうなあ。

P1010934.jpg

ファミレスのような食事見本が。
これ必要なんだろうな。

メニューも豊富です。

P1010936.jpg

ワア、セットメニューがいっぱいある(*‘∀‘)

と思って鮭の丼とラーメンのセットを頼んだら、この4つのうち3つがないと。
消去法でいくら丼とのセットに。
(ラーメン単品も勿論ありますよ)

夏らしくこんなメニューも
P1010935.jpg

美味しそう!

卓上はこんな感じ
P1010937.jpg

このコロッケ告知の裏側に、ゆめぴりかの告知がありました。
日本のお米万歳。

お昼時もあって、けっこう待ちました。
出てきたラーメンはこちら。

P1010938.jpg

メニューを見た時もまさかと思ったけれども、豚骨ベースの塩ラーメン。
あくまでも塩が主役だけど、この豚骨感…。

山頭火の塩ラーメンは、昔から豚骨ベースでしたっけ。
勝手に新宿御苑の「しろはち」のような透明スープを想像していた私が馬鹿だったと…。


変なこだわりがなければラーメンは美味しいし、従業員も良く教育されていて気持ちの良い店です。
ミニサイズもあり、お子様にも優しい。
豚骨はあくまでも塩の引き立て役で、塩がきちんと立ってるしで。

やっぱ塩ラーメン難しいなあ。

スポンサードリンク



凪・豚王と札幌ラーメン味噌NO.1@香港チムサーチョイ

けっこう前の話です。
深センの豚骨ラーメン三昧に飽きてしまい(しかもその頃は、夢中になるような豚骨に出会えてなかったから余計に)、煮干しベースの醤油ラーメンとか食べたいなあと悶々とする日々が続いていました。
煮干しと言えば凪の煮干しラーメン。
日本にいたころは新宿ゴールデン街の店舗へ何度となく通った、あの絶品煮干しラーメン。

凪は豚王という豚骨ブランドのラーメン屋さんも展開していて、香港にあるのは豚王のほうであるということは知っていました。
でも凪だから…
キング・オブ・煮干しの凪だから…
限定ラーメン枠とかで煮干しあるんじゃないかなあと…

結論から言うとなかった。


mmexport1433973153876.jpg
チムサーチョイ駅から歩いて10分しない程度でしょうか。

mmexport1433973163803.jpg
上にのせる具やらラーメンの硬さやら、色々細かく指定できます。
日本の豚王もこんな感じなんですかね?一蘭方式。

mmexport1433973169088.jpg
日本のラーメンという感じで、ちゃんと美味しいですよ。
あっさり系の豚骨が好きな方にはお勧め。

まあ、やっぱり煮干しはなかった…
当たり前か…


で、「豚骨以外を食べたいんだけどおおおおお」ということを知り合いにこぼしたら、「札幌ラーメン味噌NO.1」で味噌ラーメンを食べてくればいいよ!と言われて突撃しました。

P1010856.jpg
場所はこちらもチムサーチョイから10分しない程度か。
ネイザンロードを北上して右に曲がります。
(豚王とは右に曲がるときの道が違います)

右にまがってから、さらに、
P1010855.jpg
この細い道に入ります。
そしたらすぐ右手にありますよ。
(私はこの細い道を見逃してしまい、かなりウロウロしました)

お店は日本のラーメンぽいですが、店員はnot日本語。
メニューに載っているほとんどのラーメンから味噌・醤油・豚骨の3種類が選べるようです。多分。

P1010857.jpg

私は初めてなので、もちろん味噌ラーメンですよ!

P1010858.jpg

・゜・*:.。..。.:*・゜(n'∀')η゚・*:.。. .。.:*・゜・*

一口スープを飲んで「あ”~~~~~~~~~」と叫びたくなります。
日本人が「味噌ラーメン」と聞いて思い浮かべる王道の味噌ラーメン。
ストレートの卵麺も日本人好みの茹で加減で最高。

日本にいたころは個性派ラーメンばかり好んで食べていたけど、海外で王道ラーメンを食べるとホッとする。
ここはそんなラーメン店でした。


香港の味噌ラーメンに関しては、
王道:札幌ラーメン味噌NO.1
個性:五行
と使い分けることができていいですネ。

スポンサードリンク



五行@香港

日本にいた頃、何度となく通った五行・銀座店。
香港にもあると聞き、スキップしながら行ってきました(*‘∀‘)




お店の場所はセントラルにあるIFCの3階です。
中環駅からだとA出口まで行き、出口横にある歩道橋のエスカレーターを上って「AIRPORT EXPRESS」の方へ向かって歩いてください。
途中で「IFC」の文字が見えてきます。




P1010835.jpg

3年ぶりぐらいの五行!!

P1010837.jpg

日本で大好きだった焦がし味噌が健在。* ゚ + 。・゚・。* ゚ + 。・゚・。* ゚ + 。・゚・(ノД`)
(写真が少々見にくいですが、一番上です)

P1010836.jpg

こんなメニューもあり、
P1010838.jpg

美味しく飲み食べし、その場で〆のラーメンまで食べられる居酒屋、という五行のコンセプトがぶれていません。
もう嬉しくて嬉しくて。

P1010839.jpg

お待ちかねの焦がし味噌。
P1010841.jpg

。* ゚ + 。・゚・。* ゚ + 。・゚・。* ゚ + 。・゚・(ノД`)
美味しいよママン

正直、日本と比べてどうのこうのなんて言えないぐらい、日本の味を厳格に覚えていないのですが、あ~こんな感じだったなあと。
強いて言うなら、麺が少し柔らかい気がする。
(こちらの人の好みに合わせてだと思うので、「硬め」とリクエストするのが良さそうです)

なお、銀座店だと紙エプロンをラーメンと一緒に手渡してくれますが、こちらは店員さんが着せてくれるスタイル。
ちょっと気恥ずかしい。



五行と言えばデザートも美味しいのですが、

P1010842.jpg

それも香港店では健在でした!

いやもう、香港最高でしょう。
深センの日式ラーメンなんて、豚骨ばっかりなんだもん。




P1010840.jpg


本当に幸せなラーメンランチでしたよ。
そしてラーメンとデザートの2品だけで、3000円近く吹っ飛びました。

⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン




毎週末は辛いけど、月一ぐらいで通いたいなと。

スポンサードリンク



山小屋@羅湖駅前と、久々の一風堂@万象城

1つ目。
羅湖駅前にある山小屋という日式ラーメン屋さん。
場所はシャングリラホテルの道路を挟んだ向かい側にある、エスカレーターを上ってすぐ右です。


店内の雰囲気といい、メニューといい、焼肉屋のようです。

P1000859.jpg

麺類はこんな感じ。

P1000860.jpg

初めてなので注文したのは一番オーソドックスな麺。
普通の豚骨です。

P1000861.jpg

値段も覚えてないですが、個性もなにもない普通の豚骨でした。
一風堂には全く及びませんが、羅湖駅でラーメンを食べたくなったときに重宝しそうなので、ぜひ頑張ってほしいです。

P1000858.jpg

ちょっとガラガラすぎて心配…。





で、今のところ不動の深セン・ラーメン王者である一風堂。
新メニューとしてつけ麺が加わりました。

P1000862.jpg

麺がとりわけ美味しいわけではない…。
スープが最高にこだわっているわけではない…。

昔から思っていたのだけど、一風堂でつけ麺だすなら、豚骨スープでいいじゃない。
思いっきり濃いド豚骨。
なんでわざわざ右向け右で魚介出汁の醤油ベースにすんのよ?

久々に来たら水は出され忘れるし(ほかの客もそう)、笑顔がちっともなくなってるしで、どんどん中国化してるし。
私のオアシスだったのに、どんどん変わっていく…。




という愚痴を知り合いにしたら、「ラオタwwwww」と言われました。

スポンサードリンク