明智あれこれ

現在深セン駐在記
2017年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年02月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ホテル
CATEGORY ≫ ホテル

稲取荘@静岡県東伊豆稲取

これから泊まる人のための宿泊検討メモ。
9月~10月の一時期帰国の際に利用。
2泊で約4万4500円(1人1室料金)。


今回のテーマは海&温泉。
水平線がきれいに見える宿ということで、稲取荘を紹介してもらいました。

P1040525.jpg

P1040524.jpg
ホテルの前↑

部屋の中からはこれ↓
P1040425.jpg

こういうのが無性に見たかったのです。
何故か。

お部屋の中。
P1040423.jpg

P1040428.jpg

P1040430.jpg

P1040429.jpg

P1040424.jpg

P1040432.jpg

P1040433.jpg

P1040436.jpg
完全に日没する前が一番ムーディーですね。


お風呂は総じて古いです。

P1040463.jpg

P1040466.jpg

P1040467.jpg

本館の隣にまるまる温泉の棟があるのですが、人も少なく、あまり生かせてないですね。

P1040453.jpg

P1040457.jpg

屋上以外の海側が吹きぬけではないので、海の近くと言っても盛り上がらずだからかも。
↓屋上海側の貸切風呂。
P1040534.jpg
しかし白い壁が邪魔だ…。

海を堪能するなら本館の大浴場で十分で、この別棟はすごく勿体無い。
(実際、別棟では誰にも会わなかった)
どうにかできないのかな。

お料理は海辺らしく、また、金目鯛の街らしく、金目鯛づくしです。

P1040527.jpg

P1040528.jpg

P1040529.jpg

P1040530.jpg

P1040531.jpg

P1040532.jpg

夕食はどの品も料理長の心を感じますよ。

他に、朝6時半から大浴場で配られる金目鯛のお味噌汁が素晴らしいので、宿泊者はぜひぜひ。






宿の近くにこんなところもありました。

P1040473.jpg

P1040512.jpg

稲取の名所、なんとか湿原だそう。
なんだかRPゲームに入り込んだ気分になれて楽しい。


朝食バイキングはこんな感じ。

P1040470.jpg

P1040471.jpg

1人だと席を立って料理を取りに行くたびに、お皿をさげられた挙句、よそのおばちゃんに場所を取られます。
従業員はちゃんと見ているか、来客にカードを渡して、席に置いてもらうような仕組みにすべき。

残念な点をもう少々。
丁寧な接客ですが、お辞儀が韓国式のコンスで、折角和服を着ているのに非常に残念に思いました。
日本には小笠原流の美しい作法があるのに、コンスが蔓延しすぎです。
あとコーヒー牛乳の自販機は大浴場の近くに置いてよ。
なんで1F売店横なのさ(#゚Д゚)

交通はスーパー踊り子号で東京と稲取を往復しました。

P1040421.jpg

P1040411.jpg

踊り子号よりもグレードが高いそうで、特にグリーン車だと眺望最高だそうです。
シート幅は広いし、座席の座り心地も良い。

P1040412.jpg

車内販売も頻繁に通ってくれる。
キッズルームもあるとか。
私は結局寝ているだけだったので、踊り子号にしても良かったかなあとは思いました。

とりあえず、望み通りの水平線が見られたので大満足。
次の一時帰国は、どこで命の洗濯しよう。



★ホテル予約サイト
一休
エクスペディア

スポンサードリンク



開封陽光納里客桟

宿泊検討している人のためのホテルメモ。
C-tripから予約、9月11日~15日の4泊。
1泊朝食付きで280元。

「客桟」というのは中国固有の昔ながらの宿です。
一度泊まってみたかった。
開封には清明上河園の近くになかなか評判のいい客桟があったので、今回はここをチョイス。
1つ気になったのは、中国人と外国人では料金や解放されているクラスに幅がありました。
今回は、外国人向けの中から、唯一選択できた一番下のグレードのお部屋です。
(中国人向けは、中国政府発行の身分証がなければ予約不可)



その前に鄭州空港から。
深セン‐鄭州は割りと本数が出ています。
鄭州空港なんてド田舎にあるはずだから、きっと小汚い空港だろうなあと思っていたら、意外に綺麗。

P1040040.jpg

できたばっかりのようですね。
トイレもまとも。

出口すぐ横にバスチケット売り場があります。
開封や、許昌、洛陽あたりに行く方、バスチケット売り場は出口すぐ横と覚えてください。
チケット売り場とバス乗り場までは距離があり、早歩きで10分はかかります。

空港の大きさの割りに人が少なくて、何とも言えない気分。

P1040041.jpg  こんなミニバスで移動します

開封についたら、そこからはタクシーで移動するといいよ、と隣の客席のお兄さんから教えてもらいました。
大体15元ぐらいだそう。
バスを降りたら、ここからどこに向かって歩けばいいの?みたいな場所に降ろされますが、バスの到着に合わせてタクシーがワラワラ寄ってきます。
ちょいぼったくりで20元取られました(勿論ケンカした)。
今思えば、百度地図でバス停の場所を検索して、バスで行けば良かった。
開封は、バス移動がめちゃくちゃ簡単な街です。

ホテルの場所は、清明上河園の横にある「七郭角」という昔ながらの街並みを再現した中にあります。

P1040049.jpg

なので最寄のバス停は「清明上河園」になります。

P1040082.jpg

とっても簡単。

七郭角の中にあるので、清明上河園の入り口からは少し歩くのです。
しかも不親切な全体地図みたいな看板しかないし、どうやって行けばいいの?
と思って通行人に聞いたら、下を見ろと。

P1040050.jpg

気づかんわw

P1040051.jpg

P1040052.jpg

フロントは中国語。
日本語をしゃべる人がいるようですが、私の時はいなかったです。

お部屋。

P1040053.jpg

P1040054.jpg

P1040055.jpg

P1040056.jpg

P1040058.jpg

P1040059.jpg

C-tripのレビューに「窓から清明上河園が見える!」と書いてあったので、どんな風に見えるのか、ものすごくワクワクしながら来たのですが、

P1040061.jpg  ミエネーヨwww

3階以上で北西向きじゃないと無理だろう。
レビューは鵜呑みにするなの好例。

しかしまあ、遂に開封に来たのですよ。
包拯が知事をしていた開封府のある街ですよ。
三国志の旅のときはしんみりしている(笑)ことが多いのですが、今回は、

キタ━(゚∀゚)━(∀゚ )━(゚  )━(  )━(  )━(  ゚)━( ゚∀)━(゚∀゚)━!!

という感じでテンション高いです!
これで、ローカルテレビで「包青天」でもやっていたら嬉しいなあと思い、テレビをつけたら、

P1040076.jpg  反日ドラマw

OK、想定内。


部屋は綺麗です。
一度、ゴミ箱のゴミを片付け忘れられていたことがあったぐらい。
あと、トイレットペーパー1つの量が少ないのに予備が置いてないので、二人以上だと毎日補充の電話をしないといけないかもね。

窓は厚くてしっかりしています。
必ず寝るときには窓を閉めて寝ましょう。
外を歩いている人の携帯などで起こされます。

Wifiはありますが、夜は激遅。
朝は早い。
有線LANなら、安定しています。

P1040062.jpg

P1040063.jpg


ホテルの周辺。

P1040064.jpg

P1040074.jpg

P1040067.jpg

食べ物系の屋台は夜になっても開かないし、レストランは閑散としています。
うーん…。



翌朝。
朝食会場は、ホテル入り口から出て、横にあります。

P1040078.jpg

ここはレビューどおり、席数が少なく、ゆっくりできません。
メニューはこんな感じ。

P1040080.jpg

P1040079.jpg

P1040081.jpg

炒め物は日替わりです。
ちゃんとした料理人が作っているのでしょう、炒め物のレベルは高いですよ。


一度、朝7時半から停電になりました。
14時に一旦ホテルへ戻ったときも、まだ停電。
18時に戻ったら、ようやく電気が。
自家発電は到底ないので、泊まる人は気をつけましょう。
(停電は月1ぐらいなのか、滅多にないのかは不明)

チェックアウトは朝5時だったのですが、フロントが寝ているので起こすことから始めます。
空港まではタクシーがあるよと言われていたのですが、私は自力で車をチャーターしていました。
180元という安さ。
気になる人は、鄭州空港から開封までのバスを降りたところで、名刺を配っている人がいるのでもらいましょう。
このチャーターは大正解で、清明上河園前なのに1台もタクシーが通りませんでした。
また、ホテルで聞いた際、タクシーで行ったら300元ぐらい、チャーターするなら500元と言われていましたので、今回のチャーターは本当に良かったです。
車も綺麗なセダンでしたよ。

ホテルをお勧めかどうか聞かれたら、3階以上、清明上河園が見える部屋、ならお勧め。
あとは好みの問題かなあ。



★宿泊予約サイト
エクスペディア
Hotels.com

スポンサードリンク



新宿ワシントンホテル@東京都新宿区

検討中の方のためのホテルメモ。
6月9日~13日宿泊、1泊9000円程度(C-trip)

今回は池袋の格安系ビジネスホテルが軒並み満室だったため、原点に戻って新宿へ。
パークハイアットの朝食バイキングを食べたい!という夢があったので、西新宿のホテル郡の中では、ダントツに安いワシントンホテルへ。

P1030854.jpg

P1030826.jpg





しかしまあ。
飛行機が朝4時半羽田着の深夜便だったので、予約時にアーリーチェックインをお願いしたのですが、「対応できません」と。
日本のホテルで対応不可のところがあるとは思ってもいなかったので、これはけっこうショックでした。
それでも、今回は新宿パークハイアットの朝食バイキングに行きたかったので、やむを得ず。

P1030833.jpg

なんとかお願いしてチェックインさせてもらったのは12時過ぎ。
本当は14時からだそう。



接客は丁寧です。
丁寧すぎて、こちらがうろたえてしまうくらい。
カードキーぐらい投げてよこしても驚かないけどw


本館は改装したばかりなので、とても綺麗です。
ベッドも嫌な感じがせず(ダニが多いとすぐわかるのだ)。

P1030830.jpg

P1030829.jpg

P1030832.jpg

P1030831.jpg

P1030828.jpg


ネット環境も完璧。
と言いたいところですが、1日1-2回、必ず回線切断しましたね。
ホテルでネトゲする人は注意が必要。
速度は速いです。
部屋のWifiは、時間によっては使えたり使えなかったりで。

P1030861.jpg



私は今回の改装工事に防音も期待していたのですが、はっきり言って壁は薄いです。
毎日隣の人のいびきを聞きましたよ。
(今日は隣が女の子なのね、的な)
シングルだからまだいいけど、ツインだったら、両隣の話し声が相当聞こえそう。
修学旅行のような団体も見かけたし、静かに旅をしたい人向けのホテルではないと思います。


廊下の声は特によく聞こえましたね。
ほとんど中国語(笑


1階にファミマがあるので、すごく便利です。
中国人たちは、ここでカップメンを買って朝ごはんにしてそう。
歩いて5分ぐらいのところに、マルエツもあり、食品の買い込みもできました。


ただ、ワシントンホテルは駅から遠いのです。
買い物袋をたくさん持った状態で、お隣パークハイアットの送迎車には乗りたくないし…。
リピートするかと言うと、かなり悩みますね。
深夜便を愛用する以上、お金を払ってでもアーリーチェックインできて、そこそこ駅に近いところがいいし。


やっぱり、安くて便利は池袋周辺になるかなあ。



★宿泊予約サイト
エクスペディア
Hotels.com

スポンサードリンク



チェルシーホテル;香港チムサーチョイ

宿泊検討中の人のためのホテルメモ。
ホテルドットコムで予約、シングルルームが840香港ドル。


このホテルを選んだのは、ずばり立地。
The Oneとインターコンチの中間にあります。
理由は本当にそれだけ。




ホテルの入り口は小さいです
P1030702.jpg

エレベーターに乗って、2階がフロントになります。
P1030700.jpg

狭い建物で、1フロアに2部屋しかないです
P1030699.jpg

お部屋
P1030698.jpg

コンセントの差込口は、テレビの裏にしかありません。
しかも香港タイプのプラグのみなので、変換プラグが必要。

まあまあ清潔です
P1030696.jpg

P1030697.jpg

しかし窓が開かないので、冷房がきついと思ったら、冷房をきって、冷気が弱まるのを待つしかないです。

部屋のWifiはそこそこ強いです。

隣の音は聞こえませんでした。
いなかったかも。
夜中の2時に火災報知器が鳴るハプニングはありましたね。

テレビは壊れていたけど、興味がなかったので訴えませんでした。




本当に場所だけのホテル。
二人の旅行で、安めだけどそこそこの機能を求めるなら、もうちょっとお金をだして、チムサーチョイのホリデーインにするのが絶対いいと思う。
(しかし、ホリデーインに泊まるなら、もうちょっと頑張ってマルコポーロ泊まりたいとか思いそう。きりがないね。)
そして、このホテルは閉塞感がすごく強いです。
チムサーチョイの安ホテルは、みんなそうかもしれませんが。


私はもう、ここには泊まりません。
次はせめてホリデーインにしよう。

スポンサードリンク



西安馨乐庭城中服务公寓(西安シタディーンセントラル)

宿泊検討している人のためのホテルメモ。
ウィンターキャンペーンにつき、1泊320元(朝食込み)。




春節に初西安ですよ、奥様!

P1030169.jpg

というわけで、中国古代史愛好家の憧れの街・西安に行ってきました。
日本で言うなら京都です。
本来なら嬉しすぎて爆死できるレベルだったはず。




ホテルは鐘楼の近くにあるところにしました。
たまたま安かったのと、アパートタイプのホテルに滞在してみたかったのです。
ここは米アスコットグループ系のアパートホテルです。
(このグループのアパートホテルは2種類あって、「サマーセット」が高級、「シタディーン」が中級です)


西安空港からは「商業車」で50元(6人乗りのワゴン車)、ホテルまで送ってもらえます。
これが便利でお勧め。
トリップアドバイザーなどに書いてあった美倫ホテルまでの空港バスは、現在なくなっています。



お部屋です。

P1030170.jpg

P1030174.jpg

アパートメントタイプなので、冷蔵庫と電子レンジが標準完備。
調理器具が一式揃っています。

P1030171.jpg

クローゼットの中にはアイロンもあります。
トイレは水圧が強くて気持ちがいいです。

P1030172.jpg

シャワーの水の出は普通です。

P1030173.jpg




トリップアドバイザーや色々なブログに書かれていた、「不味い」と評判の朝食。

P1030193.jpg

P1030192.jpg

P1030191.jpg

P1030190.jpg

P1030189.jpg

300元クラスの大都市のホテルならこんなものかと思うのですが。
まあアレだ、中華朝食定番の青菜とゆで卵がない。
お粥、焼きそば、チャーハン、パン、コーンフレークと炭水化物が多めなの。
(+スクランブルエッグ、ソーセージ、ベーコン、トマトとキャベツ、リンゴが毎朝の定番)
お粥と青菜、ゆで卵だけで十分なのにね。
(そのお粥も、水分多すぎ、米少なすぎでビックリしたが)

P1030195.jpg



普通に中国式の朝ごはんを一式揃えてあればいいのに、相変わらず米系はご飯というものがわかってない。
味はともかく、とりあえず種類を揃えればいいだろ的な。
ユナイテッド航空の豚の餌並みだったエコノミー機内食を思い出す。


夜はスタバを探すために、ホテル外をうろうろ。
ホテルの場所が鐘楼の近くなので、繁華街へのアクセスはバッチリ。


すぐ見つかりました
P1030187.jpg

部屋にレンジがあるから、コーヒーが冷めたらいつでも温め直せる。
これがほんと良かった。

旅にはいつもノートPCを持ち歩くので、FF11もログインしてみたのですが、これは遊べるレベルではありません。

P1030175.jpg

30分に1回くらい、回線が切れます。
ネット閲覧ぐらいなら大丈夫。
Wifiは繋がるけど遅いですよ。

米系なのでフロントでは英語が通じると思います(中国語しか話してないので知りませんよ)。
接客は普通の中国のホテル、という感じです。


帰りは朝7時にホテルを出たのですが、タクシーは捕まえやすかったです。
タクシーも空港へ行く客を乗せたいようで、毎日よくホテルの前を通る空車を見かけました。
メーターがあるのに「120元」と固定料金を言われますが、メーターを回しても渋滞なしで105元、高速に乗っているので高速代10元ぐらいで、トータル115元ですから、120元で喧嘩することなく乗ったらいいと思います。
120元という価格は西安人の友達から教えてもらっていたので、私は交渉もしませんでした。



P1030168.jpg

初西安は楽しいことばかりではなく、空気が非常に悪く、鼻炎&頭痛発症、おまけに空気の乾燥がひどすぎで、かつ珍しく大雪が降ったとかで風邪をひいてしまい、今までの旅史上1、2を争う体調の悪さでした。
前述した西安人の知り合いの車に乗っているときに、具合悪くなってしまい、「吐きそう…」と。
(知り合い夫婦大パニック)
折角、素晴らしい接待をしてもらっていたのに><


それでも見所が多く、全然行けていないので、近いうちに必ず再訪したいです。
冬以外に。
冬以外にね。


そういや、最近中国政府が海外で中国にも来てくださいよキャンペーンを展開しているそうです。
こんなのとか。
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20160216/Searchina_20160216014.html
「Beautiful China」ですってよwwww片腹痛いわwwwwwww

空気と観光地のトイレを全部きれいにしてから言いなさいよと。
今回、西安の観光名所で行ったトイレ、全部汚かったわ。
空気の悪さなんか折り紙つきだし。
ほんとバッカじゃないの。





★宿泊予約サイト
エクスペディア

スポンサードリンク