FC2ブログ

明智あれこれ

深セン駐在を終え、日本でバリバリ働き中
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ラーメン麺抜き

舎鈴@新宿西口店 味玉つけ肉麺なし

行列が長すぎて周辺住民から苦情が出てしまい、本店が閉店に追い込まれたという歴史がある豚骨つけ麺の名店「六厘舎」。
その大崎本店閉店の日、全国テレビのインタビューに答えていた小太り君は、私のラーメン友達でした。
K君元気かなあ。

さて、舎鈴です。
六厘舎系列のつけ麺屋さんです。
本家六厘舎よりもスープが薄めで食べやすいと聞きました。
あちらはスープがとっても濃くて独特なので、薄めで食べやすいのはいいですね。


舎鈴@新宿西口店です。

IMG_3533.jpg

11時20分頃に訪問で、店内の半分ぐらいの席が空いていました。
表にメニューの見本が置いてあります。

IMG_3534.jpg

IMG_3536.jpg


IMG_3535.jpg

これは外国人にも分かりやすい。
外国の旅行者には、是非とも名店でラーメンを食べてほしいもの。

食券を入り口で買うスタイルです。

IMG_3537.jpg

麺なしがどれかわかりにくいので、店員さんに聞きました。
舎鈴での麺なしは、麺の部分が全て肉になる、「つけ肉」になります。
六厘舎の豚骨でしゃぶしゃぶか!

つけ肉だけだと肉々しいかなあと思って、ホウレン草、ねぎ増し、メンマも。

IMG_3538.jpg

ダイエットにならない麺抜きデス。

卓上はこんな感じ。

IMG_3540.jpg

IMG_3539.jpg

IMG_3541.jpg

懐かしい…。
本当にここ六厘舎系なんだと。



そんなこんなで。







<お待たせしました~。







IMG_3543.jpg

おぉ、六厘舎のつけ麺の器だーーー!!

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 六厘舎!六厘舎!
 ⊂彡  



IMG_3545.jpg

IMG_3544.jpg

早速肉をつけ汁につけてパクッ。
うん、六厘舎よりも薄めであちらよりは健康的だ!
ウマーーーー!!


ジロリアン的な感想を言うと、六厘舎よりもパンチ力が弱まって、普通の人がちょくちょく食べられるレベルに落ち着いた、豚骨つけ麺という感じ。
六厘舎みたいな行列もないし、舎鈴オススメだと思う。

「つけ肉」の気になっていた量ですが、肉も多いが、肉の下に野菜もたっぷり入っていました。

IMG_3546.jpg

なのに、追加トッピングを3種類も頼んだ馬鹿がここに。

IMG_3542.jpg

デブまっしぐら(;^ω^)

さすがにスープ割は固くご遠慮して、席を立ちました。
ご馳走様。

スポンサードリンク



一誠@高田馬場 ちゃーしゅーめん麺抜き

ここでFF11の記事を書いたら、投稿日にアクセス数が跳ね上がったので、自己紹介欄にFF11プロフィールを貼り付けておきました。
FF11パワーすごい。
しかし、まあなんのブログだ(;^ω^)




さて、今日は高田馬場で「麺抜き」をグランドメニューとして提供しているラーメン屋を見つけたので、行ってみました。
駅前にある「一誠」です。
気のいいご夫婦が何十年も高田馬場で暖簾を守っている、豚骨の名店です。
私も中国へ行く前に、何度かお邪魔しました。

なので、「一誠が麺抜きを通常メニューとしてやっている」と聞いたとき、

キタ━(゚∀゚)━(∀゚ )━(゚  )━(  )━(  )━(  ゚)━( ゚∀)━(゚∀゚)━!!

とテンション上がりました!




馬場駅前から歩いて5分ほど。
お店の場所は、大雑把に言うと早稲田通りをはさんで鷹流の反対側です。
路地裏に入ったところにありますので、最初は迷ってしまうかもです。

IMG_3514.jpg

交差点のところに中華料理屋さんがありまして、そこに看板が出ています。
路地に入れば、すぐわかります。

IMG_3516.jpg

メニューがお店の外にもあるんですよ。

IMG_3517.jpg

どれどれ…。

IMG_3518.jpg

麺なしは70円引きな上に野菜増量!
なんて親切な麺抜きなんだろう。


このお店は食券機がなく、直接お店の人に注文を言うタイプです。
ちゃーしゅーめんで麺抜きを注文しました。

IMG_3520.jpg

ワクワクが止まらない(゚∀゚)
18時頃でしたが満席に近くて早大生も多く、永く愛されているなあと嬉しくなったり。

IMG_3519.jpg

居酒屋っぽい利用もできるみたいで、飲みのメニューも充実している珍しいラーメン屋です。
実際にゆっくり飲み食いしている人を見ました。

そんなこんなで、




<お待たせしました~。






IMG_3521.jpg

見ているだけで涎が!!
中にはもやしがいっぱい。


スープは変わらずのクリーミーな豚骨。
豚臭くなくて食べやすいです。
チャーシューは切ってから丁寧にバーナーであぶるタイプで、口の中に香りが広がりますよ。

これだけでお腹いっぱいになるし、麺抜きでさらに安くしてくれる素晴らしいお店です。
コストパフォーマンス最高。
豚骨が食べたくなったら、ここが真っ先にあがるようになるかな。

スポンサードリンク



鷹流@高田馬場店 白鶏麺全のせだけど麺抜き

中国へ旅立つ前、それはもうしょっちゅう行っていましたお店です。
近所だし、「サラダ麺」は体に良くて美味しいしで、好きだったんですね。

ここのラーメン屋の特徴は、「美肌」。
ラーメン屋なのに、肌に良いものを作ろうと試行錯誤しているお店で、コラーゲンたっぷりの白鶏ラーメンが看板商品になります。
以前は土曜日限定で烏骨鶏ラーメンなんてのもあったのです。
食べた翌日はお肌ツルツルで、本当にすごかった。

で、最近お肌が少し荒れてるし、久しぶりにあのラーメンを麺抜きで食べてみるか、と行ってみました。


IMG_3497.jpg


懐かしい…。
常連だったのは5年も前の話なので、店員さんは覚えてないだろうと思い、休日スタイルで行ってしまいました。
所謂、スッピン&眉毛のみというやつです。

お店の中をちらりしたら、顔なじみのおじさんがいました。
あら…やだ…、覚えていないといいけど…、なんて思っていたら、

おじさん「あれ、久しぶりー!中国から帰ってきたの?」

うはwwwwおkwwwww




気を取り直して着席。
麺抜きでとお願いしました。
鷹流で麺抜きを注文する客は、私が初めてだったようです。
小麦アレルギーになっちゃってー、スープに含まれているぐらいなら大丈夫なのでー、と伝えると、麺抜き注文にも驚きですが、小麦アレルギー!?あんなにラーメンの食べ歩きしてたのに!?二郎大好きだったよね!!!?
と、そちらのほうにビックリされた模様。
私自身も驚きだからしょうがない(;^ω^)

IMG_3499.jpg

鷹流は台湾に出店していて、あちらで大繁盛している様です。
中国大陸への出店は、やはり日本企業だと色々難しいそうなので、知り合いの中国人のお店でこっそりラーメンをだしているそうですよ。
場所は杭州とのこと。
Not広州。
広州なら日本人が多いのに、残念ですね。






麺抜きとして表立って対応していないのに、どんなラーメンが出てくるのかなあと思っていたら、





<お待たせしました~。




IMG_3500.jpg

つけ麺スタイルだ(∩´∀`)∩
おじちゃんはおつまみみたいに食べてもらえたら、ということでこのスープと具を別々にしたそう。

IMG_3502.jpg

IMG_3501.jpg

ご飯が欲しくなったので、追加で注文。
これはこういうご飯料理としてもアリだと思うので、是非グランドメニューにしてほしいな。


久しぶりの鷹流スープは、以前よりも白鶏が薄めになったのは確かなようで、材料の関係で変えたとのこと。
十分美味しいし、1杯1000円を超えるラーメンはこの店にはないし、適度にすいていて店のおじさんとおしゃべりできるので、通い易くて好きなんだなココ。
女性限定のデザートも変わらずありました。
私の一押しは、白鶏麺のつけ麺です。
馬場でつけ麺をリクエストされたら、必ずここに連れてきていました。



ラーメン屋で美容に気を使ってくれるようなお店はここしか知らないのですが、店長のポリシーは今も変わらずの様です。
ヨーロッパに仕事で行った際に、向こうでしか手に入らないようなナチュラルフードの食材を研究してきたとかで、もしかしたらグルテンフリーも始めてくれるかもしれませんね。
ソラノイロの店長である宮崎さんも、ヨーロッパでラーメンをイベントで提供したときに、お客さんから「グルテンフリーはないのか」と何度も聞かれたことが印象に残り、帰国してからグルテンフリー麺を作った、というエピソードがあります。

鷹流の今後の展開に熱く期待。

スポンサードリンク



ラーメン二郎@新宿小滝橋通り店 ラーメン麺抜き

新宿に用事があったので、行ってしまったラーメン二郎。
ついにこの日が来ました。
麺抜き二郎です。
10年ぶりに、ずっと好きだった人に会うみたいなトキメキ。


小滝橋通り店です。
平日の11時半頃。
店内にいくつか開いている席を確認してから入りました。

IMG_20180521_113807.jpg

買った食券は、ラーメン、味玉、味付けメンマの3種類。
食券を渡すときに、「麺抜きで」と伝えたら、「本当にいいんですか?」と。

カウンターにいた常連さんが別の店員さんと苦笑いしていたのですが、どうやら私が食券を買うところを見てて、既に麺を入れてしまっていた模様。
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。
今度から、店に入って確認してから食券買います。

席についてトッピングコールを聞かれたので、野菜、ニンニク、と。
ああ、なんて懐かしいコール。

IMG_20180521_114113.jpg

こんなに胸が高鳴るのは何年ぶりなのか…!



<お待たせしました~。









IMG_20180521_114928.jpg



…。



思わず、




「麺、入ってませんか?(;^ω^)」

と。


店員さん、微笑。
本当に麺は入っていませんでした。


しゃきしゃきのもやしに二郎のスープ。
パンチのある豚骨が美味しいのなんのって。
しかも6年ぶりぐらいですよ。
涙がとまらない。

麺抜きだとスープをけっこう飲んじゃいますね。
相変わらずガツンとくる破壊力。
お腹は十分ふくれました。
久しぶりの肉も、これぞ二郎、的なほろほろ豚肉で美味しかった。


確かに麺は食べてないのですが、逆にスープはいつも以上に飲んだかもしれない。
夜ご飯もいらないくらいの、恐ろしい腹持ちでした。
麺食べてないのに…。

スポンサードリンク



蒙古タンメン中本@高田馬場店 五目味噌タンメン麺抜き

小麦粉アレルギーが見つかってから、自炊の場合は完全にグルテンフリーで作っています。
私の場合、小麦粉を摂取するとお腹がゆるくなるパターンです。
パスタやパンなどの粉ものを食べると、夜中に腹痛で目が覚めることがあります。
が、調味料に含まれている程度なら、次の日にお通じがゆるくなる程度で済むため、外食の場合は粉もの以外なら食べちゃっているんですね。

それで友人に「ラーメン二郎」が食べられなくなって辛いと愚痴ったら、「麺抜き」で注文すればいいんだよ、と言われたのです。
そうか(゚∀゚)!
その発想はなかった!!
というわけで、ラオタ魂に火がつきましたよw
まずは、地元の高田馬場から攻めようと思い、1店目として蒙古タンメン中本をチョイス。
場所は、高田馬場駅前ドンキホーテの地下1階です。

IMG_3308.jpg

食券を買う前に、店員さんに麺抜き対応が可能か、聞いてから買ってくださいね。
馬場店はOKでした。

IMG_3310.jpg

IMG_3311.jpg

何年ぶりだろう…。
という中本。
お店の匂いが懐かしかったです。

日曜日なので早大生がいない分すいてるかな?
と思ったのですが、そんなこともなく、午後1時で10人ぐらい並んでいました。
さすが中本ですね。

それでも回転が速いので、10分ぐらいでお店に入れます。

IMG_3312.jpg

IMG_3313.jpg

注文したのは、五目味噌タンメンを麺抜きで野菜増しです。
ラーメン麺抜きにしたら、具だけの寂しいイメージを想像していたので、野菜増しにしたのですが…




<お待たせしました~



IMG_3314.jpg






麺、入ってる(((( ;゚Д゚)))!?

ざわ…ざわざわ……


ドキをムネムネさせながら上の具をかき分けたら…
スープの中に沢山のキャベツが!
野菜増しにしなくても、お腹いっぱいになりそうなぐらいのボリューム!!
麺なしは麺なしで、具沢山のスープメニューとして完成されていました。
スバラシイ

蒙古タンメン久しぶりだなあ…。
昔は北極も食べたのになあ…と思わず遠い目。
ご馳走様でした。





中本は「蒙古丼」もやっています。
麺以外の選択肢があるのは素晴らしいですね。
しかも、お持ち帰り用にもできます。

IMG_3315.jpg

IMG_3316.jpg

夜ごはんに食べようと思って買ったけど、今15時半で全然お腹がすかない件。





アレルギーに関しては、麺以外に含まれている小麦粉の情報が確かでないので、心配な方は食べないほうがいいです、とのこと。
ラーメン屋で完全なグルテンフリー対応をしているのは、今のところソラノイロと新横浜ラーメン博物館のツヴァイテだけです。

スポンサードリンク