明智あれこれ

深センに滞在中
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPホテル ≫ エアポートホテル(机場大酒店) 深セン空港近く

エアポートホテル(机場大酒店) 深セン空港近く

利用検討中の人のためのホテルメモ。


注意事項:
深セン空港のエアポートホテルですが、このホテルは旧空港近くのエアポートホテルのため、現在の新空港とは距離があります。
ホテルのバスが空港-ホテル間を30分間隔で巡回していますので、それを利用してください。

空港からどうしてもタクシーに乗るなら、緑タクシーを。



宿泊費は、毎度お世話になっているアゴダでこちらも230元くらい。
朝食付きのプランだったのですが、朝一番の飛行機だったために時間的に断念しました。
エアポートホテルなんだから朝一番の便に合わせた朝食時間にしてくれてもいいのに、そこは中国です。
(朝食タイムはAM6時~)



P1000633.jpg

P1000632.jpg

P1000630.jpg


外観は中国のローカルホテルそのものですが、中は一転して大変綺麗です。
防音もしっかりしています。
悪い点をあげるなら、シャワー室が少し暗い上に水の勢いがあまりないことでしょう。



面接へ行くためにフロントでまたまた懲りずにタクシーをお願いしたのですが(ちょっと辺鄙な場所だったし、ホテルのなら安全だろうと思い)、

「危ないからバスで行け」(;°ロ°)

と、親切丁寧にバスでの行き方を教えてくれました。
この街、住んでも大丈夫なのか…?



夜はルームサービスでお粥とサッパリ目のきゅうりの和え物を頼みました。

P1000634.jpg

これで23元なら、ホテルにしてはまあまあ安いでしょう。
味も悪くなかったです。




1人か2人気にしているFF具合ですが、JuntingHotelよりラグりました。
夜の回線落ちが30分に1回は同じです。
早朝のゴールデンタイムは完全に健在でしたが、回線速度はJuntingのほうがやっぱり速いかなあと思いました。

プレイすら不可能な瀋陽に比べたら、100倍まともですけどね。


ここのホテルの場合、部屋にLANケーブルの差込口はあるけどケーブルはないので、フロントに電話して持ってきてもらわなければなりません。
(LANケーブルは中国語で「網線 wang3xie3」と言います。)



計3日間深センにいたのですが、竹知の深センバスレベルはほぼカンストしました!

スポンサードリンク



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL