明智あれこれ

深セン駐在を終え、日本で充電中
2018年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年06月
TOPホテル ≫ パンパシフィックホテル蘇州(蘇州呉宮泛太平洋酒店)@中国蘇州

パンパシフィックホテル蘇州(蘇州呉宮泛太平洋酒店)@中国蘇州

これから泊まる人のためのホテルメモ。
パンパシフィックホテル蘇州。
公式HPから申し込んだのですが、絶対にエクスペディアやアゴダのほうが安いわコレ、という値段だった。
クラブフロアでもない部屋に880元(;^ω^)
朝食はついてるがね…
(800元くらいから、クラブフロアに泊まれるようです)

IMG_1431.jpg

IMG_1440.jpg





まあそんなゴタゴタはありましたが、ここは中国滞在中1番楽しみにしていたホテルです。
このホテルは蘇州の観光地「盤門」に併設されているホテルで、宿泊者はAM8時~PM17時までの間、入場券なしで好きに盤門を見学できるのです。
盤門は伍子胥が建てた門、そして彼の死後、その眼が門の上にのせられたという伝説のある、伍子胥好きにはたまらないホテルなのですよ!

前回の蘇州観光
伍子胥とは(私の別サイトです)



「私は大学の頃に中国古代史を学び、中国史で一番好きな人物が伍子胥でした。
今回、こちらのホテルに泊まることができて大変光栄です。
是非とも盤門が部屋から見える部屋を割り当ててくれませんか」


と、こっぱずかしいリクエストも出しておきました(*ノωノ)


こちらのホテルから蘇州支社の同僚の車に乗せてもらって、到着したのは午前11時。
まだ早いのは承知の上ですが、チェックイン。

IMG_1416.jpg

フロントにいた美貌の中華娘は、私のリクエストを真顔で受け流し、
「プラス70元で盤門が見える部屋に案内できる」
とのこと。
もちろんオッケー!です。
合計金額950元、クラブフロアに(ry

「12時なら部屋を用意できる」とのことなので、お庭を散歩したり、ホテル内の日本食レストランでお昼を食べたりしました。

IMG_1444.jpg

IMG_1445.jpg

IMG_1446.jpg

屋外プールはさすがに人がいない。

IMG_1452.jpg

IMG_1454.jpg

屋内プールは家族連れで賑わっていました。
夜はビジネスマンぽい男性が泳いでいましたね。

日本食レストランへは、庭を散歩していたら辿り着きました。

IMG_1455.jpg

ここも、従業員がよく教育されていますね。
全然期待していなかったのでビックリです。

IMG_1460.jpg

開店前に行ったのですが、ふかふかのソファに通されて、こちらでお待ちください、と。

IMG_1458.jpg

食べてる際も、お茶が冷めてしまったので、温かいのに交換します、と。
こちらのお茶はブレンド茶で…云々の説明もあったなあ。

お味もすごくまともな日本食でした。
12時ごろには中国人でいっぱいになっていましたわ。

IMG_1462.jpg



食べ終わった頃には12時をまわっていたので、鍵をもらってお部屋へGO。
中国大陸へ来て初めて、ホテルマンがスーツケースを部屋まで運んでくれる、ということを体験しました。
そういえば香港のシャングリラに泊まったときもなかったな。

そのホテルマンもといホテルガールがスーツケースを運びながら、ホテルのことを説明してくれるんですね。
話の好きな中華娘らしく話題豊富で、話すだけじゃなくて質問もところどころはさんでくれて、とても会話上手でした。
盤門の話もしてくれましたが、

中華娘「樹が多くてちょっと見えにくいかな…」
あけち「そうなの!?Σ(゚Д゚)」

というやり取りもあったので、ドキドキしながら部屋まで行きました。
実際、私の部屋は位置的に盤門が一番見える部屋に違いないのですが、フロントからもめっさ遠いので、たくさんお話できたのは良かったです。
パンパシフィック系のホテルには初めて泊まりましたが、従業員への教育がしっかりしているのですね。
すごいです。



お部屋です。

ドキドキしながらドアをオープン…!

IMG_1464.jpg





アーッ!!

IMG_1466.jpg





見えNEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!


IMG_1465.jpg



これ4階だから?
5階のクラブフロアだったら見えたんちゃう??(;^ω^)

と疑心暗鬼にもなりましたが、盤門に登って解りました。

IMG_1688(1).jpg

盤門が見える部屋はない!ということを_| ̄|○

まあでも、この向きの部屋に泊まれて良かったです。
あの樹の向こうに盤門が…、だけでもファンは嬉しいもんですからね。
(と、自分に言い聞かせる)

樹がこれだけあるのはやはりちゃんとした理由があって、暗くなってきたら部屋の中が丸見えなんです。
樹がないと、盤門から部屋が見えてしまいます。

IMG_1617.jpg

IMG_1620.jpg

IMG_1630.jpg

だから盤門も17時で閉門なんでしょうね。

というわけで、盤門を見ながら眠るというファンの夢はかないませんでしたが、次回もきっとこの向きの部屋を指定すると思いまっす。

部屋の案内続き。

IMG_1467.jpg

IMG_1468.jpg

IMG_1472.jpg

さすがにカテゴリーの高い部屋だったためか、シャワールームとバスタブが分離しているタイプ。

IMG_1473.jpg

IMG_1474.jpg

久しぶりに湯船につかりましたとも。

アメニティはパンパシフィック共通かな?

IMG_1476.jpg

IMG_1477.jpg

IMG_1479.jpg

寝具の良さはシャングリラには劣るものの、悪くない寝心地でした。



もっとホテルを堪能すれば良かった。
観光から帰ってきて、疲れて寝て、起きたらもう朝です。

朝ご飯。
もちろんバイキングです。
1Fのレストランが会場になります。

IMG_1634.jpg

人が少なかったので写真撮りまくりましたが、すぐに埋まってきました。

パンの種類がとても豊富です。

IMG_1637.jpg

IMG_1639.jpg

IMG_1638.jpg

IMG_1640.jpg

IMG_1642.jpg

IMG_1643.jpg

生蜂蜜コーナーも!

IMG_1641.jpg

米粉パンがあったら食べてみたかったな。
ついでに原材料表記もなし。
ハムが美味しかったので、サンドイッチで食べられたら良かったのに。

日本食ぽいのも。

IMG_1645.jpg

IMG_1644.jpg

ヌードルバーには米粉がなく、河粉になります。

IMG_1650.jpg

蘇州あたりは味が甘めでイマイチなのですが、このスープは美味しかったです。

こちらは白粥コーナー。

IMG_1649.jpg

西洋料理コーナー。

IMG_1647.jpg

IMG_1651.jpg

IMG_1652.jpg

IMG_1646.jpg

いやあ、美味しかったです。

IMG_1653.jpg

IMG_1654.jpg

IMG_1655.jpg



朝ご飯後は、また盤門散歩。

IMG_1687.jpg



プール&ジムは人がいたので写真は撮りませんでした。
ジムはなかなか良い感じで、運動する人にはお勧めです。

チェックインの12時まで、たっぷり盤門を堪能しました!
歴女なアナタ、蘇州でのお泊りには、是非パンパシフィック蘇州を!!



●予約サイト
【エクスペディア】パンパシフィック蘇州 (蘇州呉宮泛太平洋酒店) Pan Pacific Suzhou
【agoda】パン パシフィック 蘇州 ホテル (Pan Pacific Suzhou Hotel)

スポンサードリンク



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL