明智あれこれ

現在深セン駐在記
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPホテル ≫ 奈良ホテル@奈良県奈良市

奈良ホテル@奈良県奈良市

ブログのペンネームを竹知改め明智にします。
ちょこっとやっている別のことで使っていたペンネームが「明智」だったのですが、ブログとリンクさせることにしました。
ちょっと騒がしいブログになるやも。


さて。


奈良ホテル。
4月の日曜~火曜宿泊。
関西の迎賓館と言われる由緒正しいクラシックホテルです。
私はこういう歴史を感じさせる建物が大大大好きです。
(パークハイアット新宿よりも、武家屋敷にくらくらする感じ)
当時、1日3組限定で1泊13,000円という奇跡の値段で泊まれました。

P1050319.jpg

皇室ご用達のホテルだそう。








P1050315.jpg

P1050270.jpg

P1050267.jpg

P1050423.jpg

P1050265.jpg

部屋は本館2階の角部屋です。

P1050235.jpg

P1050236.jpg

ミッチーズの誰かが寝たかもしれないベッドで寝るのかと思うと、オエ…。

P1050251.jpg

P1050242.jpg

P1050244.jpg

P1050245.jpg

P1050246.jpg

アメニティはこちら。

P1050248.jpg

資生堂とのコラボ商品のようです。

P1050249.jpg

日本のホテルは、日本の化粧品メーカーとコラボしてほしいと思っていました。
奈良ホテルも資生堂もGOOD JOBです。
使い心地も良かったですよ。


ロビーの談話室に戻って。

P1050267_2017062320400646b.jpg

P1050266.jpg

こちらのピアノは、アインシュタインが弾いたそうです。

P1050268.jpg

P1050283.jpg

歴女感動 ・*:.。..。.:*・゜(n´∀`)η゚・*:.。. .。.:*



お楽しみの朝食はこちら。
2泊したので、メインダイニング三笠で、朝ごはんを2回食べられました。

P1050272.jpg

P1050312.jpg

1泊目は洋食。

P1050273.jpg

P1050274.jpg

グルテンは気にせずフレンチトースト。

P1050275.jpg

ベーコンと言ったのにハムが来たから、ベーコンも持ってきてもらって両方いただきました (^q^)

P1050276.jpg

P1050277.jpg

それはそれは上品な朝食だったような気がします。
ここはとにかく雰囲気がすごくいいですね。
明治時代の華族になったような気分。


2泊目は名物の茶粥朝食。

P1050413.jpg

P1050415.jpg

P1050416.jpg

P1050417.jpg

P1050418.jpg

正直味がどうだったかは覚えていないのですが、中国でたまった汚れをだいぶ落としてもらった朝食でした。
ご馳走様でした。




奈良ホテルで一番感動したのは、カフェでした。

P1050316.jpg

帰る前日の夜に来たのですが、入った瞬間に「うわあ」と声がでました。

P1050391.jpg

P1050399.jpg

夜桜がとても綺麗で感動したのですが、写真…(-_-;)

P1050400.jpg

きれいに撮れないのが悔しい。
また、ここのカフェのケーキも甘さ控えめな美味しさで、3つも4つも食べられそうな勢いでした。
もっと食べてくれば良かった><

P1050393.jpg

P1050396.jpg

2日連続で行けば良かった。
大後悔。
本当に心底。



部屋の回線は安定していましたよ。

P1050258.jpg

奈良ホテルでFF11にログインするのは、後にも先にも私ぐらいに違いない。


ホテルマンもみんな丁寧で良かった。
朝は好きな新聞を部屋のドアノブにかけてくれるサービスがあります。
(ただし、リクエストをしないと日本人の場合は日経新聞になる模様)


館内ツアーは少々物足りない。

P1050286.jpg

P1050301.jpg

ツアー客が女性だったからでしょう、GHQが染めた欄干の説明とか省かないでほしいな。

P1050311.jpg

案内「皇室の…(を何回も言う)」
明智「インペリアルスイートを見せてください」
案内「今日はちょっと…」

見せてくれる日はあるのかしらん。


天井がすごく高いのですが、天井裏も人が立って歩けるほど高いそうです。
当時、偉い人が指をならすと、天井裏から黒ずくめのお庭番衆がシュッと降りてきたに違いない。





立地や周辺環境は、断然スーパーホテルの方が良いですが、ここは何と言っても素敵なクラシックホテルで、ゆったりホテルライフを楽しめる場所です。
次奈良に旅行に来る機会があったら、どちらに泊まるか狂おしいほど悩みそう。

奈良は、あまり知られていないようですが、良い雰囲気の温泉旅館も県内に多いようです。
是非行ってみたいものだ。



★ホテル予約サイト
エクスペディア
Hotels.com
★メインダイニングである三笠は、宿泊者以外でも食事が取れます。
メインダイニングルーム 三笠/奈良ホテル 一休予約サイト

スポンサードリンク



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL