明智あれこれ

深センに滞在中
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPホテル ≫ 稲取荘@静岡県東伊豆稲取

稲取荘@静岡県東伊豆稲取

これから泊まる人のための宿泊検討メモ。
9月~10月の一時期帰国の際に利用。
2泊で約4万4500円(1人1室料金)。


今回のテーマは海&温泉。
水平線がきれいに見える宿ということで、稲取荘を紹介してもらいました。

P1040525.jpg

P1040524.jpg
ホテルの前↑

部屋の中からはこれ↓
P1040425.jpg

こういうのが無性に見たかったのです。
何故か。

お部屋の中。
P1040423.jpg

P1040428.jpg

P1040430.jpg

P1040429.jpg

P1040424.jpg

P1040432.jpg

P1040433.jpg

P1040436.jpg
完全に日没する前が一番ムーディーですね。


お風呂は総じて古いです。

P1040463.jpg

P1040466.jpg

P1040467.jpg

本館の隣にまるまる温泉の棟があるのですが、人も少なく、あまり生かせてないですね。

P1040453.jpg

P1040457.jpg

屋上以外の海側が吹きぬけではないので、海の近くと言っても盛り上がらずだからかも。
↓屋上海側の貸切風呂。
P1040534.jpg
しかし白い壁が邪魔だ…。

海を堪能するなら本館の大浴場で十分で、この別棟はすごく勿体無い。
(実際、別棟では誰にも会わなかった)
どうにかできないのかな。

お料理は海辺らしく、また、金目鯛の街らしく、金目鯛づくしです。

P1040527.jpg

P1040528.jpg

P1040529.jpg

P1040530.jpg

P1040531.jpg

P1040532.jpg

夕食はどの品も料理長の心を感じますよ。

他に、朝6時半から大浴場で配られる金目鯛のお味噌汁が素晴らしいので、宿泊者はぜひぜひ。






宿の近くにこんなところもありました。

P1040473.jpg

P1040512.jpg

稲取の名所、なんとか湿原だそう。
なんだかRPゲームに入り込んだ気分になれて楽しい。


朝食バイキングはこんな感じ。

P1040470.jpg

P1040471.jpg

1人だと席を立って料理を取りに行くたびに、お皿をさげられた挙句、よそのおばちゃんに場所を取られます。
従業員はちゃんと見ているか、来客にカードを渡して、席に置いてもらうような仕組みにすべき。

残念な点をもう少々。
丁寧な接客ですが、お辞儀が韓国式のコンスで、折角和服を着ているのに非常に残念に思いました。
日本には小笠原流の美しい作法があるのに、コンスが蔓延しすぎです。
あとコーヒー牛乳の自販機は大浴場の近くに置いてよ。
なんで1F売店横なのさ(#゚Д゚)

交通はスーパー踊り子号で東京と稲取を往復しました。

P1040421.jpg

P1040411.jpg

踊り子号よりもグレードが高いそうで、特にグリーン車だと眺望最高だそうです。
シート幅は広いし、座席の座り心地も良い。

P1040412.jpg

車内販売も頻繁に通ってくれる。
キッズルームもあるとか。
私は結局寝ているだけだったので、踊り子号にしても良かったかなあとは思いました。

とりあえず、望み通りの水平線が見られたので大満足。
次の一時帰国は、どこで命の洗濯しよう。

スポンサードリンク



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL