明智あれこれ

深センに滞在中
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP未分類 ≫ 中国から見た愛子ちゃん

中国から見た愛子ちゃん

皇太子の娘の愛子ちゃんが障害児で、カメラの前に立つのは影武者が多いことは、ネットの世界では常識ですよね。
知らない人はこの辺をどうぞ。

「ふぶきの部屋」様より もしも本当に内親王が入れ替わっていたら
http://blog.goo.ne.jp/yonyon4009/e/ea4d74b84ba8350addf24cae8e64f7c8

「でれでれ草」様より 愛子様@の2人のダミー その1
http://e-vis.hatenablog.com/entry/2016/01/11/195251

伏見様の「時を斬るブログ」より 【皇室再検証④】愛子様、統合失調症を発病する危険性あり、女性天皇は無理、転載フリー
http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/4cbbfc109baa37794ce91d1d2788e6e8


私は、本物の愛子ちゃんはもう消されて鬼籍に入っていると思っています。
ただの想像です。


この愛子さんの障害について、伏見さんのブログのコメントだったかな、「中国のネットでは『愛子』様と『障害』について検索できない」と読んだことがあります。
気になって、ちょっと検索してみました。

百科(中国語版Wiki):
http://baike.baidu.com/link?url=Kw90acH0gmN75f9H96QMn-ddLG9K0t7O7oyoE3dnf6uUz0Uo225_HLloQt3qVqDJAzfimGodnDy-COsJ4zPOSK
サラッとしたもんでしょ。
確かにハッキリと障害について書いているサイトは出てきませんでした。
この時点では。

検索すると良く一緒に出てくるのが佳子ちゃん。
美醜を比べるサイトのなんともまあ多いこと。本当に多いです。ビックリするぐらい。
(同じお姫様なのに、違いすぎね?神様はなんて不公平なの!という意見が多い)
仮に両親が秋篠宮夫婦だったら、眞子ちゃんみたいに、失礼ですけど造形自体はそんなに美しくないが、滲み出る高貴さが本人を素晴らしく美しく見せることができたかもしれない。
「両親を選べない不幸」の頂点にいるのが愛子ちゃん。


中国版Wikiの似たようなサイトどこも上述のような感じだったのですが、後日1個だけすごいサイトを見つけてしまいました。
本当に根拠があって書いているのかわからないけど、面白かったので全文掲載。
赤字は私の感想です。
翻訳していない部分は、愛子ちゃんの家庭での様子や、皇太子の溺愛、忍耐ができない驕慢な性格についてなどが、のびのびとフリーダムに書かれています。
全文翻訳して紹介したいけど、さすがに仕事じゃなければやりたくない長さ。ゴメンヨ




互動百科:
http://www.baike.com/wiki/%E7%88%B1%E5%AD%90%E5%85%AC%E4%B8%BB


爱子公主(愛子内親王)
敬宫爱子内亲王 (としのみや あいこ、),出生于2001年12月1日,日本皇室成员,皇太子德仁与皇太子妃雅子的长女。宫号及名字皆出典为《孟子·离娄章句下》:“爱人者,人恒爱之;敬人者,人恒敬之。”

敬宮愛子内親王。2001年12月1日生まれ。日本の皇室の一員で、皇太子徳仁と皇太子妃雅子の長女。名前の由来は「孟子」から。「人を愛すれば、人は永久に之を愛す。人を敬えば、人は永久に之を敬う」。


爱子公主 - 概述
敬宫爱子家系图由于明仁天皇的两位嫡子一直没有男胤,为免皇脉断绝,日本政府遂开始检讨规定皇位继承规则的《皇室典范》,以容许女性天皇的存在,因而有说法指爱子可能会成为自后樱町天皇于1770年退位及1813年驾崩以来第一位,亦是日本历史上第九位女天皇。可是在2006年(平成十八年)9月6日,文仁亲王的王子妃诞下长子秋筱宫悠仁,成为日本皇室的第三顺位继承人,影响所及,《皇室典范》的改正方向也发生变化,因此爱子能否继承皇位仍是未定之数。


爱子公主 - 一天生活
爱子5岁生日时,父母带她进皇宫拜见天皇夫妇
爱子公主一天的生活各国皇室都带有其神秘的色彩,皇室成员的生活细节也是引起人人们津津乐道的话题之一。日皇的孙女爱子公主自从开始就读小学,也并没有减弱人们对她读书以及周围生活细节的兴趣。日前日本宫内厅对外公布升入小学的爱子公主已习惯且开心充实地度过每一天。每早上学出门前,会底气十足地向父母和两只爱犬喊一声“我上学去了”。在上学的途中会向必经的一个交警站的警察叔叔礼貌的道一声早上好,有时为了尽快地见到同学也会小跑到学校。
据说爱子也会为了自己锁定的目标而努力,早前被选为该校运动会的接力跑选手,为了能够顺利交接接力棒,爱子在回家后会与皇宫职员练习接力棒的交接。
爱子喜欢用文字表达得自己的想法,也意识到作为一名学生要写出一手漂亮的字。另外还要自己写剧本并加入在学校学习的舞蹈元素,有时还会披露给父母看。
爱子公主也非常喜欢读书,邀请同学来玩时也经常一起读书。据说过生日收到的最多的生日礼物就是图书。从天皇夫妇,到皇太子夫妇,以及到雅子妃的朋友们 。

愛子内親王は非常に読書がお好きである。クラスメートと一緒に遊ぶときも、一緒に本を読んでいる。誕生日の贈り物で一番多いのも本である。天皇夫婦や皇太子夫婦、雅子妃の友達からである。

あの愛子ちゃんが読書ねえ。
偽物がカメラの前で本を読んでいる写真は見たけど。


另外爱子也非常喜欢音乐,现在已经开始练习钢琴以及小提琴,还自己做出即兴曲并取名为仙女之歌。

他にも、愛子内親王は非常に音楽がお好きで、現在ピアノなどを練習している。「仙女の歌」という即興の曲を作った。

爱子公主也很喜欢用粘土和治做工艺品,而且每年宫内举行的职员组合文化节上,爱子公主自己精心制作的作品总是最受瞩目的。

愛子内親王は工芸品を作るのもお好きで、宮中の職員組合の文化祭で作品を披露なさっている。素晴らしいものである。

女性自身のほら吹き記事のスライドかなー?

对于日本传统的相扑运动爱子也很感兴趣,曾经2次到国技馆看比赛,最近甚至详细了解了相扑选手的发型,穿的和服,木屐,及相扑的专业术语。
爱子公主非常有爱心,据宫内记者和宫内女官等介绍,爱子公主现在最感兴趣的是灾害救护犬。爱子公主在电视中看到过关于救护犬的报导。对人类与动物之间的相处关系感到新奇,不仅仅是救护犬,一般家庭饲养的狗搭救主人的事也很感兴趣。爱子公主很喜欢小乌龟,饲养的8只绿乌龟中,最大的外壳已经长到13、4厘米长。爱子公主负责喂诱饵,有时也用手直接把诱饵送到小乌龟的嘴里。还会饲养甲壳虫幼虫,还喜欢照顾爱犬,给它洗澡等。

虽然贵为公主,年纪尚小,但爱子公主在家里也帮着做家务。有时雅子妃做些简单的拌沙拉或意大利面,爱子公主也会帮忙。皇太子夫妇公务外出时,爱子公主有时和宫内的职员一起烤饼干,星状的,带夹心巧克力的,而且做的越来越香甜。等皇太子夫妇回来时让他们品尝。最近还开始跟雅子妃学缝纫制作。很多小孩子都挑食,而爱子公主是不挑食的,蔬菜也非常喜欢吃。爱子公主住处有个菜园,收获的蔬菜也常搬上公主的餐桌,还曾经把种植的油菜送给天皇陛下。爱子公主也给种植的蔬菜浇水。另外,有时在住处的庭院散步时,还会将被风吹折的花小心护理放到花瓶内用水种植,一些生活细节中可以看出公主对生命及大自然的爱护和尊重。
小公主一天的生活:一般早上8点半到学校,然后是朝礼,做广播体操和读书,8点40开始第1节课,12点50到1点5分,午间休息,2点左右下学。因为现在还是1年纪,还不用扫除,教室都是由6年纪的学生给打扫。放学后爱子公主首先做功课,然后吃下午点心,据说爱子公主喜欢日式点心。到晚饭前的时间看相扑比赛等。晚饭大概6点到6点半,然后复习和预习功课,8点到 9点就寝。 爱子公主的老师是位即将退休的老教师,性格稳重朴实。听说很少对学生粗声讲话。第1学期的时候还经常看到由雅子妃领着上学,现在几乎都是一个人去上学,当然有宫内的随从陪伴。随从大约5个人左右,通常前面有1位男性随从,后面有2 位,最后面是2位女性随从。
每年10月每年10月的第2个星期六,学习院小学要举行运动会。学生分成红,黄,蓝3个队,进行比赛。爱子公主所在的1年级的运动项目有滚球,跳集体舞。抛球的游戏是学生和父母一起进行的游戏,今年有可能皇太子也参加。爱子公主平均每月最少去看望一次天皇两陛下。今年2月,由于宫内厅长官羽毛田曾说过,皇太子夫妇与天皇两陛下见面的次数太少。那以后增加了与天皇两陛下见面的次数,爱子公主也非常高兴。至于对雅子妃的病情详细情况,对于还未满7岁的爱子公主来说还不太理解。只是感觉妈妈身体虚弱而已。近期在西班牙及英国皇太子到访时,雅子妃没再让夫君孤独面对,温文优雅以及丰富的表情与来宾对话的情景重现电视画面。

と、ここまでは上げ上げな話が多めなのですが、次から下げ下げになります。

爱子公主 - 自闭症传言 (愛子内親王が自閉症という噂)
爱子公主是日本皇太子德仁夫妇的独生女,她那圆圆的脸,弯弯的眼睛很惹人喜爱。不过,日本《文艺春秋》杂志最近披露,由于受到皇太子夫妇的溺爱,她被惯得任性骄纵,一点皇室成员的样子都没有。

照相时表情僵硬 天皇怪太子溺爱 (撮影時の表情が硬い。天皇は皇太子の溺愛を怪訝に思っている)

自从2001年12月出生以来,爱子公主一直都以可爱著称,在日本有很多“粉丝”,很少有人把她跟任性骄纵联系起来。

但《文艺春秋》杂志却认为,那只是皇室故意做的“表面文章”,事实远非如此。据报道,日本皇室是日本人的精神象征,每当面对镜头时,皇室成员无不挥手微笑,展现他们的亲和力,惟独爱子公主面对镜头总是一副僵硬表情,让日本民众觉得她不够平易近人。

出席公开场合时,爱子也从来不知道向他人表示致意或祝福。一位匿名的日本皇室专家曾表示:“爱子的父亲皇太子和她的叔叔从小就学会了这些基本礼节,爱子的姑姑纪宫公主3岁时,就懂得如何向他人鞠躬致意。而爱子却从来不懂这些礼节。”

公の席で、愛子内親王は他人に対し敬意や祝辞をどのようなに表したらいいか、全くわかっていない。匿名の皇室専門家によると、皇太子とその弟の秋篠宮は小さい頃から礼節を学んでいたし、愛子内親王の叔母にあたる紀宮内親王が3歳の頃には、他人に対する礼儀を理解していた。しかしながら、愛子内親王はそれらに関する理解がない。

去年11月,爱子快满5岁时,德仁夫妇按照皇室规定,给她穿上天皇夫妇赠送的和服以保佑其健康成长。在穿戴仪式上,身穿端庄和服的爱子,竟然对着媒体吐舌头、做鬼脸,让在场的德仁夫妇非常尴尬。

另据报道,去年12月14日,日本皇室按惯例要拍一张全家福,地点是在天皇居所里的会客室。正当皇室成员摆好姿势准备照相时,一名皇太子家的女保姆竟擅自走进拍摄现场。原来,这是皇太子事先找来逗爱子公主笑的。否则,爱子就会心不在焉,根本不把拍照当一回事。

这件事点燃了天皇压制已久的怒火,他批评德仁夫妇过于宠爱孩子,劝他们要严厉一些。德仁夫妇对爱子的溺爱早就引起天皇的不满。天皇曾对他们说:“你们可以不按照我们的方法教育孩子,但要和幼儿园的教育方法相吻合,让她成为一个懂事的孩子。”

天皇はこれらの事に関してひどくお怒りになり、長男夫婦に対し、過保護すぎないよう、厳しくしつけるよう申し渡した。

これ仮に誰かが怒ったとしたら、ヒステリー美智子じゃ?
そして雅子はおとなしく聞いてるタマじゃないだろ。


动不动就夸奖 姑息逃课行为

据悉,皇太子夫妇曾多次表示,要让爱子“像普通孩子一样生活”,不用皇室规矩压抑女儿个性。

日本媒体曾披露,太子夫妇为了让爱子快乐地成长,自创了一套亲女秘籍“爱子宪法”,一家三口严格按“宪法”办事。据称,德仁夫妇见不少欧洲皇室新一代成员因失去自由而变得郁郁寡欢,于是采纳西方的教育理念,强调快乐教育法,给予小公主高度自由。

为了躲避天皇的“责难”,爱子从出生以后到现在,德仁夫妇很少带她去见祖父祖母。只是碰到重大活动实在躲不掉时,才硬着头皮去“应付一下”。这令天皇夫妇不太高兴。去年年底,日本天皇发表新年讲话时提出“跟爱子公主见面的机会太少了”。暗示德仁皇太子极少带爱子去拜访他们。

德仁夫妇认为,应该毫不吝啬地夸奖孩子,让她建立信心。因此,他们常“有事没事地表扬爱子”。一次,他们一家三口在皇宫的东宫御所田地里挖番薯,雅子妃拿着小铲子忙着挖土,爱子发现了母亲铲下的番薯,急忙伸手去挖。德仁夫妇看到后,一个劲地称赞她“好厉害喔!做得真好!”后来,还把此事做成录像带公开播放,很多人看后都“无语”。

《文艺春秋》还爆料说,太子夫妇竟姑息爱子逃学。2006年4月,爱子被送进日本知名贵族学校“学习院”的幼儿园。开始时,爱子出于好奇很喜欢上幼儿园。可是不出半年,她就厌倦了,经常请病假。仅今年2月,爱子就请了4次病假。虽然有时确实因感冒发烧需请假,但几乎每月都请几天假,不能不让人感到蹊跷。爱子所在的幼儿园也透露,爱子很多时候不去上课,是因为耍小性子,而皇太子夫妇一般也不强求她,不爱上就不上。

不爱童话爱相扑 被传患上自闭症

2005年,一位自称是日本《读卖新闻》记者的人爆料,爱子并非德仁的亲生女,而是太子妃雅子和旧情人的爱情结晶,因而性格不太像皇室成员。前不久,一位澳大利亚记者在书中,也称爱子并非自然受孕所生,而是通过体外授精生下的“试管婴儿”。

2005年、読売新聞のスクープによると、愛子内親王は徳仁の実の娘ではなく、雅子と愛人の子である。性格や雰囲気、立ち居振る舞いなどが、とても皇室の一員とは思えない。また、オーストラリアの記者が愛子内親王は自然妊娠ではなく、試験管ベビーだったとも語っている。

性格つったら、昭和天皇の実子である今上でさえ、あの暗愚っぷりなんだけどなあ。
こんなこと堂々と書かれる雅子に乾杯。


类似小道消息还有很多,但最贴近爱子“任性”性格的,当属一则说爱子患“自闭症”的新闻。据称,在很多场合,爱子的表情都十分贫乏,很难让人产生亲近感。而且,爱子的爱好也跟其他同龄的小朋友迥异。据说,她非常喜欢相扑,对童话故事却没有多大兴趣。

類似の話は多いが、最近では愛子内親王の性格は一種の「自閉症」によるものだと言われている。

去年10月,德仁夫妇带爱子去看相扑比赛,那是她第一次现场观看相扑。爱子一下子就被迷住了,她甚至学着爸爸拿笔认真记录相扑选手的胜负,脸上始终堆满笑容。此后,她对日本一些著名相扑选手的名字和相扑的比赛规则非常熟悉。去年明仁天皇73岁大寿时,爱子还缠着皇后奶奶玩相扑骰子。

为了说明爱子患上“自闭症”,日本媒体举了一个例子。有一次,在天皇的生日宴会上,爱子想提前离开,雅子妃不同意,爱子竟然跑到角落里,躺在地板上哭了整整3个小时,然后独自一人跑开了。更“另类”的是,爱子还经常倒着看连环画。

愛子内親王の自閉症を説明するのに、日本のマスメディアは1つの例をあげている。天皇の誕生祝いの席で、愛子内親王は席から離れたいと思った。雅子妃は同意しなかったので、愛子内親王は床の上で3時間泣き喚いた後、一人で離れた。

北朝鮮並みの報道規制がひかれている日本で、こんなニュース報道されたっけ?
愛子ちゃん天皇を画策している美智子が、是が非でも止めると思うんだけどなー。


此外,据日本媒体报道,爱子还很不懂礼貌,如果对别人送的礼物不满意,不仅一句感谢的话都没有,甚至还会将礼物扔向对方。每天见到幼儿园园长时,她也是旁若无人地走过去,从来不主动打招呼。

对此,日本皇室新闻官员表示,有关爱子患“自闭症”的说法,完全是子虚乌有,但他也承认爱子正在接受治疗。太子夫妇为了防止媒体炒作,也曾多次公布爱子的影片和照片,展现小公主“正在健康中成长”。

皇室教育受挑战 未来嫁人难自立

同一般家庭的孩子一样,日本皇室的孩子也需要接受教育。日本皇族子弟无一例外地要在“学习院”接受小学、初中和高中教育,还要在“学习院”接受大学教育。

学习院曾是一所专为高官贵族子弟开办的学校。二战结束后,该校变为私立学校,面向社会招生。学校对皇室成员仍沿用二战前的教育方式,课程不仅包括文化知识,还有传统礼仪、专业技能等内容。然而,信奉“爱子宪法”的太子夫妇,不希望爱子长大后惟命是从,不断地鼓励她打破传统。有日本皇室研究专家担心,爱子会在父母的溺爱下走向极端,缺乏日常生活必需的知识,比如做饭、收拾屋子等。

就目前情况看,爱子已很难继任皇位。而按照日本法律,公主一旦出嫁后,就会失去皇族身份而变成一介平民。前年,爱子的姑姑纪宫公主就因出嫁而变成家庭主妇。不过,纪宫公主擅长研究动植物学,大学毕业后成了鸟类研究员,而且做饭烧菜也很精通。鉴于此,日本有媒体呼吁别太宠爱小公主,认为爱子应该像她姑姑那样学会自立。

新闻链接: 《文艺春秋》专爱“揭短”

报道爱子公主任性骄纵的日本《文艺春秋》杂志在日本颇有影响,以揭露政要名流“丑闻”著称。它常以“独家新闻”形式披露“令人震惊的话题”。

该刊最近一期披露了“天皇曾后悔与中国开战”的消息,报道援引日本已故天皇裕仁一名侍从的日记,称裕仁后悔是因为“害怕苏联参战”。2002年,该刊曾披露,日本前首相小泉的亲信、时任自民党总干事山崎拓包养多名情妇,并刊登山崎拓半裸躺在床上的照片,引发日本政坛地震。2005年12月,该刊还披露时任日本财务大臣谷垣祯一,因在中国某宾馆买春而遭当地警方讯问的消息。去年8月,在日本二王妃纪子临盆前夕,该刊也率先披露纪子怀有男胎。

那么,该刊报道的“独家新闻”真实性如何呢?据称,该刊的有些新闻在报道前是经过核实的,而更多的报道真实性受到质疑。该刊也常因报道失实而惹上官司。去年3月,该刊就曾因侵犯个人隐私,差点被判禁止出版。




訳した部分以外は、雅子が愛子ちゃんに裁縫を教えたり、愛子ちゃんが家庭菜園している話もあったりで、ずいぶん自由に書かれています。
他の百科サイトはあっさりしすぎていて、美智子の手回しを疑ってしまうけど、どうでしょう。

まあ中国人民の関心はもっぱら佳子ちゃんで、他はどうでも良さそう、というのが私の結論です。
このサイトだけがちょっと毛色が違った、という話です。




皇太子夫婦が愛子ちゃんの障害を認めて、ちゃんと療育させていれば、何か芸術面で一芸に秀でた人物になったかもしれない。
日本の障害者教育も、内親王が障害者なら格段に進んだかもしれない。

皇室の闇が濃すぎて良く見えない。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL