明智あれこれ

現在深セン駐在記
2017年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年12月
ARCHIVE ≫ 2017年12月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2017年12月  | 翌月 ≫

私の好きなフィギュアスケーターたち

日本で一時帰国中に会った高校の友達に、夜の予定を聞かれて、「フィギュア見たいから帰る」と言ったら、「日本人で好きな選手でもいるの?」と聞かれたので、振り返ってみる。



フィリップ=キャンデロロ(フランス)

自分の世界観を持っていて、それをリンク上で表現できる人です。
ゴッドファーザーの演目をやった時からのファン。
引退前、長野で「ダルタニヤン」をやったこと、ものすごく嬉しかったですね。



私がフランス史で一番好きな人物が、ダルタニヤンだったりするのです。
好きな人が好きな人を演じる。
鼻血でますって。

この長野五輪の時、SPで5位どまりだったので、FPのジャンプで一度でも転倒して手をついたらアウト、という状態でした。
本当にハラハラしながら見ていました。
今こうして改めてみると、終盤のストレートラインのステップが格好良すぎる。
最後にサーベルをしまうシーンも素敵。
キャンデロロ演じるダルタニアンは、若い頃の「三銃士」時代ではなく、銃士隊長になった男盛りの20年後を彷彿とさせます。

そういえばフランスへ旅行した際に、ダルタニヤンの旅もしたんですよ。
リンクを貼ろうと思ったら、ブログを始める十年近く前で愕然とした件。

キャンデロロの魅力はエキシビジョンの方が分かりやすいので、長野のエキシビジョンもドゾー´∀`)つ



…と思ったら、この動画だけ完全に見られなくなってる!!
オリンピック協会は取り締まるだけの中途半端な仕事をするな!!
自分のチャンネルで全種目見られるようにしてから取り締まれ!!(#`皿´)

スポーツ関連の協会、なんでどこも馬鹿ばっかりなの。








陳露(中国)

この人も芸術性溢れる自分のスケートをする人です。
リレハンメルの時は印象が薄かったのですが、長野で復活してきたときには大ファンになっていました。
リレハンメル後に世界チャンピオンになり、当時あのミッシェルクワンと戦える数少ないライバルだったのですが、怪我をし、2年間のブランクができました。
その後の順位は散々で、世界ランキングを大きく下げたのです。
長野の切符を手に入れるため、元世界チャンピオンなのに予選から出場し、観客がちらほらしかいないような中国国内会場で戦い抜き、また再び世界の3位へ。
アジアンビューティーな美貌と、中国人らしからぬ気品、お金持ちの家庭、両親は共にスポーツマンというサラブレッド。
けれども、天から与えられた才能と境遇に満足せず、ひたすら努力する人。
姫川亜弓ぽいなあ、と思っていました。

長野5輪のSPよりもFPのほうが感動したのですが、SPをどうぞ。



FPの動画は著作権の関係で途中から音がないのだ…。
彼女が演じたのは、中国で有名な蝶になる恋人たちの話。



子供の頃は三国志大好きっ子だったので(今もそうだけど)、中国語学ぶ気満々だったし、オリンピックで通訳したい!
という夢を私に芽生えさせたのが、この人です。
この人がいたから、今私が中国にいるんです。

まあ、三国志よりも先にベルばらに出会っていたら、フランス語だったのでしょうが。
今頃パリで暮らして…。
中国ェ…。




マリヤ=ブッテルスカヤ(ロシア)

氷上のセクシークイーンと言ったら、この人。
リンクに上がると、大輪の華が咲いたようなオーラを出しますよね。
私も当時そのフェロモンにやられた一人です(なぜ)。
低年齢化の進んだフィギュアスケート女子では、セクシーさを出せる選手がなかなか出てきません。
見てよこの色気(*´ェ`*)ポッ



10代の小娘たちにはだせまい。

女子の場合、体型が大人になると、ジャンプがしんどくなるそうです。
そんな中で、20代後半までトップアスリートでいたのですから、そのド根性がすごいです。
オリンピックには縁がなかったですが、CMには引っ張りだこ、プレイボーイの表紙にもなりました。
フィギュアスケーターにならなくても、大成功したに違いない。






アニシナ&ペーゼラ組(フランス)

わかったわかった。
自分の世界を持っていて、それをこれでもかって表現できる人が大好きなんだ。
この二人はアイスダンスのペアです。
ソルトレイクで彼らがやったこの演目、私はライブで見ていたのですが、終わった時にその場でスタンディングオベーションしていました。



今見てもゾクゾクする。
私がフラメンコに興味を持つようになったきっかけが、彼らのこのプログラムだったりします。
日本でコーヒーのCMもやっていましたね。

アニシナとペーゼラ組は本当に素敵な演目をいくつもやっているので、興味があったらYouTubeで探してみてください。
エキシビジョンでも独特の世界を表現していて、フランス人は表現力がすごいなあ~としみじみ思います。
シンクロのデデューとか。




エフゲニー=プルシェンコ(ロシア)

男子シングルです。
陳露が姫川亜弓なら、北島マヤはこの人でしょう(笑)
貧乏な家庭に生まれついたのですが、天からすごい才能を与えられ、月影先生に才能を見初められて開花しました。

この方を見ているときに、素人の私でも、なんとな~くですが、フィギュアの世界にも八百長がある?と思い始めました。
プルシェンコが金メダルを逃したバンクーバー5輪の時です。
素人にはわからない複雑なルールがあるのかな、と当時は流しました。

世界観も勿論好きですが、安定した高いジャンプも好きです。
唯一、ジャンプの失敗を考えないでゆっくり見ていられる選手だったりします。
カルメンを演じたプログラムをペタリ。
これは、SPで転倒(!)をしてしまい、優勝の目がなくなったので、「やけくそカルメン」と表題されています(;^ω^)
今冷静に見ると、確かにヤケクソですね、プル様。


これでも銀ですから(ドヤッ

「皇帝」と呼ばれるのは、フィギュア史上プルシェンコ一人。




そして真央ちゃん!
プルシェンコにチューした真央ちゃん(*ノωノ)



理由は言わなくてもいいですよね。

最近、キムヨナの不正採点疑惑を漫画で解説してくれているサイトを見つけました。
すごく分かりやすいです、拡散希望。
「ぶくぶく」様より
http://bukubukugame.blog.fc2.com/blog-category-1.html

キムヨナが出始めたことで、フィギュア熱がけっこう冷めたのも事実。
今は現役で好きな選手が一人もいない。
やらせOKの日本フィギュアスケート協会がのさばっている中、三原ちゃんが潰されないかを心配している程度。


来年は真央ちゃんのアイスショーがあるかもしれません。
(真央ちゃんのHP公式でショースケーターを募集していたとか)
日本に帰国していると思うので、見に行きたいですね。
プル様も出ないかしら。


ところで、私の周囲の中国人達は、陳露のことを全然知らないんですよ。
信じられないね、ホント。
オマエラが世界に誇れる数少ない1つじゃんかね。
今は結婚して、深センに住んでいるそうです。
どこかでお会いできる機会があったら、号泣してしまうかもしれない。

スポンサードリンク



柴犬ティーバッグ

ある日、同僚がタオパオで見つけたものをくれた。

IMG_1114.jpg

IMG_1115.jpg

可愛すぎるから!!!!

1人暮らしを始めて20年以上、いい加減犬か猫が欲しくなってきたんです。
それで毎日、犬か猫ほしいなーって言ってるんですよ。
日本に戻ったら、速攻犬か猫を飼います。

そう言えば、深センは野良犬も野良ネコもいません。
どこに行ったのだろう?
広東は犬と猫を食べる風習があると聞いたけど、それ本当(;^ω^)?
人様の伝統的な風習にケチはつけませんが、野良を見つけるたびに捕まえて食べる人がいるのかなって…。

あ、人間はいりませんヨ、面倒くさい。



12月14日追記:
同僚に聞きました。
昔は野良の犬、猫、鳥を食用目的で捕まえる人がいたけど、今は感染症を防ぐため、野良の動物はすべて捕まえて殺処分とのこと。
深セン市のケースです。




机の横に置いておいて、ちらちら見てはニヤニヤしています。

IMG_1111.jpg

左のこの青いコップ、富士山周辺のスタバ限定カップです。
中国は埃っぽいのでフタがあるタイプを使いたいのと、タンブラーはしょっちゅう同僚に倒されて中身がこぼれるんですよ(ノД`)
何で倒すのよおおおお、といつも思うんですが。
中国あるある。



オマケ。
最近乗ったタクシーが、社内販売もしていました。

P1050913.jpg

P1050911.jpg

P1050912.jpg

まさに移動コンビニ。

スポンサードリンク



The China Coast@香港REGAL AIRPORT HOTEL

美味しかったかと聞かれると、うーん、まあ、値段が高かったのでお肉は良かった。
コストパフォーマンスはさすが香港、かなり悪いですが、香港空港でステーキでもランチで食べたい、なんていう人には選択肢の1つとしてどうぞ、という感じ。
空港併設ホテルの1階に入っているレストランです。


ホテルへは、標識をたどればすぐです。

P1050713.jpg

P1050714.jpg

空港とつながっている通路は2階なので、1つ降ります。

P1050715.jpg

1階ロビー正面にあるので、わかりやすいです。

P1050719.jpg

お昼のメニューはこちらです。

P1050722.jpg

空港で食べても高いから気にはしませんが、ランチのセットに4000↑円するとか…(;^ω^)
パークハイアット新宿でランチのセットを食べたとき、そんなにしなかったのになあ~…なんて思いつつ。

P1050726.jpg

P1050727.jpg

頼んだのは、スープ、お肉、デザートのセット。
グルテンフリーと言わなかったので、パンが出てきてしまいました。

P1050728.jpg

匂いに負けて全部食べてしまいました。
速攻で下痢(^q^)
私がグルテンを大量に摂取すると、鼻炎にもなりますが、それ以上にお腹にきます。

P1050729.jpg

P1050730.jpg

デザートは意外にもグルテンフリー。

P1050732.jpg

前後にある細長いのはタケノコではなく、バナナです。

P1050731.jpg

このホテルは空港への直結通路にドアがないので、人が入り放題で落ち着かないのと、クーラーの効きがあまり良くないです。
特にトイレ。
お腹をくだした私には、とても辛いお籠りでした。

あまり混んでいないので、役職者たちのお見送りランチに便利なお店です。

スポンサードリンク



SweetPea@香港グルテンフリーカフェ

都内でもなかなかないグルテンフリーのケーキが、香港で食べられます。
香港ならば香港島、乾物で有名な上環にあります。

駅から上環にある有名なお廟に行く途中の坂。

P1050689.jpg

P1050688.jpg

すごく可愛らしいインテリアのお店です。

P1050693.jpg

ケーキはこの充実ぶり。

P1050692.jpg

これ全部グルテンフリー!

P1050691.jpg

しかも、ケーキ1カット、すごく大きく切ってくれます。
ランチの後のデザート的な感じで注文したのですが、ケーキだけでも良かったかなと。

アボガドと卵のプレートに、

P1050695.jpg

コーヒーティラミスだったかな。

P1050696.jpg

これ写真で見ると大したことなさそうですが、すっごく…大きい…です。
こんなの初めて(〃▽〃)ポッ



お客さんが少なかったので、カフェの女性店員とお話もしました。
彼女は日本が大好きな香港人。
今度は沖縄に行きたいの、なんて話も。


このお店で困った唯一のことは、これ。

P1050694.jpg

オクトパスも使えないの!?と冷や汗たらり。
実は、私の頼んだ卵のプレートには、サーモンが本当は入っているはずですが、サーモンを抜いてもらうことでディスカウントしてもらいました(;^ω^)
現金が足りなかったからorz

香港は元イギリス領ですから、どこでもカードのイメージが強いんですよね。
屋台じゃあるまいし、まさか>< と。



外人さんが本を読みながらケーキを食べていたり、雰囲気の良いお店です。
香港とは河1つ隔てているだけなのに、中国本土ではグルテンフリーの文字すら見ないんですよねえ。

スポンサードリンク



FLAVORS ランチブッフェ@リッツ・カールトン深セン

ホテルのブッフェをご馳走してくれる神が深センに再降臨し、また連れていってくれました。
社畜万歳(∩´∀`)∩



リッツカールトン深センで3回目の食事です。
FLAVRSは2回目ですネ。
前回はディナーで、今回はランチです。



IMG_1110.jpg

12時半に予約なしで行ったら、行列ができていました。

本当は予約していたのですが、スポンサー様が忙しくて抜けられなさそう、ということで、ここの予約をキャンセルして一人でどこかに食べに行こうとしていたのですね。
律儀な私は、ちゃんと予約キャンセルの連絡をしました。
ところが一転、ランチへ行けることになったのでレストランへ来たみたのですが、国際的な展示会のある日というのもあり、大行列で。
レストランのマネージャーらしき男性がいたので、こうこうこういう経緯があり、一旦キャンセルしたんだけど…云々話したら、席を作ってみるから、ちょっと待っててね、と。
10分ぐらいで入れてもらえました!

キャーリッツ様(*ノωノ)



レストランはほぼ満席でしたでしょうか。
客席はさすがに写真を撮れませんが、ブッフェ台は沢山撮ってきましたよ!

ちなみに大陸だとアレルギーの表記がないんですよね。
あっても嘘だったり、足りなかったりするので、自衛が必要です。
(なんで人参は書いてないの!?絶対に入ってるじゃん!みたいな)
よってパンは食べません。

IMG_1095.jpg

IMG_1094.jpg

IMG_1097.jpg

IMG_1093.jpg

生野菜の場所がわかりにくいです。
どうしても見つからなかったら、後ろを向いてみるといいですヨ。

IMG_1096.jpg

IMG_1099.jpg

IMG_1100.jpg

IMG_1098.jpg

IMG_1101.jpg

ここのリッツは、デザートブッフェの美味しさが評判の様です。

IMG_1103.jpg

IMG_1104.jpg

IMG_1106.jpg

このチョコレートフォンデュ、すごいですよね。

IMG_1105.jpg

スポンサー様の大絶賛でした。
チョコ好きの方は是非。

私はお肉がイイと思いました。
ローストビーフを是非食べてみてください。

IMG_1091.jpg

IMG_1102.jpg

IMG_1107.jpg

お腹がはちきれるほど食べたイメージだったのですが、こうやって写真で見ると、大した量じゃないですね。
やっぱり歳か(;^ω^)

1人あたり250元ぐらいだったようですので、羅湖で日本料理の晩御飯を食べるのと大して変わらないです。
女子会ランチを是非ここかフォーシーズンズで、と思っているのですが、女子会事態が億劫になってしまって開催していない件。

スポンサードリンク