明智あれこれ

深セン駐在を終え、日本で充電中
2017年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年12月
ARCHIVE ≫ 2017年12月
≪ 前ページ       

≪ 前月 |  2017年12月  | 翌月 ≫

ケシキで朝食@マンダリンオリエンタル東京 

これが楽しみで帰って来たと言っても過言ではない。

世界で数少ない6つ星ホテルの1つが、東京にあります。
マンダリンオリエンタル東京です。


東京駅から歩けますが、羽田空港から東京駅行きのリムジンバスは、朝の7時が始発だったので、地下鉄でノンビリ行きました。
マンダリンオリエンタルに地下鉄m9(^Д^)
という意見もあるでしょうが、セレブのふりwはホテル到着後からでOK、というのが私のモットー。

羽田から新橋で乗り換え、地下鉄銀座線の「三越前」で降ります。

IMG_0947.jpg

三越直結なのです。
三越の裏の方へまわると、ホテルのエントランスがあります。

IMG_0948.jpg

キタ━(゚∀゚)━!

IMG_0949.jpg

やってて良かった毎日のお仕事、ありがとうお給料。

ホテルに入る前に、香港空港で買ったパーカーは脱ぎます(笑)

IMG_0951.jpg

香港資本だけあって、アジアンですよね。


ロビー、およびレストランは38階です。

IMG_0970.jpg

ロビーのお花は季節で変わるそうですが、この時は松でした。
日本の盆栽ほんといいわあ (*´∀`*)キュン!

さて、レストラン「ケシキ」です。

IMG_0955.jpg

お客さんがいっぱいいたので、ブッフェ台の写真は撮っていません。
私が取ってきたのはこちら。

IMG_0954.jpg

これ全部グルテンフリーなのです。
マンダリンはそんなに種類が多いとは言えないのですが、グルテンフリーのパンは3種類もあるし、ホットミールは半分以上がグルテンフリーでした。
神戸シェラトンの時は、ホットミールの大部分が小麦粉入りだったので、この点はすごいなあと。
小麦に問題のない人のためのパンコーナーは種類豊富で、アレルギーの有無に関わらず、同じレストランで同じような食事を取れるのがすごくいいです。

そして、私が今回一番やりたかったのは、このメインプレートに取ったものを、

IMG_0956.jpg

重ねる!

IMG_0957.jpg

人生初、グルテンフリーの生ハムサンドイッチ!!
最高級の生ハム3種類に、最高級のチーズ、新鮮なレタス、そしてもちろんお米の香り豊かな米粉パン。
涙が出るほど美味しかったです(ノД`)・゜・。


卵料理は、最初に飲み物と一緒に注文します。
私は一番のお勧めというズワイガニのエッグベネディクトをお願いしました。

IMG_0958.jpg

もう感想は言わなくてもいいですよね。
また食べに行きたい。

その後も、お腹の許す限り詰め込む。

IMG_0961.jpg

IMG_0962.jpg

IMG_0963.jpg

ここに1か月とか暮らしてみたいものです。
毎日こんなに美味しいグルテンフリーな朝食を食べられるのですから。

レストランから、富士山も見えました。

IMG_0965.jpg

これは今、私の携帯の待ち受けになっています。


食事代は、5000円行かないぐらいでしたでしょうか。
食事は大満足で、接客もスマートですが、陽のあたる席だと暑く感じるかもしれませんので、ご注意あれ。

食べ終わってもまだ8時過ぎなので、ロビーから気軽に行ける37階のレストランを見学させてもらいました。

IMG_0952.jpg

IMG_0971.jpg

IMG_0972.jpg

IMG_0973.jpg

IMG_0974.jpg

ここは夜、どんな食事を出すのでしょうね。
来てみたいものです。





★ケシキの朝食が一休から予約できます。サービス料がかからないので、お勧めです★
一休.comレストラン ケシキ朝食

★マンダリンオリエンタル東京の他のレストラン情報★
一休.comレストラン マンダリンオリエンタル東京

スポンサードリンク



羽田空港シャワールーム

日にちが空きましたが、弾丸一時帰国の続きです。
深夜便利用で、羽田に朝5時着でしたので、スッキリサッパリ綺麗になってからマンダリン東京へ行きたかったのです。

羽田空港には、シャワールームが何か所かありますが、一番使いやすいのはここでしょう。

IMG_0945.jpg

到着ロビー併設のリラクゼーションルームです。
ANAやJAL便でファーストorビジネス利用、および上級会員の人は無料で使えるとか?
いつも混んでいるそうですが、朝5時到着ですぐに向かったら、すんなり入れましたヨ。


ドアを開けたらすぐ洗面台。

IMG_0937.jpg

IMG_0938.jpg

IMG_0939.jpg

IMG_0940.jpg

基本単位は30分1,030円からで、以後15分ごとに520円の追加料金が発生します。
男性は30分で十分でしょうが、女性がシャワーを浴びてメイクもしようとすると、30分じゃ全然足りませんね。
15分オーバーしました。

利用者には、お水かウーロン茶、もしくは隣のドトールのドリンク券がもらえます。


お部屋は狭いけど、スーツケースを広げようと思ったら、なんとかできる大きさ。

IMG_0944.jpg

アメニティはシャンプー、リンスー、ボディソープ程度ですので、基礎化粧品の持参は必要です。

IMG_0942.jpg

IMG_0941.jpg

シャンプー&リンスーを使いましたが、こだわりのある方は持ち込みましょうね。

ドライヤーの風は激弱。
乾かすのに時間かかるのなんのって。

ワカッタΣ(゚Д゚)、ここで時間を使わせる作戦かっ


シャワールームを出たのは6時ごろでしょうか。
ANAの深夜便が到着する時間ですね。
行列になっていましたヨ。

お部屋はもちろん清潔だし、シャワーの水圧も強い。
深夜便の搭乗前に利用するのも良さそうですネ。

スポンサードリンク