明智あれこれ

深センに滞在中
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年10月

アーユルヴェーダの旅 スリランカ・カルナカララ滞在記 3日目

3日目。

IMG_0681.jpg



午前4時、便意で起きる。
下痢、そして頭痛。
サハシンを飲むとだいぶ和らぐが、完全には取れないような頭痛。



昨日晩御飯の時に、ハエが多いよね、という話題になり、その後フロントに行ってハエ対策をお願いしました。
朝のヨガでは、ちゃんとハエ駆除機のようなものが設置されていました。
効果はあまりないようですが、きちんと対応しようとしてくれるのは嬉しいですね。


7時半、朝食。

IMG_0689.jpg

米ではなく、蕎麦のようなもの?が。

IMG_0690.jpg

IMG_0691.jpg

まあカレーですが。




8時半、ドクター問診。
下痢はココナッツミルクが原因なので、気にしないでとの事。
日本人はこれで下痢になるそうです。
頭痛があるということで、今日もシロダーラの予定でしたが、別メニューになりました。
そして、いつものバルサミコソースみたいだけどちょっと味が違う薬をその場で飲まされましたが、飲んだら本当に頭痛が飛んだ!
アーユルヴェーダ恐るべし。

カルナカララでは人懐っこい猫が住み着いているようで、ドクターの問診中にひょっこりやってきました。

IMG_0693.jpg

最近は猫でもいいから飼おうかなと思う犬派の私。
人間の同居人は面倒だけど、誰かいてほしい→ペットの流れ。



~午前のマッサージ~
頭マッサージ、足マッサージ、顔マッサージ。
東京のアーユルヴェーダ個人サロンでも思うことなのですが、アーユルヴェーダのマッサージ中は寝ない。
別にそこまで気持ちいいとは思わないんだよね。
何でだろう。

部屋に戻ったらお洗濯。
Tシャツは5枚もってきていますが、頻繁に着替えるので、すぐ洗わないとストックがなくなります。


昼食。
大皿で混ぜ混ぜしているときに、写真を撮っていないことを思い出したorz

IMG_0705.jpg

IMG_0706.jpg

何の感想もなくなってしまった野菜カレー。
せめて白身魚が食べたいと、3人で盛り上がりました。
午後のマッサージが終わったら、ボートに乗って釣りでもしにいこうかと。

IMG_0707.jpg

しかも、ここのレストランで食事をしているとき、ほんとにたまにですが、牛の鳴き声っぽいのが聞こえてくるんですよ(^^;
狩りに行きたくなります。



~午後のマッサージ~
全身マッサージ、ハーブバス。

IMG_0710.jpg

疲れを取るのが目的のバスです。
中はハーブの緑の葉っぱでいっぱい。
お湯はぬるめで、胸から上はつからない感じ。
終わったら、体のだるさが取れていてビックリ。


部屋に戻ったらルームメイキングがされていなかったので、フロントに電話して私はウッドデッキで読書&日記。

IMG_0696.jpg

時計がなかったので、携帯を持ち歩いていたのですが、きちんと時計を持ってきた方がいいです。
携帯自体が良くないと思うので。
(後日、フロントから時計を借りた)

ぼーっとしてたら、朝見た猫がやって来た。

IMG_0714.jpg

IMG_0717.jpg

なんかノンビリ生きてるね君( ^ω^)



晩御飯。

IMG_0727.jpg

IMG_0728.jpg

IMG_0729.jpg

AさんとBさんが明日帰るそうで、スリランカ航空の機内食の話で盛り上がる。
私は無性にマーボー豆腐が食べたくなる。
深センで一番美味しいと思っている、会社近くのあの店の味。
夢に見そうなぐらい。



4日目に続く。



カルナカララ公式HP:
http://karunakarala.com/sparesort/ja/

予約はこちらからどうぞ:
エクスペディア
Hotels.com

スポンサードリンク



アーユルヴェーダの旅 スリランカ・カルナカララ滞在記 2日目

2日目です。

IMG_0627.jpg




私はいつも眠りが浅いです。
良く長い夢を見る、トイレに起きる等々。
そんなんなので、夜明け前にコテージの入り口まで誰か来てる気配で起きてしまいました。
これは翌日に分かったのですが、コテージ入り口の明かりを消してまわっているのですね。
足音が気になる人は、寝る前に自分でもう消しちゃうといいですよ。





さて、起きたらまずは朝6時半のヨガクラスに参加します。
昨日は他の宿泊客に会わなかったのですが、今朝のヨガクラスには他に2人の日本人女性がいました。
陽気なAさんと、お洒落なBさん。
二人とも昨夜ついたそうです。
4泊6日のツアーだそうで、私の9泊を羨ましがられました。
中国もういいかなと思いつつ、こういう大型連休が年2回あるから働きやすいんですよねえ。


朝のカルナカララは、適度に涼しくて気持ちがいいです。

IMG_0580.jpg

IMG_0582.jpg

↓ヨガパビリオン
IMG_0838.jpg

ここでヨガをやるのですが、ハエと蟻がすごく多いです。
蟻は気にしていなかったのですが、ハエがしょっちゅう来るのがね…。
ヨガの終わりに横になって瞑想させるパートがあるのですが、ヨガの先生が「Relax your あたま~♪(体の部分だけ日本語)」と言ってくれるものの、ハエがとまるから全然リラックスできないのですよ(;´・ω・)

先生<Relax your あたま~♪

ハエ<ブーン

(私の身体に)ピタッ

私<(イラッ…)

しっし

の繰り返し(~_~;)
日本のハエトリ紙設置とかどうでしょう。

ヨガ自体は、ちょっとしたポーズでも汗をたくさんかけて、普段運動しない人にはいいと思います。
先生の「Relax~」音頭はかなり癒されるので、このまま続けてほしい。






さて、朝食です。
カルナカララは一般のホテルとしても客を受け入れているので、空港に近いこともあって、夜遅い便で到着する中国客が泊まりにくることがあります。
調べたのですが、香港発、コロンボ着で、スリランカ航空21:10着と、キャセイ23:15着がありますね。
どちらで来ても、1泊目は空港近くの宿泊にするようです。

それで、この日はレストラン1Fで中国人たちが朝食をとっていました。
私達日本人女性は混雑を避けるため、2階へ。

IMG_0599.jpg

2階気持ちいい!

IMG_0597.jpg

IMG_0595.jpg

IMG_0596.jpg

風が通っていて、爽やかです。
以後、ずっと2階で食事をとりました。
AさんBさんも2階へいらっしゃったので、一緒におしゃべりしながら食事を取りました。

IMG_0601.jpg

私は治療を始めているので、決められたメニュー。
彼女たちは、今朝はバイキングから好きに食べていい日。

IMG_0602.jpg

このココナッツのスープを飲んだ瞬間、いつもつまっている私の鼻が全開しました。

IMG_0603.jpg

彼女たちが帰る日まで、カレーといえども毎回食事が楽しかったです。


食事が終わってボーっとしていたら、中国人のおじさんが河に向かってガーッペッをしているのが見えました。
人様の河に唾を吐くな(;^ω^)
全く…




食後はいったん部屋に戻ってお薬タイムです。
これも人によってバラバラですが、私は晩御飯後と、朝食後の2回、飲み薬があります。

IMG_0594.jpg

味も人それぞれ。
私のは、液体の方が腐ったバルサミコソースみたいな味。



毎日8時半に先生と軽くコンサル。
昨日は良く眠れた?体調はどう?など。


コンサル後、9時から午前のマッサージです。
昨日のマッサージは先生のお部屋の横でやったのですが、今日からはSPAエリアで。
プールの横にあります。

IMG_0604.jpg

IMG_0605.jpg

IMG_0606.jpg

IMG_0607.jpg

アーユルヴェーダプログラムではない宿泊客も、部屋に空きがあれば受けられるそう。

IMG_0608.jpg



~午前のマッサージ~
頭のマッサージ、シロダーラ、目のスペシャルトリートメント

シロダーラは、かなり長くオイルをたらしてくれます。
人によっては劇的な変化があるそうですが、鈍感明智は良くわかりませんでした。
目のスペシャルトリートメントは、目の周りに小麦粉?で壁を作り、オイルをその中に入れて、オイルのプールの中でまばたきさせるというもの。
視界が黄色になります。
終わると意外とスッキリします。

目の周りにたまに白いブツブツができることがあったので、ドクターに相談して、このメニューが追加されました。
1回目終わった時に、子供のころに患っていた目の病気が原因で、右目の端っこが常に充血していたのですが、それが取れていてびっくりしました。
後日2回目もやるのですが、目の周りにあったブツブツがその2回で消え、今もって発生もしていません。
すごい。

IMG_0612.jpg

シロダーラ後は、このようなかぶりものをされます。
これは1時間取ってはいけないので、SPA棟でバスローブを借りるといいですよ。
施設によっては、シロダーラ後は翌日までシャワーNGのところもあります。
カルナカララは、短期向けに気軽にデトックスしてもらうことが目的で、少し緩めな気がします。
目のトリートメント後、ネットはしばらく見ないで等、注意事項を言われなかったし。
(私個人の勝手な感想ですよ。)

ああそうそう、シロダーラ中もハエにとまられ、リラックスできませんでした(^o^)
これは仕方がないのかなあ。




お昼。
マッサージでは緩めでも、食事が厳しいのがカルナカララ。
ひたすら野菜カレー(;^ω^)

IMG_0613.jpg

IMG_0614.jpg





~午後のマッサージ~
フットパック、フットマッサージ、フットバス

私のリクエスト通り、重点的な足のマッサージ。
好転反応か、足にぶつぶつがでる。



マッサージ後は、泊まっていた1番のコテージに戻って荷造りをし、16番へ移動です。
河沿いの素敵なところ。

IMG_0625.jpg

こんな素敵なスペースが、コテージの目の前にあります。
空いた時間、ずっとここで読書をしていました。




夕方。
ホテルからオプショナルツアーのオファーをいただいたので、行ってきました。
ニゴンボ買い物ツアーです。

IMG_0634.jpg

IMG_0637.jpg

1店舗目、Dilmahの紅茶ショップ。

IMG_0644.jpg

IMG_0645.jpg

IMG_0648.jpg

中国人がここで爆買いするようです。
パッケージに簡体字…
ブランドイメージぶち壊し
げふんげふん

IMG_0647.jpg

IMG_0649.jpg

自分で飲む用の簡易パッケージタイプでよければ、スーパーで買ったほうが安い。

2店舗目、SPA CEILONショップ。

IMG_0650.jpg

IMG_0652.jpg

スリランカで有名なアーユルヴェーダグッズのブランドです。
ここのクリームはすべすべになるので気に入っています。
コロンボ空港にも大きなショップが入っているので、そっちで買ったほうが安いかも?
ということで、ここでも誰も買わず。
私は結局ほとんどを空港で買いましたが、空港のほうが少しだけ安い上に、お買い上げ金額120ドル以上でアメニティポーチをプレゼントしてくれます。
このアメニティポーチは、日本で買うと7000円するのですよ。
なので空港買いがお勧めですが、そうすると預け荷物に入れられないので、ちょっとだけ重くて面倒です。


3店舗目。
地元のスーパー。

IMG_0671.jpg

サマハンを爆買いしました。
安い。
カシューナッツのチョコレートも、お土産用にここでまとめ買い。
サマハンをご存知ない方は、上のリンクからカスタマーレビューを読んでみてください。
スリランカ産のすごいお茶なんですヨ。


買い物ツアーはここで終了。
ホテルに戻って晩御飯です。

IMG_0675.jpg

はい、野菜カレー。

夜は寝る前に日記を書いています。
1日2回ほど、夜に停電するのでビクッとします。
すぐに復旧するのですが。

IMG_0678.jpg

3日目へ続く。


カルナカララ公式HP:
http://karunakarala.com/sparesort/ja/

予約はこちらからどうぞ:
エクスペディア
Hotels.com

スポンサードリンク



アーユルヴェーダの旅 スリランカ・カルナカララ滞在記 1日目

スリランカの旅は、アーユルヴェーダ施設にこもってデトックスしまくるのが目的です。
本格的に効果を得たい場合は2週間以上の滞在をお勧めするそうで、9日間は少し短いので、全日程施設にこもることにしました。
これから行く人のために、少し詳しく書いてみます。






1日目。
飛行機が3時間遅延しても、香港からだと朝7時に空港到着です。
スリランカはVISAが必要ですから、事前登録済みで、入国審査はスイスイでした。
動線がなんともわかりにくい空港ですが、緑の案内に沿っていけば出られます。

出口の自動ドアを出たところに、両替ショップがいっぱいあります。
ピックアップの人たちは、その両替ショップの後ろの待合席にいますので、自動ドアを出て「ホテルのドライバーがいない!3時間も遅延したから帰っちゃった!?」とパニックにならないように。
私です(;^ω^)


今回何故カルナカララにしたのかというと、空港からの移動が楽なのと、各部屋エアコン・Wifi付きだからです。
アーユルヴェーダ施設は、大体が空港から2-3時間かかり、かつエアコンなし、Wifiはロビーのみがほとんどです。
治療中は携帯を見ないほうがいいことは分かっているのですが、Wifiがないと暇すぎてやることがないんですよ。
それで会社のメール見ちゃって、返信、仕事してるじゃん的な流れになっちゃったんですよね(ノ∀`)
3日目以降はメールチェックを放棄しました。


ホテルまでの送迎は、宿泊費に込みです。
無事ドライバーと合流したら、30分で到着します。

IMG_0834.jpg

ロビーでウェルカムティーと、スケジュール表をいただき、日本人の女性スタッフさんから説明を受けます。
チップについてどうするか分からなかったのでスタッフさんに聞いたのですが、「お気持ちだけで~」みたいな回答。
「宿泊費に含まれているから必要ありません」か、「含まれていないから、お願いします」ぐらいストレートに言ってもらえるとありがたい。

IMG_0552.jpg

この日は午前8時ごろにホテルへ到着でしたので、もう今日からマッサージを始めたいと言いました。
荷物を置いたら、すぐにドクターの元へ。

一番最初のコンサルテーションは、長めです。
今までかかった病気や、現在の状況、どうなりたいかを具体的に話します。

・アレルギー性鼻炎を直したい
・アトピー性皮膚炎を直したい
・足の関節痛が右側だけする
・腰痛を直したい
・頻繁な片頭痛を直したい
・肩こり、頭のこりを取りたい
・あごの下のたるみを取りたい
・美白したい
・若返りたい

美白は笑われましたが、「若返りたい」はアーユルヴェーダでは有りです。
今回9日間という滞在なので、アーユルヴェーダの中でも辛い治療にあたるパンチャカルマを受けることができると言われました。
旅行出発前日に生理になるというアクシデントがありましたが、パンチャカルマ以外はおおよそ受けられるとのことです。
前半の生理中はパンチャカルマに向けた体づくり、後半はパンチャカルマという日程になりました。

カルナカララでは、チェックインから治療終了まで、一人のマッサージ師が専属でついてくれます。
私の担当は、笑顔の優し気なお母さんぽい人でした。

IMG_0554.jpg



~1日目午前のマッサージ~
顔のマッサージ、足のマッサージ、フットバス

マッサージを受けてる最中に、ハエが良くとまりました。
季節的なものでしょうか、この後ハエにはずっと苦労させられます。


昼ご飯は、ホテル唯一のレストランへ。
アーユルヴェーダ治療中の滞在者は、その人に合わせたメニューが提供されます。
つまり選べない。
グルテンフリーでお願いしていましたが、ご飯にささっている茶色い煎餅みたいなものは小麦粉です。
アレルギーの人は気を付けてください。

IMG_0578.jpg

IMG_0579.jpg

日本からのフライトで来る方は、到着するのが夜なので、到着日の晩御飯と翌日の朝ご飯は選べたりするそうですよ。

食後はぶらぶら散歩をしていたのですが、プールに入っている人は誰もいない。
この先も、入っている人は少なかったです。


~午後のマッサージ~
顔のスペシャルトリートメント
顔の皮膚がもちもちに…!


晩御飯。

IMG_0590.jpg

IMG_0591.jpg

カレー地獄が始まった(^p^)


ネットを自粛するとやることが激減するので、Kindleを持ち込んでずっと読書をしていました。
(Kindleも目にどうなんだろう、という気はしますが…)
あいた時間は、ひたすら読書と日記のみでしたよ。
敷地内の散歩も限界がある。


最後にコテージ紹介。
カルナカララでは、1人1つのコテージを割り当ててくれます。
この点は、ポイントがとても高いですね。

↓全体図。初日は1番、2日目以降は16番にしてくれました。
16番は川沿いのウッドデッキに近く、すごくお勧めです。
IMG_0617.jpg

IMG_0618.jpg

IMG_0570.jpg

このクローゼットの小ささは、長期滞在者にはちと辛い。

IMG_0569.jpg

IMG_0619.jpg

タオルアート。

IMG_0620.jpg

よそ様のブログでは、毎日色々なタオルアートをしてくれるそうですが、私の時は初日しかなかったよ?(;^ω^)

IMG_0621.jpg

IMG_0622.jpg

IMG_0559.jpg

トイレはウォシュレット付き!

IMG_0561.jpg

中国とは比べ物にならないくらい流れがよくて感動しました。



チップ問題は、同時期に泊まっている日本人女性から「チップ込みの料金だったから、あげてないよ」と言われたので、私もあげるのをやめてしまったのですよね。
私の料金はチップ込みではなかったから、タオルアートされなかったのかなあ、と。
(その日本人女性は、毎日してあったそう)
彼女たちのような格安旅行ツアーではなくて、施設の正規料金を払っているのですが。

考えたら治療に影響がでそうなのでキニシナイでノーチップを通したのですが、まあ色々ありました(^o^)
・タオルアートがなかった事件
・タオルに血がついてる事件
・バスローブが補充されていない事件
・飲みかけのペットボトルが部屋にあると、お水を2本補充してくれない事件
中国で暮らしている私には、どうってことないけどネ。


2日目に続く。



カルナカララ公式HP:
http://karunakarala.com/sparesort/ja/

予約はこちらからどうぞ:
エクスペディア
Hotels.com

スポンサードリンク



スリランカ航空 ビジネスクラス 香港~コロンボ グルテンフリー機内食

国慶節は当初、中国国内旅行の予定でした。
襄陽で孔明の古里と水鏡先生のお宅を見て、武漢で赤壁〆という、三国志ファン垂涎のゴールデンルート。
だったのですが、なんとなく検索したスリランカ行の航空券が、ビジネスクラス激安価格!?になっていまして、気が付いたら購入済みでした。
そういうわけで、9日間アーユルヴェーダ施設にこもって、思いっきりデトックスする旅決定です。


まずC-tripから予約したので、C-trip経由でグルテンフリーの機内食をお願いしたのですが、できないと言われました。
そこで、ネットで「スリランカ航空 グルテンフリー 機内食」と検索すると、機内食の指定ページが出るではないですか…!
それならと公式HPから予約しようとしたら、エラーでちっとも予約できません(^p^)
スリランカ航空のお問合せセンターに英語でメールをしたら、中国人ばりにQ&Aが嚙み合わず、挫折しました。
スリランカ航空の24Hコールセンターに電話したら、英語とスリランカ語のみで、そっと電話を置きましたw
最後は結局スリランカ航空の東京支店に電話突撃です。
おっとりと話す素敵なマダムが手配してくれましたよ。

そこで聞いたのですが、ビジネスなのに行きはライトフラット、帰りはフルフラットの機材なのですよ。
(チケットの残りが1枚で急いで買ったので、買う前に確認する暇はなかった。)
香港~コロンボなんて5時間なので、ライトフラットでいいと思うじゃないですか。
ただし、今回の旅程は

行き AM2:00香港発(ライトフラット)
帰り AM9:00コロンボ発(フルフラット)

なのです。



行き AM2:00香港発


行き AM2:00香港発 


行き AM2:00香港発




なんでライトフラットなの><

だから安い





チェックンカウンターが開く時間が、香港、コロンボ共に3時間前だそうです。
ここで香港空港で使えるラウンジを確認しておけば良かったのですが、また私はやらかしてしまいました\(^o^)/

キャセイほんと相性悪い



出発当日。
仕事を終えてシャワーをあびても7時です。
チェックインカウンターは夜11時に開くので、9時半に家を出れば間に合います。
なのですが、空港によっては5時間前とかにチェックインできたりするじゃないですか。
香港空港はキャセイ系ラウンジが豊富ですから、ラウンジでゆっくりできるかな~♪と思って、8時(笑)に出発しました。
香港空港到着は9時過ぎ。
5時間前(〃▽〃)

夜の香港空港。

IMG_0496.jpg

スリランカ航空はFカウンターになります。
電光掲示板を見ると、まだ2時出発のコロンボ便の表示がないw

IMG_0495.jpg

そして、Fカウンターにはスリランカ航空の影も形もなかったwww

インフォメーションに聞いたら、10時半くらいからカウンターの設営が始まって、11時から開始なのよ、とのこと。
私浮かれすぎ(;^ω^)

仕方がないので、Fカウンターのベンチで月曜から夜更かしの2時間スペシャルと見ていました。
そしたら、10時半くらいから本当にカウンターの設営が始まった…!

IMG_0497.jpg
↑ポールを立ててる。
IMG_0499.jpg

エコノミーは10時半でもう並び始めている人がいました。
11時の時点では、まだカウンターが空く前からかなりの行列が。
私は今回はこちらです。

IMG_0502.jpg

並んでいる人誰もいないw
カウンター担当のお兄さんが来たので私も並び始めてみた。

IMG_0504.jpg

おのぼりさん丸出しの先頭。
ラウンジのチケットをもらったのですが、

IMG_0505.jpg

PLAZA PREMIUM LOUNGE(・・?
BRIGE(キャセイラウンジ)やWING(キャセイラウンジ)やPIER(キャセイラウンジ)じゃないのん?
もしくはカタールのラウンジ。
キャセイラウンジで、アレルギー覚悟であの有名な担々麺を食べる気満々だったので、少々残念な気持ちでラウンジへ。

IMG_0506.jpg

そしたら、入り口が左右に分かれているのですが、右側で大行列が出来ているのですよ。
ポールの案内を見ると、ここはカードラウンジに指定されているようで、右側がカードホルダー、左側が指定エアラインの列でした。
左側は誰も並んでいませんでした(;^ω^)

人いっぱい。
席の写真はとても撮れないので、食事のお写真をどうぞ。

↓ヌードルバー。種類は河粉1種のみ。まろにーちゃんなのでグルテンフリー
IMG_0509.jpg

IMG_0510.jpg

IMG_0511.jpg

IMG_0512.jpg

IMG_0513.jpg

IMG_0515.jpg

IMG_0520.jpg

IMG_0521.jpg

IMG_0514.jpg

IMG_0516.jpg

IMG_0517.jpg

IMG_0507.jpg

IMG_0508.jpg

キャセイのどこかのラウンジを使わせてもらえるのかと勝手に思い込んでいたので、この食事の品揃えがショック><
同じワンワールドなのに残念。
例えば成田発のスリランカ航空ビジネスクラスだったら、成田のJAL桜ラウンジを使えるのにね。

本当に人が多くて座る席を見つけるのに苦労するので、居心地は全然良くないです。
シャワールームもあるようですが、見学する気にもならないので、食事をしたらさっさと出てしまいました。

IMG_0518.jpg

IMG_0522.jpg

IMG_0519.jpg

カードラウンジは別にいいかな…

暇だったのでゲートに移動。
香港空港にお詳しい方なら「ああ…」と思わず言ってしまう、ゲート200番台、一番遠いアレです。

IMG_0523.jpg

ビジネスの優先登場を思いっきり使って、1番乗りです。

IMG_0525.jpg

小型機で、ビジネスの配列が左右2席ずつのみ。
合計16席です。
すぐ後ろにエコノミー。

IMG_0526.jpg

ビジネスの男性フライトアテンダントは執事スタイルの品の良いおじ様です。
座るとすぐにメニューが配られます。

IMG_0527.jpg

さすが紅茶の国スリランカ、紅茶のメニューが豊富でした。

IMG_0528.jpg

グルテンフリー指定なので私には関係ありませんが、ビジネスはチキンカレーかチキンバーガーの2択だったようです。

それでなかなか飛行機が動かないので???と思っていたら、ビジネスの中国人客、みんなシートをぎりぎりまで倒して寝ているのですよ。
離陸するときにいいのかな…と思いつつ、私も全開で倒して睡眠モードへ。
のはずだったのですが、通路をはさんだ隣の席の子供が大泣きしていて、全然眠れない(^o^)
中国人たちは爆睡。すごすぎ。

飛行機は結局3時間遅延で離陸しました。

深夜便なので、客が起きたところで、食事を取るか聞いてくれます。
じゃーん、これがビジネスクラスグルテンフリー食だっ

IMG_0540.jpg

白身魚です。
味付けはさすがにケチャップではなかった。

IMG_0541.jpg

サラダはドレッシング代わりにクリームチーズ。
これはGOOD

IMG_0543.jpg

デザートにはチョコレート。
右に乗っているのはバルサミコソース。

IMG_0542.jpg

塩コショウケースが可愛い。

IMG_0545.jpg

陶器のお皿で高級感がでますね。
5時間だとこんなもんかな。

映画鑑賞に移行です。
スリランカ航空は香港~コロンボ路線でも、パネルに日本語の案内がありました。
映画自体はピンとくるものがなかったので、とりあえず「相棒」の映画を。

IMG_0550.jpg

紅茶も出してくれます。

IMG_0549.jpg

これが本当に美味しい。

そこで気が付いたのですが、モニターの横に充電プラグの差込口がありました。

IMG_0551.jpg

到着30分前に気が付いたorz
映画自体は何が面白いのかサッパリわからん。
(仲間由紀恵が刑事モノは何か違う)

深夜便なので、アメニティポーチの配布もありました。

IMG_0584.jpg

IMG_0585.jpg

こちらのブランドはちょっと良くわからないです。

IMG_0586.jpg

IMG_0587.jpg

IMG_0588.jpg

ロンドンのブランドのようですね。
スリランカにはSPA CEILONという素晴らしい国産ブランドがあるのですから、それを採用すれば、アメニティ目当てでビジネスクラスに乗る人が増えそうですが。
思いっきり昼間の便である帰りは、アメニティなし、靴下1個のみでした。





んーーーー、深夜便なので、やっぱりフルフラットでコロンボまで行きたかったな。
客層は、国慶節という中国の大型連休だったので、子供こみの家族連れがいるのはしょうがないのでしょうね。

それ以上に残念だったのは、行きのラウンジの件。
キャセイのラウンジは、キャセイの資格保有者にしか解放しないのかしら。
教えてエロイ方。

スポンサードリンク



スタバの深セン限定マグに You Are Here Collection シリーズが追加

スタバの深セン限定シティマグ、超ダサいですよね。
この写真の左側が深センマグですが、

IMG_0483.jpg

この建物、羅湖イミグレなんですよ。
普通、街のシンボルにするじゃないですか。
ダッサー

というわけで、スタバのマグには甘い私も、深センは買う気になれず。
自分が行った外国、特にここは3年以上もいるのですから、1個は買いたいけどなあ…
と思っていた矢先。

ある日突然。

IMG_0484.jpg

あー!
You Are Here Collectionの深セン版が遂に発売に!?
このシリーズ、アメリカとカナダだけなのかなあと思っていたのですが。
遂に中国上陸か~。

早速購入(^p^)

IMG_0489.jpg

IMG_0490.jpg

ランドマークカワユス。
ちゃんとジンジーイーバイや地王っぽいのもありますね。

IMG_0492.jpg

海が有名な深センらしい絵もあり、

IMG_0493.jpg

IMG_0494.jpg

ワタクシ大満足。
深センにあるぐらいだから、北京や上海にもきっとあるよね。
買いに行かねば。

スポンサードリンク