明智あれこれ

深センに滞在中
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年05月
ARCHIVE ≫ 2017年05月
      

≪ 前月 |  2017年05月  | 翌月 ≫

吉野観光(桜の終わりごろ)

眞子様の婚約発表のお相手のニュースを見たときに、とっさに浮かんだコラ。




20170212133512.jpg
※でれでれ草さんより

安倍ちゃんは共謀罪で忙しそうだから、しばらく突っ込んでくれないだろうな。







初めての奈良。
目的は大仏ではなく、吉野で桜観賞です。
1日遊べる日が日曜&月曜なので、混雑具合を考えて月曜を吉野にしようとしていたのです。
が、月曜日の天気予報がなんと大雨( ノД`)
大混雑必至の日曜日に桜観賞となりました。



吉野です。

P1040995.jpg

P1040996.jpg

JR奈良駅から何回か乗り換えました。
ものすごく行くのが面倒です。
桜の季節ぐらい、直通のバスとか出してくれませんかお願いです。


上の方に行くロープウェイはこの行列。

P1050002.jpg

ビクトリアピークのトラムの行列を思い出します。
バスも出ていますが行列が長すぎ&道路が大渋滞で、徒歩45分の距離でも歩いた方が早いと言われる…。
ひきこもりのゲーマーが45分も歩けるのかと思いつつ出発。

P1050005.jpg

桜を見ながらテクテク。

P1050006.jpg

P1050008.jpg

P1050009.jpg

P1050010.jpg

P1050025.jpg

P1050026.jpg

P1050029.jpg


道中こんなものも。

P1050032.jpg

お菓子には何の罪もないが、食べたら穢れそう。


葛きりが有名だそうなので、カフェっぽいところでお味見。

P1050056.jpg

P1050054.jpg

P1050055.jpg


吉野は史跡が色々あります。
こちらは、義経と静御前が最後の別れをした吉水神社。

P1050068.jpg

神社入り口は絶好の桜スポットになっています。

P1050069.jpg

P1050064.jpg

初めて見たら歓声を上げてしまいますね。


神社の中も見学できます。

P1050075.jpg

こちらは、義経、弁慶、静御前の別れの間。

P1050078.jpg

P1050081.jpg

歌舞伎で義経千本桜をやった際に、静御前役の方が着た衣装なんかの展示もあり。

P1050079.jpg

歴女感動*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n´∀`)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

私は義経というと、ものすごく前に正月の時代劇で少年隊の東が演じた義経が頭に浮かびます。
あの義経は名作でした。
以来、私の中の義経は、ずっとあの顔です。



義経や弁慶の武具の展示。

P1050104.jpg

P1050103.jpg

豊臣秀吉が花見をした竹林院も吉野にある関係でしょうか、秀吉の屏風もありました。

P1050113.jpg

歴女大感動*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n´∀`)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*




近くには勝田神社もあります。

P1050125.jpg

ここは、なんと数年前に焼けてしまったそうです(ノ_・。)

P1050127.jpg

静御前が、義経と別れた後に、ここで舞をしたそうです。
無事に再建されますように。



途中で大きな寺も拝見。

P1050042.jpg

歴史ある建物ですね。

P1050044.jpg

P1050048.jpg

P1050049.jpg


秀吉が花見をした竹林院。

P1050135.jpg

こちらは宿坊を併設していまいした。

P1050138.jpg

すごく雰囲気良さそう。
次回はここに泊まって、ゆっくり夜桜や秋の紅葉を観賞してみたい。

お庭はこんな感じ。

P1050140.jpg

P1050139.jpg

P1050146.jpg

P1050147.jpg

P1050148.jpg

思いもがけず戦国妄想の旅(*´ω`*)
楽しかったです。



帰りは頂上からバスですいすい。

P1050164.jpg

ついたら切符にこれまた長蛇の列が。
買っているあいだに、20分に1本しかない電車が行ってしまうし。



帰りに郡山で降りて、郡山城を見学。

P1050216.jpg

P1050217.jpg

P1050219.jpg

秀吉の弟が築城した城だとか。

P1050202.jpg

P1050201.jpg

P1050203.jpg

P1050205.jpg

近くには、秀吉が食べた御餅を今でも提供するお店があり。

P1050170.jpg

P1050172.jpg

これ、430年ぐらい前に秀吉が食べたそうです。

P1050173.jpg

甘め控えめの黄な粉餅。
中には餡子。
幸せ。


吉野いいです吉野。
お勧めは宿泊して、人の少なそうな朝晩に散歩がてらの桜観賞。
これ絶対にやってみたい。

スポンサードリンク



書記長の面子

またまた奈良旅行の途中ですが。




北京で行われている中国主導の一路一帯会議の開幕日に、北朝鮮がミサイルを発射し、習金平の面子を潰したというニュースが日本では流れましたね。
情報源が産経なので、私は信じているのですが、私の周りの中国人は誰もこのことを知らなかったのです。


習氏の面目丸つぶれ、北ミサイル発射 「一帯一路」会議初日に強行
産経新聞、2017年5月15日
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00000041-san-cn


竹知「BBCでもやっていたよ。何で知らないの」

この一言で、みんなBBCのニュースサイトを検索し始めました。
同僚の1人が探し当てたところ、彼曰く、
「ほら、BBCのこのニュースの情報源が韓国のだよ。このニュース偽者だろw」
とのこと。

竹知「日本のニュースは、産経新聞が流したものだよ。朝日、毎日、読売みたいな在日系の新聞社じゃないよ。信用できるよ(ジャンルによるが)」
同僚「いや、俺は国を信じる」

みたいな会話も有り。


中国では一切報道されなかったところに、私は習金平の面子が潰された件を絶対に国民に伝えない必死の姿勢を感じました。
政府の情報規制もすごいし、中国人の自分の国を信じる姿勢もすごいなと思った一件。





…と思いきや、うちの国際部にいる中国人は帰化人が多いのですが、中国のことをボロクソに言います。
どんな環境の違いでこうなるのか、本当に不思議。


スポンサードリンク



スーパーホテル奈良Lohas@JR奈良駅前

奈良では3泊しましたが、最初の1泊は奈良駅前の「スーパーホテル奈良Lohas」に泊まりました。
次に泊まるホテルが3連泊でとれなかったのが理由だったのですが、ここに泊まれて本当に良かったです!
お値段は1泊で9100円(公式HPより申し込み)。
土曜チェックイン、日曜チェックアウトという1週間で1番高い時、しかも桜の季節なのにこの価格。
素晴らしいコストパフォーマンスです。




場所はJR奈良駅前のビル。

P1040930.jpg

関空からは、奈良行きのリムジンバスに乗れば、終点が奈良駅前です。
楽チン。

駅の下にはスーパーがあります。
地産地消の気軽に入れるレストランもある。
駅前の観光案内所には、スタバが併設されている。

P1040929.jpg

ターミナルからは、バスに乗ってどこにでも行けるし。

P1040932.jpg

立地条件は完璧。



チェックインは丁寧です。
ロビーのソファーで説明を聞きます。

P1040954.jpg

P1040955.jpg

色々な種類の枕を用意してあり、その案内があります。

P1040953.jpg

注意事項は、ネットで買い物をしてホテル付けに荷物を送っていたのですが、自分から「荷物があるはずです」と申告しないと出てこないこと。




P1040949.jpg

P1040947.jpg

お部屋はびっくりするような狭さ。
私のホテル人生で一番狭いです。

P1040935.jpg

P1040936.jpg

勿論清潔です。

P1040942.jpg

部屋は激狭ですが、机は横に長く、作業がしやすいです。

P1040937.jpg

P1040938.jpg

P1040939.jpg

イイネ!




喫煙ルームしか取れなくて、タバコの臭いを覚悟していたのですが、そんなこともなく。



PC持ち歩いていたので、FF11にもつなぎましよ。
日本の回線最高、何のブレもありませんでした(^q^)
(この情報、誰得なのか)





奈良の古い街並みが残るストリートにも近く、柿の葉すしを食べにぶらぶら出歩くのも簡単。

P1040969.jpg

P1040975.jpg

P1040976.jpg

途中でなんとコロカショップも発見。

P1040965.jpg

P1040968.jpg

色々試食させてもらったのですが、どれもこれも美味しかったです。
柿バターが特に有名らしいですね。
1個買って帰れば良かったorz
(中国に戻った後、香港で米粉パンに出会うという)

奈良市は小さな街です。
街歩きも簡単で、そこがまたいい。



ホテルに戻りました。
ここの特色は、何と言っても温泉があることなのです。
日本最初の夜は、温泉でプッハーですよ!
素敵です。

P1040950.jpg

P1040980.jpg

露天風呂もあり。

P1040981.jpg

出たところに、給水機があり、お湯もでます。

P1040951.jpg

これでコーヒー牛乳のビンがあれば(^q^)




翌朝も変わらず5時おきの私。
朝の習慣・FF11のログポをゲット(笑)してから、温泉へGO。
昨夜は少し混み合っていたのですが、朝5時半の温泉は誰もおらず、ゆっくりできました。


でまあ、露天風呂に入っていたら、ですよ
パンを焼く美味しそうな匂いがすごくするのですよ。
憎たらしいほど香ばしいのですよ。

食べたくなるだろうが(#`Д´)

食べたくなるだろうが(#`Д´)


食べたくなるだろうが(#`Д´)










neraidoori_201705012008321f8.gif

このコラが浮かんでしょうがないorz






朝食は健康志向をうたったバイキングです。
宿泊者全員が利用できます。

P1040984.jpg

目玉は焼きたてパンです。

P1040985.jpg

パンが小麦粉で出来ている時点で全然健康的ではないのですが(古代小麦でもないし)、他は健康的で美味しそうです。
焼き魚とかひじきとか。
1種類ぐらい、奈良産の米粉パンでもあったらいいのに。





露天風呂で匂いをかきすぎてしまったせいで、私もパンを食べてしまいました…

P1040987.jpg

P1040988.jpg

ものすごく美味しかったです…












neraidoori_201705012008321f8.gif

美智子め、日清食品めっ(#`Д´)


旅行中はある程度小麦粉を解禁してはいます。
なので、鼻づまりがひどすぎて夜眠れない日もありました (;´д`)
1年に数日間しかない、貴重な日本滞在。
仕方がないと言い聞かせて薬まみれの日本旅行なのです。
(時期も悪かったかな。花粉)


原材料の表示がしっかりしているので、アレルギー持ちの方は安心して選べます。



奈良名物、茶粥もあります。

P1040989.jpg

驚きはこのサラダのドレッシング。

P1040990.jpg

P1040991.jpg

P1040992.jpg

これすごい、こんなドレッシング初めて見た!
フロントに聞いたらネット販売のみということなので、2本お買い上げ、東京の滞在ホテルに配送してもらいました。
食べてみたら薄目の味付けだけど雑味のない感じで、それもすごく良かったです。
このドレッシングは死ぬまで愛用するに違いない。


思いがけずスーパーホテルに泊まることになってしまったのですが、満足度がかなり高い滞在でした。
次に奈良に来るときも、候補の1つになると思います。
(次のホテルも、別の角度からものすごく良かったので、奈良の宿選びは七転八倒しながら悩みそう)



奈良いいですよ、奈良。
京都から日帰りだけなんて勿体無い、是非泊まってノンビリしてみてください。

スポンサードリンク



ANA機内食バナナ1本事件で思い出した話

奈良旅行の途中ですが、気になるニュースが入ってきたので。




全日空、到着前の「グルテンフリー」軽食にバナナ1本 英国人男性抗議でチキンソテー追加 出発直後の夕食では特別食のほかに通常食も提供
http://www.sankei.com/world/news/170509/wor1705090026-n1.html




昨日今日と航空ファンが集まる某所がこのニュースで持ちきりになりました。
最初の報道では、「グルテンフリーの乗客、9時間のフライトでバナナ1本だけ」という内容で。
全日空がグルテンフリーメニューを用意しているのは知っているし、彼女たちアテンダントの対応も知っているので、このニュースは某国人の大嘘だと思ったほどです。
(後に1割だけほんと、9割嘘が判明しましたね)





私の思い出というのはですね。

まだ機内食までグルテンフリーにしようと思っていなかった頃の話。
香港発、羽田着の機内にて。

グルテンアレルギーもちの人は、出された料理からグルテンの無いものだけを選んで食べることが多いと思います。
その日のエコノミーの機内食は、どちらもグルテン多そうだなあと思うようなものでした。
2種類あって、ごはんを選ぶのが普通だと思うのですが、なんとなく蕎麦が食べたかったので、蕎麦入りのほうの機内食を選びました。
コシのない「十勝蕎麦(10割そば粉で出来た蕎麦)」に見えたのです。

P1040407.jpg

これが当時の機内食。

それで、機内食を受け取った後に、一応アテンダントさんに確認しました。
「この蕎麦は十勝蕎麦ですか?」と。
アテンダントさんは困った顔をされ、わからないと。

なら仕方ないかと思い、蕎麦は食べずにグルテンのなさそうな部分だけ食べました。
食べたのはサラダの葉っぱと人参と青物だったでしょうか。
羽田で美味しいもの食べに行けばいっか~なんて思っていたので、大部分残したのです。

その後、機内食のトレーを回収の時にまわってきたのは、蕎麦を質問したときと同じ方。
回収時には何も言わなかったのですが、あとから席に来て、








「先ほどほとんどお食事をされなかったご様子、グルテンフリーの麺が残っているのでいかがでしょうか?」

と。



。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚


。・゚・(ノД`)。* ゚ + 。ブワッ




竹知感動 。
ここエコノミーですよ、ビジネスじゃないんですよ。










いただいたのは米粉の麺のインスタント(アレルギー対応カップ麺)で。

P1040408.jpg

トレーに乗せて、お箸や調味料、おしぼりもつけて綺麗に出してくれるのがまた泣けて。

ANAすごい、日本のおもてなしすごい。
ますます青い翼のファンになったフライトだったのです。

「グルテンフリーの方の機内食もご用意できますので、帰りの便に乗る前日までに、コールセンターあてにお申込みしてくださいね」とのアドバイスももらったので、機内食でも前もったリクエストを意識するようになりました。




そんなANAが、グルテンフリーの人に対して、9時間のフライトでバナナ1本だけはないわ。
どちら様のねつ造ですか(#^ω^)
ワタクシ、ブチキレマスワヨ。

スポンサードリンク



深セン航空 深セン~関空便 エコノミークラス(グルテンフリー食)

4月中旬に一時帰国しました。
今回は奈良で桜を見てから、東京に移動するパターンです。

本当はANAの香港~関空、成田~香港を利用しようと思っていたのですが、調べたら深セン航空のほうが安い。
深セン航空だと当然深セン空港利用になるので、移動面では楽ちんですしで、話のネタに利用してみることにしました。
これが大間違い m9(^Д^)







深セン航空は、中国国内線ではよく乗っているエアラインです。
なので、フライトアテンダントが国内線でも英語が話せるレベルであること、かつ美女揃いなのは知っています。
機内食も、もちろんお馴染み。
国際線になるとレベルアップするでしょうが、たかが知れているので、今回はグルテンフリー食を用意してもらうことにしました。

余談だが、エコノミーで機内食が美味しいと思ったのは、バージンアトランティックだけ。
今は懐かしの成田‐ロンドン線の松花堂弁当( ノД`)




まず、深セン航空のHPを見てみる。
C-trip経由で買ったので、機内食のリクエストができるページまでたどり着けない\(^o^)/

次に、深セン航空のカスタマーセンターまで電話してみる。
なんだこの中国語、全然わからん\(^o^)/

ということで、C-tripのカスタマーセンターから申し込む。
こちらの中国語は良くわかる…、無事小麦粉抜きの食事をリクエスト。

「航空会社にリクエストを出します。結果はメールで知らせます」

とのことなので、待つこと1時間。











↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 結果 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

















Σ( ̄□ ̄|||)

P1050670.jpg







うわあああああああああああああああ







翻訳「深セン発関空行は除去食を用意できるけど、成田発深セン行は無理よーん」












中国で用意できるのに、我が日本で用意できないとは…
(逆パターンを想定していた。日本側はOKでも、中国はダメなんじゃないかと)













neraidoori_201705012008321f8.gif
(でれでれ草さんからお借りしています)


このコラが浮かんでしょうがないorz








当日。
2時間半前に空港到着。

P1040889.jpg

チェックインカウンターは2時間前にならないと開きません。
早く入って、スタバでノンビリしようと思ったことも、間違いの1つ。

深セン空港は国際線の規模が小さいため、入国審査の行列が大したことなく、そこはポイント高いです。
んで、あっという間に出国終了すると、

P1040894.jpg

国際線エリア、搭乗口が11個しかない小ささ。
ビジネス・ファースト用のラウンジと、

P1040896.jpg

良く知らないコーヒーショップが2つのみ。

P1040895.jpg




免税店はどこも開いてない。

P1040898.jpg



しかし、ここのラウンジはレベルが高くお勧めだ、とよそ様のブログで読みました。
お金を払って入れるなら入れば良かった。



P1040899.jpg

飛行機は小型機。

P1040904.jpg

機内はこれです。

P1040905.jpg

国内線ではありません…w

国際線ということで、どんな選りすぐりの美女を出してくるのかなと思ったら、ベテラン様でした。
私は若い子よりもこっちのほうが好きなので、問題ないですが。
(有事のときに、若い子よりも頼りになりそう、というのが理由)

日本行の国際線なのに、アテンダントはオール中国人で、日本語を話せる人は一人もいません。
客層は、圧倒的に中国人優勢なのは当たり前なのですが、LCCに比べたら少しは上品かなあ…。
乗っている日本人は、中国慣れしてそうな方々ばかり。




さて、機内食です。




これが深セン航空のグルテンフリー食だっ









P1040911.jpg

し、白身魚にケチャップ…wwwww

いや、笑っちゃいけない。
用意してくれているっていうことに感謝しないといけないから。
(とは思うのですが、中国男のコックさんが、「めんどくせーなー」言いながら白身魚にケチャップぶっかけている姿がリアルに浮かぶ。)

左下のはキノコのマリネ。
塩味。



深セン航空の国内線にはブラックコーヒーがないです。
が、国際線にはあるということで、飲んでみました。

P1040912.jpg

これは中国国内のインスタントコーヒーまんまの味です。
ANAのコーヒーは美味しかったなあとしみじみ。





大阪までは3時間。
いつの間にか寝ていて。
ものすごい振動で「ガタッ」ときたので、夢の中で「あ、死んだ」と思ったら着陸でした。
あっという間に、関空着です。

P1040913.jpg


日本に帰って来た時はいつもテンション高く、成田や羽田の税関前エスカレーターのところにある「おかえりなさい」の看板でテンションMAXになるのですが、

P1040917.jpg

関空は何もなかった…


_(┐「ε:)_ズコー



ナンデヨ…







帰りの機内食について確認したく深セン航空のカウンターを探したのですが、到着側にはありませんでした。
ANAのカウンターで聞いたら、「親会社の中国国際航空のカスタマーセンターに電話してください」とのこと。

どうなったかは帰りの成田~深セン便レポにて。

スポンサードリンク