明智あれこれ

深センに滞在中
2016年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年06月

マンハッタンテーブル&ふじた@ワシントンホテル朝食ブッフェ、ジランドール@パークハイアット新宿朝食ブッフェ

思えば20歳の頃、初めて行ったロンドンで、これまた初めて味わった「イングリッシュ・ブレックファスト」。

(参考画像)
ダウンロード  こういうプレートに食パンが4枚ついてた。

私の「朝食ドカ喰い」の起源は、まさにここでした。
当時、朝からこんなに食べられないよと思いつつ、残したらいけない日本人魂で全部たいらげてしまい、昼はほんのちょっとの昼食、夜もほんのちょっとの夜食で過ごしたら、なんかとっても体調がいいかも!?と。
家で実践するのはなかなか難しいので、旅の楽しみになりました。



まず1回目の朝食は、ワシントンホテル本館25階の「マンハッタン・テーブル」へ。
こちらは、ワシントンホテルの朝食つきプランを選んだ際の指定朝食会場にされているため、7時を過ぎるとあっという間に入店待ちの行列ができます。
朝食はサッと済ませたい人、7時に行かないと無理です。

P1030845.jpg

P1030846.jpg

P1030847.jpg

P1030848.jpg

P1030844.jpg

P1030849.jpg

ホテルの収容人数に対して、テーブルが少ないのよね。

P1030851.jpg

窓側の席は、この見晴らし。
舛添の飛び降り自殺でも見られるかなと思ってボーっと眺めていたけど、何も起きなかった。

P1030853.jpg

こういう札を入口でくれるから、一人で食べに行っても席を取られる心配がない。
P1030852.jpg

中国のおばちゃんだったら、気にせず座るけどネ(経験者は語る

ゆっくりしたいけど、とてもガヤガヤしていてゆっくりできない、そんな朝食会場です。
お値段はお一人様1620円だったかと。


ちなみに、ここの夜景はこんな感じ。

P1030841.jpg

宿泊者だったら、ウェルカムディナーのコースが3000円ちょっとで食べられます。

P1030836.jpg

P1030837.jpg

P1030839.jpg

P1030838.jpg

P1030840.jpg

P1030843.jpg

日本にいるなあ、という気分になる。




2日目、ワシントンホテル新館1階の「ふじた」。

P1030862.jpg

マンハッタンテーブルよりも品数を減らしたような内容かつ値段は一緒ですが、落ち着いて食べられます。
ブッフェの写真はこれだけ。

P1030866.jpg

昨日の写真と同じようなものを想像してもらえれば十分。

この店の売りは日本庭園らしいのですが、これがその庭園らしい…。

P1030865.jpg

↓公式HPの写真、日本庭園の景色をCG合成してるだろw
img_fujita.jpg
実際は、窓のところに隣のビルがあり、その前を木で覆っている程度。

P1030864.jpg

P1030863.jpg

マンハッタンテーブルよりは長居できますが、する気にならないので、回転は早いと思います。
8時の時点で行列は3人程度。




3日目、日本出発前に食べる最後の朝食ブッフェは、最高のものを希望。
そういうわけで、パークハイアットです。
きちんと化粧もして来ました。
(正直、ワシントンホテルの朝食では眉毛しか書いてなかった)

P1030875.jpg

P1030876.jpg

朝一番で客の入りは2割程度。
欧米人と日本人が半々で、静かな雰囲気。
優雅な気分になれます。

ブッフェの様子をパシャパシャ撮影する気にならなかったので、私が取った内容で想像してください。

P1030877.jpg

P1030878.jpg

P1030882.jpg

P1030880.jpg

よそ様のブログでアップしていた内容よりも、品数は少なく、料金は値上がりしていたように思えます。
お一人様5000円オーバー。

私の想像ですけど、パークハイアットのイメージを守るために、わざとそうしたのかなと。
宿泊客が静かに朝食を食べられるようにと。
そして、ここは3箇所中唯一、中国の銀聯カードが使えました。
3箇所中唯一、中国語を聞かなかった朝食会場なのですがね。

食べ終わったら、ジランドールの隣にある開店前のピークカフェから、しばし景色を堪能。

P1030873.jpg

P1030874.jpg

P1030883.jpg

P1030884.jpg

P1030885.jpg

幸せな朝食を味わって、こういう景色を見ると、また目標に向かって頑張らないと、て思いますね
( `ー´)ノ




★レストラン予約サイト
マンハッタンテーブル/新宿ワシントンホテル 一休予約サイト
パークハイアットホテル内レストラン 一休予約サイト

スポンサードリンク



新宿ワシントンホテル@東京都新宿区

検討中の方のためのホテルメモ。
6月9日~13日宿泊、1泊9000円程度(C-trip)

今回は池袋の格安系ビジネスホテルが軒並み満室だったため、原点に戻って新宿へ。
パークハイアットの朝食バイキングを食べたい!という夢があったので、西新宿のホテル郡の中では、ダントツに安いワシントンホテルへ。

P1030854.jpg

P1030826.jpg





しかしまあ。
飛行機が朝4時半羽田着の深夜便だったので、予約時にアーリーチェックインをお願いしたのですが、「対応できません」と。
日本のホテルで対応不可のところがあるとは思ってもいなかったので、これはけっこうショックでした。
それでも、今回は新宿パークハイアットの朝食バイキングに行きたかったので、やむを得ず。

P1030833.jpg

なんとかお願いしてチェックインさせてもらったのは12時過ぎ。
本当は14時からだそう。



接客は丁寧です。
丁寧すぎて、こちらがうろたえてしまうくらい。
カードキーぐらい投げてよこしても驚かないけどw


本館は改装したばかりなので、とても綺麗です。
ベッドも嫌な感じがせず(ダニが多いとすぐわかるのだ)。

P1030830.jpg

P1030829.jpg

P1030832.jpg

P1030831.jpg

P1030828.jpg


ネット環境も完璧。
と言いたいところですが、1日1-2回、必ず回線切断しましたね。
ホテルでネトゲする人は注意が必要。
速度は速いです。
部屋のWifiは、時間によっては使えたり使えなかったりで。

P1030861.jpg



私は今回の改装工事に防音も期待していたのですが、はっきり言って壁は薄いです。
毎日隣の人のいびきを聞きましたよ。
(今日は隣が女の子なのね、的な)
シングルだからまだいいけど、ツインだったら、両隣の話し声が相当聞こえそう。
修学旅行のような団体も見かけたし、静かに旅をしたい人向けのホテルではないと思います。


廊下の声は特によく聞こえましたね。
ほとんど中国語(笑


1階にファミマがあるので、すごく便利です。
中国人たちは、ここでカップメンを買って朝ごはんにしてそう。
歩いて5分ぐらいのところに、マルエツもあり、食品の買い込みもできました。


ただ、ワシントンホテルは駅から遠いのです。
買い物袋をたくさん持った状態で、お隣パークハイアットの送迎車には乗りたくないし…。
リピートするかと言うと、かなり悩みますね。
深夜便を愛用する以上、お金を払ってでもアーリーチェックインできて、そこそこ駅に近いところがいいし。


やっぱり、安くて便利は池袋周辺になるかなあ。



★宿泊予約サイト
エクスペディア
Hotels.com

スポンサードリンク



HK Expressに乗ってみた&初めての羽田国際線ターミナル

人生初のLCCです。
今回は自費なので、一番安いものを選択したらこうなってしまいました。
色々お勉強になりました。







まず予約時。
公式HPからの申し込み以外だと、預け荷物の手数料が恐ろしくかわってきます。
公式HPで航空券予約時に預け荷物も申し込むと、30キロまでで5,450円。
C-tripなどで予約して、別途預け荷物を頼むと8,780円。
当日空港で申し込むと12,000円。
と、これまたけっこうな金額です(いずれも片道ですよ)。
荷物多い人は、ぶっちゃけ、普通にANAの航空券を予約したほうがいいような?
(ANAは預け荷物2個までOK、1個25キロまでOK)
私は今回、スーツケース1個と決めていたので、とりあえず許容範囲内の値段です。

そうは言っても、折角一番安い航空券を見つけたのに、公式HP予約じゃなかったので、結局は公式から申し込んだほうがトータルでお得でした。


選択したのは、行きは23時半香港発、朝4時半に羽田着。
帰りは、朝6時半羽田発、9時半に香港着。

P1030802.jpg

ターミナルは第2のほうになります。
内地行きのSkyLimoのある建物の2階部分です(分かりにくい)。

P1030890.jpg

P1030800.jpg

P1030799.jpg

P1030803.jpg


夜のこの時間。

P1030808.jpg

ネット規制のない香港で、出発まで2chのネトゲ板三昧。

P1030812.jpg

AM1時半出発のANA&キャセイ深夜便に比べたら、まだまだ起きていられる時間です。

P1030813.jpg

シートは思っていたよりも広い。
(ただ、男性は狭そう)。

P1030814.jpg

P1030815.jpg

周りの乗客は、ザ・中国人。

音楽スピーカーONにしたまま聞いている人がいたり。
赤ちゃんがずっと泣いていたりと、散々でした(せめて後ろに行ってあやしてほしい)。
深夜便なのに、赤ちゃんが真ん中の席で号泣して止まらない(*´з`)
全日空だと、スッチーさんたちが必死に赤ちゃんをなだめている姿を見かけますが、今回はまったく見なかったです。
さすが中国人、自分の仕事以外はやらないよなあ、としみじみ。

なんだか大陸の路線バスに翼が生えただけみたい。
深夜便に乗る人は、耳栓必須。



朝の羽田空港。

P1030821.jpg

国際線利用は初めてなのでテンション上がりますね。
噂には聞いていましたが、トイレのほんと綺麗なこと。
素晴らしい。

P1030822.jpg

24時間空港らしく、24時間開いているレストランもありますが、私は6時まで待って「おぐ羅」でお茶漬けをいただきました。
本店は銀座にある、おでんの美味しいお店です。
おでんも勿論食べられますよ(*'ω'*)

P1030823.jpg

P1030824.jpg

P1030825.jpg

行きのレポート終わり。





帰りは新宿高島屋のバスターミナルから、朝4時発の早朝リムジンバスに乗って羽田へ。

P1030887.jpg

P1030888.jpg

P1030889.jpg


羽田空港国際線ターミナルの出国後のエリアには、なんと24時間開いている素敵なフードコートがあります。

P1030891.jpg

ラーメン代表は、「六厘舎」。

P1030892.jpg

六厘舎が24時間開いているのです!!
すごくない!?


まあ、私のチョイスはこれだけど。
P1030893.jpg

前日に新宿で食べた素晴らしいお寿司には劣るけど、中国では絶対に食べられない素晴らしい生魚の数々。
ご馳走様でした。

ただ、このフードコートは席が少ないです。
5時ぐらいにきたらガラガラでしたが、6時はほぼ満席でした。





後ろ髪を全力で押さえつけられている気がしながらも、いよいよ中国へ帰ります( ノД`)シクシク…

P1030894.jpg

帰りは帰りで、隣のおじさんのイビキがすごくて眠れませんでした。
横に座っている奥さん、なんとかしてよ><
おじさんの顔の上に、濡れタオル置いちゃうぞ★

深夜便に乗らなくても、耳栓必須かも。



10時半に香港空港を出れたのに、帰りの道中も色々あって、家についたのは14時すぎ。
もうどっと疲れたわ。

スポンサードリンク