明智あれこれ

深センに滞在中
2015年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年08月
ARCHIVE ≫ 2015年08月
      

≪ 前月 |  2015年08月  | 翌月 ≫

夜上海@香港マルコポーロホテル

香港のマルコポーロホテルには、ミシュランで星獲得した上海料理のレストランがあります。

P1020003.jpg

贅沢な大人の旅、最高です。

私たちはコースをチョイス。

P1020004.jpg

写っていなくて残念ですが、横にあるXO醤がホタテとガーリックの味付けで、とても美味しかったです。
炒め物やら汁ものやら、何に使っても良さげな。
買って帰ることもできますので、私たちは1瓶ずつ買いました。

もう1品1品が素晴らしかったので、写真を見て感じて考えて。

P1020005.jpg

ひとつひとつ丁寧な味付けで、やっぱり大陸とは違うなあと思ってしまったり。

P1020006.jpg

P1020007.jpg

P1020008.jpg

P1020009.jpg

P1020010.jpg

P1020011.jpg

ミシュランは伊達ではなかった。

予約は必須です。
ホテルの宿泊者であることを予約時に伝えれば、良い席に案内してくれますよ。

スポンサードリンク



サラッと香港観光

日本からの友達を、王道の観光コースで接待してみました。
写真と共に駆け足でどうぞ。


昔の建築物を利用して高級ショッピングエリア&ホテルになっているヘリテージ。

P1010948.jpg

マルコポーロホテルからアフタヌーンティーをしたインターコンチの途中にある、ペニンシュラホテル。

P1010949.jpg

アフタヌーンティー後はアベニューオブスターズを歩く。
スターの手形やらがある海岸沿いの通りです。

P1010962.jpg

P1010965.jpg

香港のスターで知っているのは、ブルース・リーとジャッキーぐらいですよ。
時代劇で顔は知ってそうですけど。

すぐ近くのフェリー乗り場からお隣の島へ渡ります。

P1010960.jpg

下船後にバスで夜景スポットのビクトリアピークのトラムの駅に一度向かったのですが、あまりの人の行列にフェリー乗り場のバス停まで戻ってきてしまいました。
ここはフェリー乗り場のバス停からまっすぐ頂上へ向かうバスに乗ることをお勧めします。

ついたらこの景色。

P1010969.jpg

しかし自分でも笑っちゃうほど興味がない。
夜景の連れが男とか女とか関係なく、歴史に絡んでないからだろうと冷静に分析終了。

ビクトリアピークにはマダムタッソーもあります。
今日一番のハイテンションはこれ。

P1010973.jpg

テラワロス。
しかし、ここの蝋人形、なんだかいちいちちょっと惜しいんですよ。

P1010971.jpg

P1010975.jpg

P1010976.jpg

P1010979.jpg

ロンドンのマダムタッソーはすごく似ていた記憶が…。
気のせいですかねえ。

その日は再びフェリーに乗ってホテルのある側の島へ戻る予定でしたが、なんと船を間違えて遠くの島へ行ってしまいました。
日本のガイドブックはまじでちゃんと調べてから記載しろと小一時間。

翌日は地元のお寺へ。

P1010986.jpg

ここの寺、包青天が祭られていてテンション↑
竹知的香港一番の感動ポイント。

P1010987.jpg

P1010990.jpg

寺近くの乾物ストリートで乾物を買いまくりました。
私は知らなかったのですが、香港の名物だそうですね。
ホタテや海老の乾物は、今、家で大活躍しています。

そごうに行く途中にあった有名な牛乳プリン屋さん。

P1010992.jpg

P1010994.jpg

なんだか懐かしい味。

マルコポーロホテル横の高級ショッピング街。

P1010996.jpg

友達が大好きなヴィトンやらをのぞいてみる。
バーゲン時期ではなかった&円安だったので日本で買うほうが微妙に安い結果に。

夜は夜景バスツアーへ。

P1020022.jpg

P1020026.jpg

P1020032.jpg

P1020033.jpg

P1020035.jpg

P1020036.jpg

このツアーはガイドさんのトークが面白かったです。
あの女は娼婦です!

P1020030.jpg

ほら、今客と交渉してるよ!!
と解説してくれました。

また、有名な占いストリートでは、
「女の子の観光客たちが素敵な王子様といつめぐり合えるか占いに来るが、ここは絶対に当たらない。
地元の人は決して来ないですよ」
と教えてくれました。
ご参考までに。

翌日は雨だったのでディズニー香港へ行く予定をとりやめ、朝からマカオへGO。
カジノが私を呼んでいる。

スポンサードリンク



マルコポーロホテル:香港チムサーチョイ

いつもは一人旅ばかりの私たち。
二人なら豪華ホテルに泊まりたいよね!
ということで、立地・値段を考えて1泊一人13000円程度のマルコポーロにしました。

場所は香港空港からエクスプレスに乗って九龍駅で降り、エクスプレスバスに乗ればすぐです。

P1010998.jpg

いわゆる超一流ホテルに泊まるのは初めてで、ドキドキです。

日本人が多いのでしょう、フロントのスタッフは日本語を話せます。
ちなみに今回の旅は私(中国語)、友達(英語)で普段仕事をしているので、特に困らなくはあります。
香港人は大陸の中国人が好きではないので、私もなるべく英語で話したいんですけど、脳がすっかり中国語なので困ったものです。

P1010999.jpg

P1020001.jpg

エレベーターホールにはリンゴが置いてあって、好きに取ってくださいって。
でも部屋にはナイフもないし、洗ってそのまま丸かじりする中国式でみんな食べてるのかなあ。

P1020002.jpg

P1010945.jpg

お部屋は予約時に色々あつかましいことを書いたのですが(アップグレードして的な何か)、一番安い値段で予約したので15階ではありますが窓の景色は最低ランクです。

P1010946.jpg

お隣のゲートウェイホテルしか見えんw
ま、全ては値段です。

こんな立派な軽食コーナーもありました。

P1010941.jpg

下には冷蔵庫があり、ビールやらジュースやらがびっしり入っています。

P1010942.jpg

P1010943.jpg

P1010947.jpg

当然清潔だし、スーツケースを広げられる場所もあるし、隣の音も聞こえてこないしで、さすが!というのが率直な感想。
携帯のレンタルサービスもあります。

P1020038.jpg

部屋に携帯が置いてあり、ネットもできるし、国際電話も無料でかけ放題です。
外に持って行って使うこともできます。
部屋のWIFIの電波自体も良かったです。

しかし、私が狂喜したのは朝食でした。

P1020039.jpg

美味しい美味しいと噂を聞いていた「カフェ・マルコ」での朝食です。

P1010981.jpg

バイキング形式なのですが、米からパンから麺まで種類がとても多いです。

P1010983.jpg

P1010982.jpg

P1010985.jpg

P1010984.jpg

エッグタルトもありましたよ!
お隣の日本人の年配の女性、美味しい美味しいと2つも食べてました(笑)

私のチョイスはこんな感じ。

P1010980.jpg

このあと2回ぐらいおかわりに行ったっけ。

左のワンタン麺がスープも麺もバッチグーで、毎朝食べてました。
ワンタンも具が大きくてプリプリ。
これ本当にお勧めです。
北京語を話す日本人が珍しいみたいで、麺の兄さんに覚えられました。
(翌日行ったら「よう」とか言われる私w)

サーモンのマリネも、ハムも、例のエッグタルトも美味しかった。
果物も新鮮で。
ヤクルトもあったので3本ぐらい飲んだかなあ。

もしかして高級ホテルの朝食はどこもこんなレベルなのかもしれないけど、人生で一番豪華な朝食でした。
1回二人で7500円程度と安くはないですが、超絶お勧めします。

スポンサードリンク



アフタヌーンティー@インターコンチネンタル香港

最近ずっと仕事、FF11、ちょっとだけ勉強のサイクルなので、すっかりブログを書く時間がありません。
ブログを書いてるぐらいならゲームしたいんですよ!
今どうしてブログを書いているかと言うと、なんと当Asuraサーバーが緊急メンテナンス中なのです。
貴重な週末ゲーム三昧が…メンテナンスは平日にやってくれYO…(´;ω;`)

(来週は上海出張で物理的にゲームができないので、ブログを更新してると思われ)


8月上旬に日本から友達が遊びに来たので、香港&マカオを一緒にまわってきました。
深センも見たいと言ってくれたのですが、この街ウンコしかないからね!
空港で待ち合わせて、インターコンチネンタル香港のアフタヌーンティーへGO

ホテルはチムサーチョイの海辺沿いにあります。

P1010950.jpg

部屋から夜景がバッチリ見えるので、お値段もそれなりの価格だそうです。
1階のカフェからの眺めもこの素晴らしさ。

P1010959.jpg

きっと夜はとても綺麗なんでしょうね。

アフタヌーンティーのメニューはイギリス式と中華式がありました。

P1010952.jpg

飲み物から日本の緑茶を選べたので、最近緑茶ブームの私は迷わずチョイスw
渋みもちょうど良く、のどごしスッキリな緑茶でしたよ。

P1010954.jpg

私たちはスコーンが食べたかったので、イギリス式にしました。
(中華式だとスコーンの代わりにマドレーヌだそうです)

P1010955.jpg

一番下がサンドイッチのようなもの。
真ん中がケーキ類。
上がジャムやクロテッドクリームです。

実は今回来てくれた友達とは、日本から旅立つ前に新宿パークハイアットでもアフタヌーンティーをしています。
イギリスに短期留学していた頃からの友達で、10年来の仲なんですよ。
そういうわけで、「イギリス」がらみには多少敏感な私たち。
今回のアフタヌーンティーは、お味はパークハイアットに及びませんでした。
ケーキは東京のレベルが世界最高(キッパリ)。

P1010956.jpg

スコーンも普通です。
この小麦粉、香り豊かで美味し~♪なんていうラオタ的な感想もなく。

年だから甘いものばっかり食べていられないのもあるよねって言い合う二人。

雰囲気は最高です。
接客も文句ないです。
日本から香港に来た友達が、イギリス式のアフタヌーンティーを雰囲気満点の場所で楽しみたいならいいでしょう。
ロンドンと違ってドレスコードも緩くて楽ですしね。

リクエストがなければ、地元ピープルな私はもう来ないかなあ。

スポンサードリンク



山頭火@香港チムサーチョイ

ラーメン探索は味噌が続いたので、塩ラーメンへ路線変更。
豚骨以外の美味しいラーメンを探せ!の旅です。
山頭火は20年前に塩ラーメンで日本一になった名店なんですよ。

場所はチムサーチョイにあるI-SQUAREの6階です。
わかりやすい。

P1010932.jpg

日本でも久しく行ってなかった山頭火。10年ぶりくらい。
白いスープに梅干しがのっていたような記憶。

ふと隣を見ると、

P1010933.jpg

丸亀製麺。
こっちも是非味わいたいですけど、ここまで来たら山頭火に入るだろうなあ。

P1010934.jpg

ファミレスのような食事見本が。
これ必要なんだろうな。

メニューも豊富です。

P1010936.jpg

ワア、セットメニューがいっぱいある(*‘∀‘)

と思って鮭の丼とラーメンのセットを頼んだら、この4つのうち3つがないと。
消去法でいくら丼とのセットに。
(ラーメン単品も勿論ありますよ)

夏らしくこんなメニューも
P1010935.jpg

美味しそう!

卓上はこんな感じ
P1010937.jpg

このコロッケ告知の裏側に、ゆめぴりかの告知がありました。
日本のお米万歳。

お昼時もあって、けっこう待ちました。
出てきたラーメンはこちら。

P1010938.jpg

メニューを見た時もまさかと思ったけれども、豚骨ベースの塩ラーメン。
あくまでも塩が主役だけど、この豚骨感…。

山頭火の塩ラーメンは、昔から豚骨ベースでしたっけ。
勝手に新宿御苑の「しろはち」のような透明スープを想像していた私が馬鹿だったと…。


変なこだわりがなければラーメンは美味しいし、従業員も良く教育されていて気持ちの良い店です。
ミニサイズもあり、お子様にも優しい。
豚骨はあくまでも塩の引き立て役で、塩がきちんと立ってるしで。

やっぱ塩ラーメン難しいなあ。

スポンサードリンク