明智あれこれ

深センに滞在中
2014年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年09月
ARCHIVE ≫ 2014年09月
      

≪ 前月 |  2014年09月  | 翌月 ≫

山小屋@羅湖駅前と、久々の一風堂@万象城

1つ目。
羅湖駅前にある山小屋という日式ラーメン屋さん。
場所はシャングリラホテルの道路を挟んだ向かい側にある、エスカレーターを上ってすぐ右です。


店内の雰囲気といい、メニューといい、焼肉屋のようです。

P1000859.jpg

麺類はこんな感じ。

P1000860.jpg

初めてなので注文したのは一番オーソドックスな麺。
普通の豚骨です。

P1000861.jpg

値段も覚えてないですが、個性もなにもない普通の豚骨でした。
一風堂には全く及びませんが、羅湖駅でラーメンを食べたくなったときに重宝しそうなので、ぜひ頑張ってほしいです。

P1000858.jpg

ちょっとガラガラすぎて心配…。





で、今のところ不動の深セン・ラーメン王者である一風堂。
新メニューとしてつけ麺が加わりました。

P1000862.jpg

麺がとりわけ美味しいわけではない…。
スープが最高にこだわっているわけではない…。

昔から思っていたのだけど、一風堂でつけ麺だすなら、豚骨スープでいいじゃない。
思いっきり濃いド豚骨。
なんでわざわざ右向け右で魚介出汁の醤油ベースにすんのよ?

久々に来たら水は出され忘れるし(ほかの客もそう)、笑顔がちっともなくなってるしで、どんどん中国化してるし。
私のオアシスだったのに、どんどん変わっていく…。




という愚痴を知り合いにしたら、「ラオタwwwww」と言われました。

スポンサードリンク



夏の思い出

中国の夏。
それは一年で一番臭い季節です。


まず、こちらの男性は夏になると上半身裸の人が多いです。
瀋陽のような田舎町だと、タクシーの運転手さえそうです。
さすがに深センのタクシーでそのようなことはありませんが、通行人レベルは普通に見かけます。

中国ではまだ肌着が定着していません。
だからすっごく汗くさいんですよ。
老若男女問わず。
バスや電車で、うっ…となることが多々あります。
鼻炎持ちの竹知でさえそうなので、普通の健康な鼻の方はさぞきついかと思うのですが。

口臭もかなりです。
若い娘さんでもそうです。
ついでに腋臭もすごい子が多いです。
これは日系企業であるうちの会社でもそうです。



閑話休題。

運動不足というか完全に運動をしていないので、アレルギーの治療効果が人より薄いらしく、この間先生に「やりなさい」と言われてしまいました。
今の家は狭くてとてもダンササイズができるレベルじゃないので、どうしようかと悩み中。
昔からやりたかった乗馬、日本で少しやっていたフラメンコ(靴と練習用のドレスも中国に持参している)を深センか香港でできる場所を探しています。
特に乗馬は全くの初心者なので、最初は日本語で安全知識を教わりたいのですが、やっぱり難しいでしょうか。
ご存知の方、ぜひご一報ください。




FF14の話を少し。
正式サービスが中国でも始まりました。
一番最初の入場パスに39元、プラス65時間ごとに39元払うシステムです。
最後の最後に身分証を入力させる場面があり、パスポートの番号は認識してもらえないので、外国人は今のところ無理ですね。
(39元を払うときは、銀行のカード番号だけでパスできます)
78元返せゴルァ(# ゚Д゚)


日本版も日本版で最近こんなことがありました。
相当昔に掘って以来、各リテイナーに1つずつG5の地図を預けっぱなしにしていました(グラがまだ茶色の瓶だったころ)。
その頃ぼっちだったので、いつかフレとでも一緒にできればと思い(涙、今と変わらん)。

めちゃくちゃ暇なときにG5ツアー募集を見かけ、応募してみるかと思いリテイナーから取り出そうとしました。

リテイナー①
ffxiv_20140908_152019.png


リテイナー②
ffxiv_20140908_152031.png


地図のグラが変わったときにデータが消えた…?

んで、ゲーム内のメニューからサポートセンターにメールしたのですが…


1週間経過。
返事なし。


スクエニ(# ゚Д゚)

スポンサードリンク



漢庭酒店(世貿店):上海

利用検討中の人のためのホテルメモ。
今回は上海出張。
1泊280元ぐらいだったような。


上海の「延安西路」周辺のホテル、かつ300元以下という会社の指定があり、仕方なく漢庭に泊まりました。
漢庭というのは中国系の東横ホテルのようなもので、チェーン店で値段も安く、全国だいたいどこにでもあります。

いやね、全然汚くはないですよ。
ただ、先週東莞出張だったからね?
格差がヒドス。

P1000863.jpg

P1000864.jpg

P1000865.jpg

毎日ペットボトルの水2本をサービスしてくれるのですが、お茶類が何も備え付けられていません。
お湯で飲めというのか…。

ネット回線ですが、Wifiに接続できるのが1日1時間ぐらいしかありません。
仕事にならん。


んで朝食。

P1000866.jpg

バイキングこれだけ。
典型的な中国式。
ちなみに朝食の場所に行くのに、一度建物の外へ行かないといけません。
大雨の日がありましたよ…。

P1000867.jpg

食べられるのを選んで取ったらこれしかないの。
果物のスイカは健在。


安いホテルは部屋が床で、ダニが少なそうで安心ではありますが、ここはネット環境が最悪です。
ビジネスでの宿泊は絶対におすすめしません。
寝るだけなら良い人にはいいかも。
ビジネスパーソンで安く済ませたい方、錦江之星にお泊りになってください。
ネット回線○です。

ホテルの目の前には「オバマ広場」という日本料理屋が集まっている広場があります。
ここの日本料理はレベル高し。
特に3階にある日本人経営のスペイン料理屋は絶品です。
今回3泊の上海出張でしたが、2回も行きましたよ。

上海は食最高。

スポンサードリンク



匯美酒店:東莞常平

利用検討中の人のためのホテルメモ。
カンパニーレートで1泊330元、VIPルームに宿泊。




横に長い長い東莞市、今回は東側の常平で、ここは日本企業が多い地区です。
今回のホテルは、出張先の企業指定のホテルでした。

P1000849.jpg

VIPルームというから思いっきり期待して行ったのですが(東莞だし)

P1000855.jpg

部屋の中にこの変なソファがあっただけ。
それ以外は前回ご紹介の銀城酒店と大差なし。

P1000852.jpg

ま、ソファー分広くはあります。

P1000851.jpg

P1000850.jpg

P1000853.jpg

P1000854.jpg

部屋からの眺め。
16階です。

P1000856.jpg

16階の宿泊客は全部日本人のようでした。
おかげで静かに過ごせます。

朝食は銀城並の豪華バイキング。

P1000857.jpg

豆をトマトで煮たイギリスの朝食で必ずでてくるあの料理があったり、カリカリベーコンがあったり、誰でも満足のメニューが揃っています。
お勧めです。
卵料理が種類豊富で、とっても食べたかったですよ。
アレルギーめ(ノД`)・゜・。

帰りは常平の駅から電車に乗って深センへ帰りましたが、駅前ゴキブリ多くてやばす。
下には気を付けて歩きましょう。
スーツケースに這い上がってきます。

スポンサードリンク