明智あれこれ

深セン駐在を終え、日本で充電中
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ラーメン麺抜き

ど・みそ みそこってりラーメン麺抜き@京橋店

京橋が勤務地だった頃、それはそれは良く通っていた味噌ラーメンの名店「ど・みそ」。
鼻クリニックの近くなんですよね。
そういうわけで、受診日に突撃してきました。



IMG_3676.jpg

場所は、京橋駅を出て5分ぐらいです。
東京駅からなら、10分ぐらいでしょう。



土曜日の13時頃に到着で、待っている人はいませんでした。
丁度ランチタイムの行列がはけた後の様です。

IMG_3679.jpg

券売機の写真はとれなかったのですが、野菜増しがありました。
5年ぶりなのでメニューが以前と同じかまではわかりませんが、相変わらず美味しそうなラインナップでしたよ。
特に、つけ麺が美味しそうで…畜生っ!

IMG_3678.jpg

IMG_3677.jpg

私が頼んだのは、定番の味噌ラーメンでオプションに野菜増し。
食券を頼んだ時、「麺抜き」でと言ったのですが、「はい」としか返されなかったので、聞こえなかったのかな?
とだいぶ心配しました(;^ω^)
ノーリアクションでしたし。

IMG_3680.jpg

どうしよう、どうしよう、普通のラーメンきたらどうしよう。
と思うこと5分。






<お待たせしました~。







IMG_3681.jpg

スープの下にはもやしがいっぱい(≧∇≦)
当たり前の様に作ってくれた!
嬉しい!!



どみそのスープは昔から濃くて、とても飲めないのですが、もやしのみだと麺入りよりも全体が薄まるようで、思っていた以上に食べやすくなりました。
麺入りを食べていた若い頃でさえ、食べ終わるころには濃厚なスープでだいぶ胃が重くなるのですが、麺抜きだとそれがなくなりますね。
なんという素晴らしい糖質制限。

食べ終わったころにはお客さんが少なくなっていたので、少しお話もさせてもらいました。
麺抜きは1か月に1人いるかどうかですが、問題なく対応はしているので、ということでした。
場所柄、外人さんも多いので、グルテンフリー麺もいつか扱ってくれたら嬉しいですね。



何はともあれ、美味しい味噌ラーメンも麺抜きで堪能でき、幸せな週末した。

スポンサードリンク



中華そば田中屋 ねぎそば・麺抜き@神楽坂

今回ほど、麺と一緒に食べたいと思った麺抜きはなかった( ノД`)
東京神楽坂にある「中華そば田中屋」です。
せめてご飯をつければ良かったかなー。





場所は、東西線の神楽坂駅を出てすぐです。
一本裏道に入ります。

IMG_20180625_182815.jpg

周辺の雰囲気がおっしゃれ~。
早稲田~馬場あたりとは1駅しか離れていないのに、なんでこんなに違うのかしらと思いつつ。

外の券売機で食券を買ってから、お店に入ります。

IMG_20180625_182935.jpg


IMG_20180625_182841.jpg

今回は、「ねぎそば」のみ頼みました。
中でも頼めるから頼めば良かったのですが、ここの麺抜きは物足りないので、ご飯必須。

お店の中です。

IMG_20180625_183046.jpg

IMG_20180625_183051.jpg

お客さんがいるので、目の前のカウンターのみぱちり。
唐辛子などの辛み調味料が置いてありますが、味付けしないでそのまま食べるのが一番美味しいと思いました。




そして登場、麺抜きデス。






<お待たせしました~。









IMG_20180625_183226.jpg

ネギを沢山入れてくれたのでしょう。
スープの中には、かなり多めのネギが入っていました。
が、ネギだけだと口当たりが寂しいということを実感してしまった一杯です。

一口すすった感想は、素直に「美味し~~~~~!」の一言に尽きる、深みのある塩スープです。
これは麺が欲しい…。
外人率高い神楽坂なのですから、グルテンフリー麺も取り扱ってくれないかなあと。




次回はせめてご飯を頼んで、おじや風で食べたい。

スポンサードリンク



一風堂 赤丸とんこつ豆腐@高田馬場店

新宿ルミネエストの1/2 IPPUDOが個人的にイマイチでしたので、一風堂の実力はこんなもんじゃないはずと思い、近所の一風堂へ突撃しました。
もやもやはすぐスッキリさせないと気が済まないタイプです。


やってきたのは高田馬場店。

IMG_3643.jpg

実に5年ぶり。
学生時代はしょっちゅう来ていました。
お店へ行ったのは12時半でしたが、すぐに入れましたよ。
時代の流れを感じます。


麺抜き豆腐変更があるかどうか、表のポスターやネットでのMENUだけではわかりませんでしたので、念のため、店員さんに聞いてから入りました。
(やっていなかったら即、店を出るつもりだった)
そしたら、やっているとのこと。

IMG_3633.jpg

このポスターを表に貼っておいてくれれば、軽度の小麦粉アレルギーやセリアック病の方、糖質制限中の方でも気軽に入れるようになるのにね。
…ということをバイト君に伝えたら平謝り。
一風堂は、相変わらず教育がちゃんとしているなあと、変なところで感心しました。


卓上。

IMG_3635.jpg

食べ放題のもやしがある…!

IMG_3636.jpg

高菜と紅ショウガも…!!

IMG_3637.jpg

一風堂はこうでなくっちゃ(゚∀゚)!

ノーマル一風堂は変わっていなかった。
ありがとう、力の源カンパニー!




そんなこんなで、頼んでいた赤丸豆腐がきました。







<お待たせしました~。








IMG_3638.jpg

隣のもやしは、100円トッピングのもやしです。
卓上に食べ放題のもやしがあるのに、何故注文したのか、今となっては全く不明…。
ジロリアン、本当にもやし好きだな。

で、まあ、豆腐よりも麺に形状が近いもやしのほうがそれっぽいので、当然全部入れて食べます。

IMG_3641.jpg

スープは昔から本当に変わりません。
言ってしまうとチェーン店らしく、工場で一括生産だからだそう。
味が変わらないなら、それもいいかなというところ。



それでお会計の時に、表に豆腐のポスター貼ってよ、糖質制限とかの病気ある人でも入りやすくなるから、店長に伝えてねとバイト君に言ったわけですが、馬場店は変わらずポスター貼ってないね。
大企業としてその辺はドーナノヨ?
折角麺抜き・豆腐に変更できるのに、宣伝しないとお客さんはわからないでしょうに、なんて勿体ないんだろう。

スポンサードリンク



瞠(みはる) 二郎風ラーメン・麺抜き@池袋本店・サンシャイン近く

池袋駅前のヤマダ電機付近で、かなりの確率で「サンシャインはどこですか?」と中国人に聞かれるのは何故なんだ。
「サンシャインで待ち合わせ」なんてやめてさしあげて。



そんなこんなで、サンシャイン近くの瞠(みはる)です。

IMG_3625.jpg

もともとここに行くつもりで池袋に来たので、今日も中国人の母娘をサンシャイン地下道入り口まで引率しました( ^ω^)

お店到着は14時半頃。
お客は2人しかおらず、行列覚悟でしたのでラッキーでした。
ここは無化調をうたっているのに二郎風ラーメンをだしている、貴重なお店なのです。

食券機を見ると、つけ麺で売り出しているお店だと良くわかるので、ラーメン麺抜きは申し訳なく…。
食べたいなあと思いつつ、「煮干し二郎ラーメン」をチョイス。
850円に、メンマの追加トッピング(150円)もつけて、ピッタリ1000円です。


食券を渡し、「麺抜きでお願いします」と伝えると、少し驚かれますが作ってもらえます。
厨房から、「前にワンタンメンを麺抜きで作ったぜ」という声も聞こえてきました( ^ω^)
特にグランドメニュー化はしてないのですが、麺抜きを注文するお客さんはちょこちょこいるとの事。

落ち着いたカウンター席のある店内。

IMG_3626.jpg

IMG_3627.jpg

こんな張り紙も。

IMG_3628.jpg

素晴らしい。







そんなこんなで、










<お待たせしました~。








IMG_3629.jpg

分離タイプだ!
ご飯と一緒に食べる人は、こっちのスタイルのほうがいいのかな。
私は全部ぶちこみますw

IMG_3631.jpg

一口飲んだだけで、魚介の濃厚な香りが口いっぱいに広がる、まさに「魚介スープ」。
次はご飯も頼んで、スープにぶちこんで食べたい。

二郎風ということで、ニンニク入れますか?とも聞かれました。

IMG_3630.jpg

即答でYES。
二郎はこれがないとネ。

油そばがめちゃくちゃ美味しそうで食べたくてしょうがないのですが、こればっかりはどうしようもないですね。
いつかグルテンフリー麺を扱ってくれたら嬉しいなあ。

スポンサードリンク



1/2 IPPUDO 香菜担々麺・麺抜き@新宿ルミネエスト7階

一風堂のラーメンを、半分サイズで提供しているこちら。
麺を豆腐に変更することが可能ということで、行ってきました。

IMG_3611.jpg

新宿ルミネエストです。
AFURIとは別の場所のミネなので、お間違いなく。

IMG_3613.jpg

近所の一風堂でも「麺を豆腐に変更」をやっているのでしょうか。

なんで1/2なのかと思っていたのですが、ハーフサイズのラーメンを提供しているから、というのをメニューを見て知りました。

IMG_3614.jpg

お値段は通常サイズの4分の3といったところですが。
普通サイズのラーメンもちゃんとあります。

IMG_3615.jpg

ラーメンの種類は4種。
赤丸、白丸、鶏ソバ、香草担々麺です。
香草担々麺はルミネエスト店限定だとのことで、これを注文しました。
もちろん麺を豆腐に変更するオプションも忘れずに。

野菜不足を感じましたので、+100円でさらにもやしも追加。
一風堂の通常店舗では、卓上に食べ放題のもやしがあるのですが、このお店ではなかったのでね。

IMG_3616.jpg

IMG_3617.jpg

一風堂なのに、卓上がこれだけなのは寂しい限り…。

IMG_3618.jpg

IMG_3619.jpg

もしかして、今は通常店舗でも、もやしや紅ショウガを卓上に置いてないのかな?
近所の一風堂は、メニューに豆腐変更可のオプションが書いてないので、入りにくいんですよね。

そんなことを考えていると、









<お待たせしました~。













IMG_3620.jpg

見た目ものすごく美味しそうですが、担々麺は個人的に蔭山の圧勝。
ゴマの香りと味が弱い気がするのです。
これは、香草好きな人のためのメニューかなあ、と。

IMG_3623.jpg

IMG_3622.jpg

IMG_3624.jpg

一風堂は豚骨を食べるのがいいと思います。
一押しはやはり、赤丸か白丸になりますね。

ハーフサイズなのですが、豆腐にしたり、トッピングにしたりで1000円を超えました。
コストパフォーマンスもちょっと…。
豆腐変更をグランドメニュー化しているのは、評価したいところ。

スポンサードリンク



壱角家@新宿アルタ裏店 ベジタブルラーメン(塩)

一誠を超えるコストパフォーマンスの麺抜きラーメンを発見しました!
「ベジタブルラーメン」として堂々とグランドメニュー化している横浜家系の壱角家です。


支店が多く近所のお店を選べるのもいいですね。
私が行ったのは、新宿アルタ裏のお店です。

IMG_3597.jpg

メニューをチェックすると、ありました!
噂のベジタブルラーメンです。

IMG_3599.jpg

麺がなく、変わりにキャベツの千切りが入っています。
注目すべきは、630円という驚きの値段。
ここよりコストパフォーマンスの高い麺抜きは、果たして存在するのかしら?
会社近くにあったら、毎日通ってしまいそう。

まず地下への階段を下りて、食券機で食券を買います。
驚いたのがコレ。

IMG_3601.jpg

英語はともかく、中国語対応は初めて見ました。
しかしこれが、あとで中国語を見れば良かったと大後悔する事態に発展。


店の中はカウンター多めです。

IMG_3603.jpg

IMG_3602.jpg

卓上はトッピングがいっぱい。

IMG_3604.jpg

IMG_3605.jpg

特に、玉ねぎのみじん切りをラーメンにのっけてもらうのがお勧めらしいです。
個人的に嬉しかったのが、入れ放題の生姜。
ラーメン屋でここまで卓上の野菜系が充実しているのも珍しいですね。
嬉しい。

それで、何気なく卓上を見ていたら、こんなものを発見しました。

IMG_3610-1.jpg

「请根据您的喜好选择」

グーグル先生の翻訳か?
食券機の中国語は大丈夫なのかね?( ^ω^)
襄陽の古隆中で見た日本語を思い出すなあと、一人ぷぷぷと笑っていたら、









<お待たせしました~。







IMG_3609.jpg

ホウレンソウは追加でトッピングしました。
+100円です。
730円でこんなにボリューミーな麺抜き野菜ラーメンが食べられるです!

家系のクリーミーな豚骨に、たっぷりのキャベツともやしが入っています。
これは体にいいのか悪いのか。
スープの種類が塩と醤油があったので、塩を選ぶと、よりグルテンフリーに近くなりますよ。
量もたっぷりで満足度も高い、素敵なベジタブル麺でした。


一誠と言い、さすがグランドメニューに置いてある店は内容も素晴らしい。
ラーメン屋の常識メニューになってほしいものです。

スポンサードリンク



蔭山@高田馬場店 担々麺麺ぬき

どうしても担々麺が食べたくなってしまい、2日連続で行ってしまいました。
蔭山@高田馬場店です。


IMG_3568.jpg

18時ごろに突撃しました。
頭の中は担々麺(でも麺抜き)でいっぱい。


前回と同じように、サラダ大盛りをつけて、食券を渡します。
もちろん「麺抜き」でと伝えて。
今回も、少し厨房がざわつく声が聞こえましたね( ^ω^)




蔭山は、インスタにラーメンの画像をあげてね(うそぴょーん)、と言うだけあって、インスタグランプリの様なものを開催しています。

IMG_3570.jpg

賞の獲得者は鶏白湯の無料券がもらえるようです。
これは上手な商売方法ですね。

IMG_3569.jpg







そんなこんなで、






<お待たせしました~。

IMG_3571.jpg

サラダwwwwww
大盛りすごいwwwwww

IMG_3573.jpg

昨日よりパワーアップしてる…!


そして、私はこれを全部、スープの中にぶちこみました。

IMG_3574.jpg

少しかき混ぜると、スープの中に野菜が浸かります。
この野菜をスープと一緒にいただきます(゚∀゚)
担々麺のゴマの香りと野菜が良く合って、美味しいですヨ。

ゴマ油と酢だったかなあ。

IMG_3572.jpg

途中で入れてください、と言われていたのに、気が付いたら野菜が全部なくなっていました。
それぐらいお箸が止まらないお料理です。

最後はサービスでついているご飯を入れて、雑炊風味でいただきました。
いいね蔭山。
すっかり中華食堂みたいな利用になってしまった。

スポンサードリンク



蔭山@高田馬場店 鶏白湯麺ぬき

自由が丘や恵比寿、表参道に店を構えるナウでお洒落な中華レストラン・蔭山が、高田馬場にラーメン屋をだしています。
6年ぐらいでしょうか。
こんな学生の町に根付くか心配していましたが、杞憂の様でした。
今でもランチ時には行列が絶えません。


そんなナウでお洒落な蔭山だからこそ、きっと意識高い女子向けの「麺抜き」メニューもありそうだなあと勝手に思い込み、突撃してきました。
蔭山@高田馬場店です。

IMG_3555.jpg

結論から言うとなかったので、食券機で鶏白湯とサラダ大盛りを購入しましてね。
店内には先客が3人。
11時に行ったので、行列はできていませんでした。

麺抜きは初めてだったようで、「え?麺抜きですか??」とかなり確認されましたよ。
厨房でも「まじか!?」みたいな会話が繰り広げられているのが聞こえました( ^ω^)
まあ、自家製麺を提供するラーメン屋で麺抜きは後ろめたいのですが、蔭山の麺は完全外注(浅草開化楼)なので、申し訳なさもそんなになかったりします。

開化楼は美味しいグルテンフリー麺の開発および提供に取り組んでくれないかなあ。
観光客が良く来るようなラーメン屋や、成田・羽田の麺屋さんに常備してもらいたいよ。



卓上はこんな感じ。

IMG_3557.jpg

ん、なんだこれ。
5年前あったっけ。

IMG_3558.jpg

IMG_3559.jpg

「写メを撮り、食後に良いことだけを5割増しでSNSに投稿すべし(うそぴょ~ん)」
とのこと。
写真禁止のラーメン屋がある中、この記載は嬉しい配慮です。






<お待たせしました~。






IMG_3563.jpg

キター!
蔭山の鶏白湯!
まさに中華料理のスープを食べている様な旨味凝縮な濃厚スープ。
ウマーーーーーー!!

IMG_3565.jpg

IMG_3564.jpg


スープにサラダをぶっこんだのですが、お腹いっぱいにならなさそうなので、味玉も追加してしまいました。

IMG_3566.jpg

〆用のご飯は、全ての方がもらえます。
この雑炊が最高。

IMG_3567.jpg

ラーメン屋としてではなく、中華料理屋として利用したくなるクオリティ。
さすが蔭山。



次は担々麺の麺抜き&サラダ大盛りを頼みたい。
メニュー全てが美味しそう。
全種類、麺抜きで制覇したいよ。

スポンサードリンク



舎鈴@新宿西口店 味玉つけ肉麺なし

行列が長すぎて周辺住民から苦情が出てしまい、本店が閉店に追い込まれたという歴史がある豚骨つけ麺の名店「六厘舎」。
その大崎本店閉店の日、全国テレビのインタビューに答えていた小太り君は、私のラーメン友達でした。
K君元気かなあ。

さて、舎鈴です。
六厘舎系列のつけ麺屋さんです。
本家六厘舎よりもスープが薄めで食べやすいと聞きました。
あちらはスープがとっても濃くて独特なので、薄めで食べやすいのはいいですね。


舎鈴@新宿西口店です。

IMG_3533.jpg

11時20分頃に訪問で、店内の半分ぐらいの席が空いていました。
表にメニューの見本が置いてあります。

IMG_3534.jpg

IMG_3536.jpg


IMG_3535.jpg

これは外国人にも分かりやすい。
外国の旅行者には、是非とも名店でラーメンを食べてほしいもの。

食券を入り口で買うスタイルです。

IMG_3537.jpg

麺なしがどれかわかりにくいので、店員さんに聞きました。
舎鈴での麺なしは、麺の部分が全て肉になる、「つけ肉」になります。
六厘舎の豚骨でしゃぶしゃぶか!

つけ肉だけだと肉々しいかなあと思って、ホウレン草、ねぎ増し、メンマも。

IMG_3538.jpg

ダイエットにならない麺抜きデス。

卓上はこんな感じ。

IMG_3540.jpg

IMG_3539.jpg

IMG_3541.jpg

懐かしい…。
本当にここ六厘舎系なんだと。



そんなこんなで。







<お待たせしました~。







IMG_3543.jpg

おぉ、六厘舎のつけ麺の器だーーー!!

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 六厘舎!六厘舎!
 ⊂彡  



IMG_3545.jpg

IMG_3544.jpg

早速肉をつけ汁につけてパクッ。
うん、六厘舎よりも薄めであちらよりは健康的だ!
ウマーーーー!!


ジロリアン的な感想を言うと、六厘舎よりもパンチ力が弱まって、普通の人がちょくちょく食べられるレベルに落ち着いた、豚骨つけ麺という感じ。
六厘舎みたいな行列もないし、舎鈴オススメだと思う。

「つけ肉」の気になっていた量ですが、肉も多いが、肉の下に野菜もたっぷり入っていました。

IMG_3546.jpg

なのに、追加トッピングを3種類も頼んだ馬鹿がここに。

IMG_3542.jpg

デブまっしぐら(;^ω^)

さすがにスープ割は固くご遠慮して、席を立ちました。
ご馳走様。

スポンサードリンク



一誠@高田馬場 ちゃーしゅーめん麺抜き

ここでFF11の記事を書いたら、投稿日にアクセス数が跳ね上がったので、自己紹介欄にFF11プロフィールを貼り付けておきました。
FF11パワーすごい。
しかし、まあなんのブログだ(;^ω^)




さて、今日は高田馬場で「麺抜き」をグランドメニューとして提供しているラーメン屋を見つけたので、行ってみました。
駅前にある「一誠」です。
気のいいご夫婦が何十年も高田馬場で暖簾を守っている、豚骨の名店です。
私も中国へ行く前に、何度かお邪魔しました。

なので、「一誠が麺抜きを通常メニューとしてやっている」と聞いたとき、

キタ━(゚∀゚)━(∀゚ )━(゚  )━(  )━(  )━(  ゚)━( ゚∀)━(゚∀゚)━!!

とテンション上がりました!




馬場駅前から歩いて5分ほど。
お店の場所は、大雑把に言うと早稲田通りをはさんで鷹流の反対側です。
路地裏に入ったところにありますので、最初は迷ってしまうかもです。

IMG_3514.jpg

交差点のところに中華料理屋さんがありまして、そこに看板が出ています。
路地に入れば、すぐわかります。

IMG_3516.jpg

メニューがお店の外にもあるんですよ。

IMG_3517.jpg

どれどれ…。

IMG_3518.jpg

麺なしは70円引きな上に野菜増量!
なんて親切な麺抜きなんだろう。


このお店は食券機がなく、直接お店の人に注文を言うタイプです。
ちゃーしゅーめんで麺抜きを注文しました。

IMG_3520.jpg

ワクワクが止まらない(゚∀゚)
18時頃でしたが満席に近くて早大生も多く、永く愛されているなあと嬉しくなったり。

IMG_3519.jpg

居酒屋っぽい利用もできるみたいで、飲みのメニューも充実している珍しいラーメン屋です。
実際にゆっくり飲み食いしている人を見ました。

そんなこんなで、




<お待たせしました~。






IMG_3521.jpg

見ているだけで涎が!!
中にはもやしがいっぱい。


スープは変わらずのクリーミーな豚骨。
豚臭くなくて食べやすいです。
チャーシューは切ってから丁寧にバーナーであぶるタイプで、口の中に香りが広がりますよ。

これだけでお腹いっぱいになるし、麺抜きでさらに安くしてくれる素晴らしいお店です。
コストパフォーマンス最高。
豚骨が食べたくなったら、ここが真っ先にあがるようになるかな。

スポンサードリンク