明智あれこれ

深センに滞在中
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ グルメ(日本)

イグレック@北野ホテル

一時帰国時にはこういう楽しみをいれないと、中国でやっていけんのですよ(^p^)
今回は神戸ですから、北野ホテルでステーキにしてみました。
ほほほ。




北野ホテルはルレ・エ・シャトー加入のホテルです。
ルレ・エ・シャトーとはフランスで作られた会員組織で、厳しい基準を満たしたホテルのみ加入を許されています。
このルレ・エ・シャトー加入ホテルを制覇するのが、私の夢なんですよ。
日本からは北野ホテルのほかに、強羅花壇など。
本当は宿泊できれば良かったのですが、ちょっと不便な場所にあるので、買い物しまくるような一時帰国時には利用できないです。
帰国後に改めて。

さて、ホテルです。

IMG_0183.jpg

三宮駅前から歩いて15分くらい。
朝食消化のためにも歩きました。

ホテルの入り口で用件を聞かれます。
セキュリティが厳しいのはいいですね。

ロビーで5分ほど待たされて、

IMG_0189.jpg

イグレックのお席に通されました。

IMG_0191.jpg

もう1つのレストラン「アッシュ」にしなかったのは、ドレスコードが面倒くさそう&ガッツリ肉が食べたかったから。
リクエストしていたグルテンフリー対応は無理ですと言われてしまいましたが、パンをご飯には変えてくれましたよ。
コースにするとグルテン三昧になりそうだったので、アラカルトからステーキと季節の野菜、ご飯、デザートを頼みました。

IMG_0194.jpg

柚子のカクテルも頼んで、一人ちびちびやっていました。

IMG_0195.jpg

幸せ(*´Д`)

お肉登場です。

IMG_0196.jpg

キタ――(゚∀゚)――!!
見てくださいよ、この美味しそうな肉★肉★肉

IMG_0198.jpg

人民どもに見せつけたいっ。

ソースは3種類。
左から、トマト、…何だったっけ(^p^)

IMG_0197.jpg

まあそんなのはいいのです。
この肉…

IMG_0199.jpg

中国では無理ですからっ!
ふへへへへ(^o^)

折角なのでデザートとコーヒーも。

IMG_0201.jpg

IMG_0200.jpg

幸せすぎて、時よ止まれ、ザ・ワールド!って思っていました。
ジョジョファンは実写化に大反対ですYO

中国人は一切レストランにいなかったと思うのですが、中国の銀行のカードは使えました。
便利です。


最後にホテル内を少しだけうろうろ。

IMG_0203.jpg

IMG_0205.jpg

IMG_0204.jpg

IMG_0206.jpg

IMG_0209.jpg

IMG_0210.jpg


ちょっと足を延ばして、スタバ北野異人館店にも行ったし、

IMG_0214.jpg

IMG_0461.jpg

三宮楽しかったデス。



★予約サイト。一休からならサービス料がかからないのでお勧めです。
ダイニング イグレック/北野ホテル 一休予約サイト

スポンサードリンク



アマンカフェ、アマンレストラン@アマン東京

念願のアマンでお食事です。
カフェは突撃でしたが、グルテンフリー対応はバッチリ、レストランは予約時にアレルギーを告げていたので、もちろん対応バッチリ。
さっすがアマン。
しかも美味しかった!
大好き!!
(泊まったこともないのに、恐ろしいほどのアマンマジック。アフタヌーンティーだけではそこまで感じなかったのですが)



アマン東京の周りは緑が多くて、ちょっとしたオアシスになっています。

P1050544.jpg

P1050546.jpg
アマンカフェです。

P1050547.jpg

夕暮れ時で外観がとてもきれいで、お客も入っていなかったので、外からパシャパシャ写真を撮りまくっていました。

P1050548.jpg

ウェイトレスに見つかって苦笑される、いい年したオバサン ( ^ω^)

店内独り占めです。

P1050551.jpg

アマンカフェでガレットを食べるつもりでしたが、ここのガレットは蕎麦粉に小麦粉を混ぜているそう。
残念無念。
なのでコースにしました。
(7000円くらいだったかな)
予約もしていないのに、グルテンフリー対応可能です。
素晴らしい。

P1050549.jpg

食前酒です。
お酒を拒否してジュースにしました。

P1050552.jpg

AMAN名物の1本1000円とかするジュースです。
濃厚で雑味がないです。
それ以上のことは、もはや私にはわかりません。

パンです。
この米粉パンが美味しくて。

P1050554.jpg

フォーシーズンズでは、米粉パンは東京駅近くにあるパン屋から取り寄せている、ここまでしか教えてくれませんでした。
が、アマンではハッキリ教えてくれましたよ。
アマン東京はパンを焼く設備がない(これは意外ですね)。
なので、外部の厳選したパンを毎日早朝取り寄せている。
米粉パンは「もぐもぐ工房」からと。

ここの米粉パンは日本一です。
もちもちなのにふわっとしていて、噛むと口いっぱいにお米の香りがする。
最高です。
もぐもぐ工房が日本のパン市場を支配してほしい。
心底そう思います。

あんまりにも美味しそうに食べていたのでしょう、「パンをお代わりしますか?」と頻繁に聞かれたので、4枚も食べました
ああまた食べたい、今すぐ食べたい。


P1050553.jpg

P1050555.jpg

P1050556.jpg

P1050557.jpg

P1050558.jpg

P1050559.jpg

P1050560.jpg

お腹いっぱい、満足度いっぱいのディナーでした。





AMAN東京のレストランでのランチは、中国に戻る日の前日に行きました。
これは本当に楽しみにしていて、戻る日の前日はアマンでパーッとやろうと決めていたのです。
予約はバッチリ♪

P1050637_201707161012472d5.jpg

P1050638.jpg

P1050636.jpg

これは笑ってしまった。

P1050639.jpg

中国に戻らないほうがいいかもしれんと ( ^ω^)



P1050635.jpg

今日もジュースからスタートです。

P1050640.jpg

キター!私のもぐもぐ!!

P1050641.jpg

つけあわせのオリーブオイルも、くどくないのに香り豊かで。

P1050642.jpg

P1050643.jpg

P1050644.jpg

P1050645.jpg

P1050646.jpg

もちろん全てグルテンフリーです。

P1050647.jpg

何を食べても文句のつけどころがない。
味もそうですが、場所やスタッフが作り出す空気もプラスしていますね。
アフタヌーンティーのときよりも、満足度が格段に高かったです。

あまりにお腹いっぱいだったので、ロビーでポヨンとしていました。

P1050649.jpg

アマン東京に1ヶ月ぐらい滞在して、朝昼晩、ここでご飯を食べられる人になりたい。
フォーシーズンズと共に、ここも一時帰国時に毎回訪れたいよ。




それにしても写真がひどい ( ̄ω ̄;)
腕が悪くてデジカメも悪いのか。




★一休予約サイト。サービス料がかからないのでお勧めです。
ザ・カフェ/アマン 一休予約サイト
ザ・レストラン/アマン 一休予約サイト


スポンサードリンク



MOTIF@フォーシーズンズ丸の内 ランチブッフェ

紅茶公爵様のブログでべた褒めされていたので、来てみました。
あの方はどこのレストランもオーバーに褒めますが、ここの記事はピンときたのです。
一休のプランで、5,800円。
このプランは、前菜とデザートがブッフェ形式、メインをメニューから選ぶタイプです。



場所は東京駅直結で、雨の日でも安心です。

ホテルの入り口。

P1050610.jpg

1階のエレベーター前に待ち合わせできる場所があります。
ホテルスタッフがここで待機していますので、案内もスムーズ。

今回は窓側を指定しましたので、

P1050612.jpg

この眺めを二人占めです。
鉄子鉄男・垂涎の席に違いない。

メインは以下の6修理から選びます。

FullSizeR2.jpg

私は+1000円の豚、同行者は魚を選びました。
まず、食前酒がでてきます。

IMG_3111.jpg

グルテンフリー対応が可能か聞いたら、米粉パンは用意できるとのこと。
予約時に伝えてなかったので、お料理とかはしょうがない。

P1050614.jpg

この米粉パンが美味しかったので、ホテルで作っているのか聞いたら、外注とのこと。
お店はついぞ教えてくれなかったのですが、東京駅近くのパン屋からだそうです。

季節の野菜です。
泡の下に何が入っているか、わくわくしますね。

IMG_3117.jpg

IMG_3119.jpg

IMG_3116.jpg

で、何だったか思い出せないという…
玉ねぎだっけ?
甘くて美味しかった記憶しか。

前菜のバイキングはこちら。

IMG_3124.jpg

IMG_3125.jpg

IMG_3126.jpg

お野菜は噂通りの新鮮さ。

IMG_3114.jpg

何を食べても本当に美味しかった。

P1050613.jpg

私の携帯は音が出るから、同行者のMちゃんにiphoneで撮影してもらいました。
美しい写真はiphoneによる撮影です。
(デジカメより携帯電話で撮影の方が美しいとは、これ如何に)

メインが来ました。
友人のお魚です。

IMG_3120.jpg

これは私の肉。

P1050616.jpg

柔らかくてジューシー。
友人もお魚美味しい言いながら食べてました。


ここね、もう何を食べても、美味しい、以外の感想がない。



噂の野菜は、本当に新鮮だったし。
中国では食べられないレベルの野菜。



デザートへ行きましょう。

IMG_3121.jpg

IMG_3122.jpg

マドレーヌはトリュフ入りで、大人の味。

IMG_3123.jpg

友人が食べろ食べろというので、食べてみた。

P1050618.jpg

トリュフinマドレーヌ。
酒飲みが好きそうな大人のマドレーヌ。
子供は食べられなさそうな。
美味しいとかそういう感想を超越した、何か不思議な感じのする、トリュフ入りマドレーヌでした。
死ぬ前に1度食べてみるべき。



すごいわ、フォーシーズンズ本当にすごい。

P1050617.jpg

これが東京の実力( ´ー`)y-~~
人民どもには作れまい。





紅茶公爵さんも書かれていますが、「ここのブッフェよりもオススメがったら教えてほしい」。
本当にそう思うぐらい、大大大満足でした!
一時帰国時の際には、絶対にまた来よう。
選べるメニューは、全種類制覇したい。

ご馳走様でした。



★一休予約サイト。こちら経由だとサービス料がかからないのでお勧めです。
MOTIF/フォーシーズンズ丸の内 一休予約サイト

スポンサードリンク



Nino@奈良市 他。奈良市はイタリアンのレベルが高かった件

晩御飯に迷ったので、トリップアドバイザーで1位・2位のお店に行ってみた。
どちらもイタリアン。





1位のNinoは、近鉄奈良駅前にあります。

P1050224.jpg

18時ぐらいに一人で行ったのですが、予約はしたほうが良さげな感じでした。

その場が醸し出す空気が作りだすもの、そういうのがあると思います。
同じ料理でも、場所によって味が変わる。
ここは料理の味+店の空気で、ただでさえ美味しいのに、旨さ倍増だったのです。

P1050225.jpg

P1050228.jpg

P1050229.jpg

カウンターに座っていた常連さんたち。
みんな気さくで盛り上がり、おすそ分けしあって。

サラダ

P1050230.jpg

パスタ

P1050231.jpg

&ピザのコースを注文したのですが、常連さんから卵料理の差し入れがあり、

P1050232.jpg

さらに向こうに座っていた学生さんから、ピザの差し入れがあり、

P1050233.jpg

みんなで食べに来たみたい!
マスターもウェイトレスさんも色々話しかけてくれて、お客さんに楽しんでもらいたい気持ちがすごく伝わりました。
料理も地産地消、新鮮で美味しかったですよ。
グルテン中毒になりそう(^q^)

色々お話もしてくれた常連のおば様、生まれも育ちも奈良だとか。
奈良は京都よりも古い王城の都。
今の皇室に対してどう思っているか、すごく聞きたかったなあ。
(いまだに無条件で、天皇皇后両陛下は良い人たち、と思い込んでる人が多いから、うかつには言えない話題だ)

そして、そのお隣さんの差し入れを食べ過ぎてしまって、自分のピザをキャンセルせざるを得なくなってしまったのですね。
これは完全に私のポカ、徹頭徹尾、私が悪かった。
なので、明日も絶対に来よう!
そう思っていたのです。

そしたら、次の日の月曜日は定休日でアーッ!!!!
店の前で本当に 凹〇 こんなポーズになりかけましたよ。




気を相当取り直して、トリップアドバイザー2位のお店へ。
Ninoから歩いて5分の「mellow」。

P1050383.jpg

P1050377.jpg

P1050378.jpg

P1050379.jpg

人が少なかったのですが、特に店員さんとの会話もなく。

P1050380.jpg

美味しけど、昨日Ninoを知ってしまったので、微妙な感じ。
ちょっとジャンキーな感じがするのはなんでだろう?とか考えながら食べてました。





すっかりNinoの大ファンです。
楽しく食事する、てこういうことなんだなあ、と。
旅の食事の中で、No1の満足感。
食べ損ねたピザどころか、全部食べてみたいよ。

Ninoには世界中の旅行者がやってくるそうで、マスターが持っている世界地図に、どこから来たか書き込んでいるのです。
深センと書いてきたよ(∩´∀`)∩

スポンサードリンク



ブラックアフタヌーンティー@アマン東京

高級ホテルグループのアマンが、東京進出して2年ぐらい?
宿泊客以外でもレストランが利用できるようになったそう&アフタヌーンティーがある!
ということで、一時帰国の時に香港グルメセレブツアー(笑)を一緒に行ったMちゃんと突撃しました。



場所は大手町。
みずほ銀行本店のあるビルとかどうとか。


ビルやフロントフロアの様子は詳しくアップしているブロガーさんが沢山いらっしゃるので、興味があったらそちらを見ていただくとして。

アフタヌーンティーのレストランからは、この景色。
目の前は皇居です。

P1040543.jpg

皇居を見ると美智子雅子を思い出して笑ってしまう。



P1040542.jpg

アマンは黒を基調としているそうですね。
アフタヌーンティーのプレートもこんな感じ。
自然とチョコ多目です。

P1040544.jpg

P1040548.jpg

P1040545.jpg

P1040546.jpg

P1040547.jpg

P1040549.jpg

このスコーンが絶品。
ふんわりしっとり。
甘さほんのり。
今まで食べた中で、一番美味しいスコーンです。
下のアマンカフェで売っていたら、10個ぐらい買って帰りたかったぐらい。
アマンでグルテンフリーのスコーンとかやってくれないかなあ。


アマンの素敵だなと思うところは、それぞれの国の文化に溶け込みつつ、素晴らしいおもてなしをするところだそうです。
色々な方のブログを見るたびに、泊まってみたくなりますね。
そして、中国にはなんと3箇所もあるのです。

アマンサマーパレス北京
https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-summer-palace

杭州
http://luxury-collection.jp/hotel/Amanfayun/

麗江
http://openers.jp/article/921717

杭州と麗江は1泊8万↑ですが、北京は1泊4万程度で泊まれる日もあるそうで(空気が悪いからとみた)。
そうは言っても、北京はあの頤和園の一部を改装してホテルにしたという、素晴らしい立地。
体験者の話し曰く、頤和園の雰囲気を壊さず、まさに西太后の別荘に滞在しているかのようだ、と。
いつか私たちでも宿泊できるといいなあ。




★ブラックアフタヌーンティー予約サイト
ザ・ラウンジ/アマン東京 一休予約サイト
★アマン東京宿泊予約サイト
Hotels.com

スポンサードリンク