明智あれこれ

現在深セン駐在記
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年08月
ARCHIVE ≫ 2017年08月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2017年08月  | 翌月 ≫

幽霊ホテルだとカミングアウトしてみた

前回のこの流れで。


お昼休みに「今回社員旅行で泊まるホテルは、有名なお化けホテルだよ~」と伝えたところ、

まさかの非難轟々(^o^)
私、財務のおばちゃんズから超フルボッコ\(^o^)/
そんな情報いらNEEEEEEE、言うんじゃNEEEEEEEEと、ランチタイムなのに阿鼻叫喚。


中国のおばちゃんなのに、なんでそんな気にするんだよ。

スポンサードリンク



摩拝単車@深センレンタサイクル

大阪行きの社員旅行で利用するホテルは三井ガーデンホテルと発表されて、とても楽しみにしていました。
心斎橋の大丸百貨店の向かい側にあるホテルで、ツインルームはシングルルーム2つの壁をぶちぬいてくっつけた作りになっているのです。
だからツインルームで、お風呂もトイレも2つある、超便利な作り。
かつ、ここの朝食は種類豊富で美味しそうなんですよね。
特に、その場で焼いてくれるホウレンソウ入りオムレツとか。



んが。

今日旅行の説明会があって、さりげなくホテルが変更されていました。
大阪新阪急ホテル。
場所は梅田駅前なので、交通の便は最高かと思います。

ここね…
ヤフーで「大阪新阪急」で検索しようとすると、「大阪新阪急ホテル 幽霊」が検索候補にでてくるんですよ(;^ω^)
なんでも数年前にホテルの部屋で首つり自殺をした人がいるとか。
だから日本人が使わない=安い=中国の団体旅行会社が使う、なのか?(;;;;^ω^)

正直すっごく泊まりたくないわ。
3日目以降はオマエラ放置で、私はシェラトンで優雅に過ごすからねっ!

それで、この幽霊話を奴らにカミングアウトするか、悩ましいんですよ。
うーん、どうしよう\(^o^)/



あと、ご飯を2回ほど梅田周辺でアレンジするので、じもぴーの友達に美味しいお店を聞いたら、鶏料理とかイタリアンとか天下一品とか言われてしまった。
うーん、どうしよう(^p^)






全然関係のない前置きが長くなっていまいました。
レンタサイクルの登録の方法を紹介します。

深センでは、今やいたるところにレンタサイクルが放置状態。

IMG_20170824_080545.jpg

歩道が広い中国ならではですかね。
デポジットを払えば、大体1回1元で使えるものが多いです。

今回は、多数あるレンタル自転車の中でも、自転車数が多いオレンジ自転車の登録方法を紹介します。
このオレンジのレンタサイクルは、外国人でも登録できます。



まず、携帯電話で「摩拝」のアプリをダウンロードします。

91.jpg




アプリを開くと下の画面になります。
左上の人型のマークをクリックします。

92.jpg



この画面になりますので、また左上の顔をクリック。

93.jpg



真ん中の「未认证」をクリック。

94.jpg


実名登録の画面になります。
ここでは中国大陸の身分証がなければ登録できないので、下の赤い文字をクリック。

95.jpg



パスポートが登録できる画面になります。
上からパスポートの名前、パスポート番号、国籍を英語で入力します。
その後、サンプル写真の通りの写真を撮って、登録します。

96.jpg


全て入力を終えたら、一番下の「提交」が赤くなるので、クリック。


下の画面に移動します。

97.jpg


左上の「×」をクリックして画面を閉じます。

3分ぐらいして個人情報画面を開くと、既に実名が「已认证」になっています。

98.jpg


後はデポジットを払えば、使えます。
1か月20元の乗り放題プランや、10回券など、別途目的に合わせてアプリからチケットも購入してください。
最初はお試し5元券とかあったかと思います。


色々な会社のレンタサイクルがありますが、オレンジのレンタサイクルはデポジットの返金申請を出すとすぐ戻ってくるので、その点で安心できお勧めです。
水色と黄緑のレンタサイクルも登録してから返金申請をしましたが、デポジットの返ってくるのが遅いです。
(7営業日以内らしい。現在返金申請をして4日経過。音沙汰なし)。

乗り心地は、正直黄色のレンタサイクル(OFO)が一番かなあ。
オレンジはちょっと車体が重い。黄色は少し軽めですね。
黄色は外国人の登録はできないよと言われたのでやっていないのですが、オレンジの利点はなんでもパンクしないタイヤ?だとか。
自転車数も多いし。
そういう点でも、オレンジは安心ですかね、たぶん。

スポンサードリンク



三正半山酒店 GOOD VIEW HOTEL@東莞

これから泊まる人のためのホテルメモ。
会社契約で1泊400元。




東莞で客先の工場近く、かつグレードの高いホテルということで予約してもらったこちら。
「今回はいいホテルだよ~」
と東莞事務所の同僚が言うので、
「東莞シェラトンきた!?」
と期待していたのですが、まあそんなわけなかった件。




東莞の端っこの池のほとりにある、別荘風のホテルです。

P1050767.jpg

P1050768.jpg

P1050766.jpg


一昔前は、その手の女性を気軽に連れ込めるし、館内で手配もしてくれるようなお宿だったそう。
今は近くの工場へ出張に来たふうな人たちで賑わっています。
大きなプールもありますし、南国風のリゾートホテルをイメージしているのかなあと。

P1050756.jpg

P1050758.jpg

P1050760.jpg

P1050755.jpg



当時、家のクーラーが故障していた時期だったので、ホテルのお部屋はもう天国そのもの。

P1050740.jpg

P1050746.jpg

P1050749.jpg

P1050748.jpg

P1050747.jpg

P1050750.jpg

適度に広くて快適です(*´Д`)

ベッドは枕がふっかふかすぎ。
低反発枕があるかどうか聞けばよかった。

水周りもきれいです。

P1050741.jpg

P1050742.jpg

P1050744.jpg


この時はただ、クーラーのあるところで寝られるのが幸せで、夕飯まで( ˘ω˘)スヤァ



マッサージ棟が別にあります。
南国チックなのが伝わりますかね。

P1050776.jpg

P1050774.jpg

肝心のマッサージは90分の全身マッサージ(200元)しかなく、30分程度のがやりたかったので、今回はお断りしました。
この時点で夜の23時半、眠かったのです。




朝ごはんです。
2階でいただきます。

P1050779.jpg

P1050781.jpg

P1050782.jpg

P1050783.jpg

P1050784.jpg

メインは中華で、ヌードルバー有り、洋食もちょっとあるという、一般的な中国の星4以上のメニューです。
お味はフツーです。

P1050780.jpg

フツーが貴重な国なので、美味しくいただきましたよ。





出張の割には良いホテルに泊まりました。
しかし、ホテルの周りには小さいお店以外何もないので、休暇で来るにはどうなのよ、という感じはします。
中国人はみんな車で来るから、関係ないのかな。

というわけで、東莞シェラトンに泊まれず残念でしたが、そこそこ満足できました。



★予約サイト
エクスペディア
Hotels.com

スポンサードリンク



CHIスパ@深セン福田シャングリラ

飛び込みで街の格安マッサージ屋にはいりました。
出てきたのは薄汚いおじさんで、体の堅い部分にも力いっぱいモミモミ。
おかげで翌日は頭痛がひどいわ、触られた首の後ろにはブツブツができるわで、散々な目にあったんですよ(;^ω^)
中国では、何故か女性客には男性のマッサージ師を、男性客には女性のマッサージ師をあてがう変態的な習慣があります。
私だって、可愛い女の子に優しくモミモミされたいのに、本当に簡便してほしいわ。
そういうわけで、間違いのない高級ホテルのSPAへGO。

P1050946.jpg

P1050948.jpg





CHIスパはシャングリラホテルに入っている、シャングリラの公式SPAです。

P1050955.jpg

小さ目のシャングリラには入っていないことも多く、深センでも羅湖シャングリラにはありません。
お値段は全身だと90分で1200元程度しますが、30分マッサージだと480元(サービス別)です。
街中の8倍ぐらいしますが、値段にあったサービスが受けられます。

ネットの公式から予約したのですが、うんともすんとも返事がなかったので、電話しました。
そういやフフホトのシャングリラにメールした時も返事がありませんでした。
大陸のシャングリラはメール対応ダメダメ。
香港のシャングリラはちゃんと返ってくるんだけどなあ。



受付した後に近くの椅子に座らされます。
ここでお茶かな?と思っていたら、マッサージのメニューの確認後、すぐにお部屋へ通されました。
こちらでまずお茶をいただきます。

P1050964.jpg

何茶か聞くのを忘れてしまったのですが、中国系のはず。




お部屋の様子。

P1050957.jpg

P1050961.jpg

まずはマッサージ前にしっかりシャワーです。

P1050958.jpg

P1050960.jpg

このシャワーが床暖房で感動しました。
アメニティも使わせてもらったのですが、ボディクリームが良かったですよ。


ただトイレがね(;^ω^)

P1050962.jpg

水が流れにくくて。
中国の家で暮らしたことのある人なら、この便器の蓋をあけて、中のレバーをいじくりまわすと水が流れるのは知っていますよね。
それをシャングリラでやりましたYO


まあ、そんなこんなはありましたが、マッサージスタートです。

圧は強めで痛いんだけど、それを伝えても少し手加減する程度。
うーん、大丈夫かな?と思っていたら、
「ほら、だいぶほぐれたでしょう」
と、堅かった背中部分を軟らかくしてくれてビックリ。
マッサージに通っていないので、生まれてはじめて「ほぐれる」を知りました。
素晴らしい。
あっという間に30分終わってしまって。

技術は確かに良かった。
けれど、「この部屋はあと10分まで使えるわよ」と言われたり(つまり10分後までに支度して出ろと)、アフターのお茶が改めて出されることもなし。
60分以上のシグネチャーマッサージでもやったら、違う対応なのかしら?

CHIスパではシャングリラの会員カードが使えます。
ポイントをためたり、ポイントを使ってマッサージができるので、ご提示をお忘れなく。


ジムとプールは別の階なので、見学はできませんでした。
スパの隣にあったヨガスタジオのみパシャリ。

P1050956.jpg

宿泊は…どうでしょう。
ホテルの場所が会展中心なので、シャングリラ1択とはいきませんね。
(リッツ、フォーシーズンズ、少し落ちるがシェラトンもある)

翌日は体が痛くなることが全くなく、技術的には素晴らしいものだったと思います。
深センで確かな技術を求めるなら、CHIスパはオススメです。


スポンサードリンク



軍師連盟(第1部) 2017年製作 監督:張永新

久しぶりにこちらでオススメ時代劇を紹介します。
この「軍師連盟」は、私にとって2017年No1の時代劇でした(もしかして第2部が大コケかも知れないけど、第1部は間違いなく傑作)。
三国志の司馬懿が主人公のお話です。
そもそも三国志モノは蜀がメインになりますから、魏がメイン自体珍しいですね。
魏の朝廷の様子や、曹操の息子たちの跡目争い、魏のあの人の死やこの人の死が詳しく語られていて、三国志ファンなら垂涎の作品になっています。
以下はネタばらしになっているかもですが、三国志ファンなら誰でも知っている流れです。









物語は、司馬懿の息子・司馬昭が誕生するところから始まります。
司馬懿はそもそも次男ですから、家の中では父親の次に長男の立場が高いこともあり、うさんくささも手伝ってあまり家人から信用されません。

Image46.jpg

役者が素晴らしいのか、司馬懿の「他人よりも格段上をいくずる賢さ」感がよくでていて、笑っちゃうシーンも多いです。

Image132.jpg

そんな彼も、曹否がらみでさまざまな事件を解決していき、曹否の側近としての地位を築きます。

Image151.jpg

Image160.jpg

Image69.jpg



曹否と言えば、このドラマでは正妻甄夫人がキーポイントになっています。

Image236.jpg

ドラマでは、曹否の弟の曹植が彼女に一目ぼれし嫁にと切望しますが、兄弟相争うようにするために、二人の父親である曹操が彼女を曹否に押し付けます。
彼女はそんな事情を知らないので、嫁いでからは夫である曹否をたてますが、兄弟争いを見たくない一心で、事あるごとに曹植の命乞いを曹否にするのですね。
曹否は甄夫人を愛していたが、自分の邪魔をする弟ばかりをかばい続ける妻に我慢できなくなり…。
彼女が彼岸へ旅立つ前に息子の曹叡を司馬懿に託すシーンが、このドラマの第1部のクライマックスです。

Image239.jpg

Image314.jpg

涙なくしては見られません( ノД`)





私的に1番の見所は、曹操と荀彧が袂を分かつシーンでしょうか。
大体他の三国志モノでは詳しく描かれないし、曹操がいつの間にか荀彧を嫌い、死を賜る流れが多いと思います。
このドラマでは、そこをちゃんと描いています。
もともと士大夫階級出身の荀彧なので、漢帝に忠誠心がありました。

Image12.jpg

だが、乱世を平定するためには強い武将が必要だったので、曹操を助け続けたのですね。

Image16.jpg

やがて曹操が丞相ではなく魏王を名乗るようになったことに、恐れを感じます。



荀彧「司空では物足りず、丞相でも足りず、魏公でも足りず」

Image20.jpg


荀彧「大王でも足りない」

Image21.jpg


荀彧「我が君は何を望んでおいでか」

Image22.jpg


荀彧「一歩が遥か遠い」

Image23.jpg


曹操「まさに一歩が遠い」

Image31.jpg


曹操「おまえと共に歩んだ20年」

Image32.jpg


曹操「私と共にこの先も歩んでくれぬか」

Image34.jpg

Image35.jpg

Image36.jpg


荀彧「私は共にこの先を歩むことができません…」

Image41.jpg


という2人のシーンがあり、曹操は荀彧に死を賜ります。


三国志の中で一番好きなのが荀彧なので、このシーンでは号泣…
のはずだったのですが、唯一の欠点はこの荀彧役の方。

Image6_20170809220016128.jpg

会社で一番嫌いな営業の長○川そっくり(^ω^ ;
もっと賢そうなオーラを出せる人にやらせてよ(^ω^ ;;;;;;;

たとえば、2007年版の三国志の荀彧。

Image1.jpg

かわいー!プリティー!賢そう~(*´Д`)キャー
こんな荀彧だったら、絶対毎回ここで号泣するのになあ。


このドラマは劇中のCMも面白いです。
これは郭嘉が投資信託の宣伝をしているところ。

Image128.jpg

郭嘉の屋敷にデリバリーでケーキが届くところから始まります(*´Д`)




秋には第2部の公開が始まるそう。
司馬懿の死までやるのか、その先の晋設立までやるのか分かりませんが、蜀ファンには辛い展開になりそうですね。
成都陥落時の姜維の慟哭や、魏の朝廷で最後まで戦った姜維の処刑シーンなど、見たら大泣きしてしまうかもしれません。
この流れで、呉の朝廷ドラマも作られたらいいのになあ、と思います。




オススメ中国時代劇は、別サイトでまとめています。
中国時代劇

スポンサードリンク