明智あれこれ

現在深セン駐在記
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年06月
ARCHIVE ≫ 2017年06月

Evian Spa & ラウンジバー プリヴェ@パレスホテル

深センでSPA巡りを本格的に始める前に、日本でちゃんとしたSPAを体験してみようと思い立ち、
評判の良さそうなパレスホテルのエビアンスパを訪れました。

P1050583.jpg

平日限定のアフタヌーンティー & スパトリートメントプラン、2万3千円です。
パレスホテルでは2種類のアフタヌーンティーがあり、予約時にレストランを選べます。
これだけ見ると、コストパフォーマンス抜群に思えますが、結論は行かなければ良かった。
普通にSPAだけやりに行けば良かった。
かなり不満。

P1050607.jpg





まず、予約時間の30分前に到着し、ゆっくりサウナなどで温まるといいですよとアドバイスをいただいていたのに、到着したのは予約時間15分後。
遅刻に関しては、徹頭徹尾、私が悪いです。
仕方のないことですが、到着してからものすごく急かされたのですね。

「アフタヌーンティーの時間が迫っていますので…」
「レストランが混み合っていますので…」

この2つの台詞、何回言われただろうか。
レストランが混んでいるならしょうがない、と諦めモードでSPAを受けていました。
当然、SPA後にリラックスルームへの案内はなしで。

「すぐ着替えてください」
(アフターのお茶もだされなかった)

と。
まあ、遅刻した私が悪いよね、と渋々着替え、靴を履き(靴べらくださいと言わなければ、持ってきもしなかった)、レストランへ行きました。
SPAの技術なんて知らないよ?
既にそれを味わう気分になっていなかったので。

で、ラウンジバー・プリヴェです。

P1050606.jpg

P1050595.jpg

P1050597.jpg

入った瞬間ポカーン。

P1050596.jpg

席の半分も埋まってない。




レストラン混み合ってないじゃないかYOOOOOOO




(#^ω^)



混み状況を確認して、レストランの予約を後ずれさせてくれても良いのでは。
ここパレスホテルだよね??



案内された席は入り口すぐ横。
見渡すと、アジア系の人しか見える場所にいない。
白人の老夫婦が来て、予約はないけど座れるかい?と。
ウェイター、Sure、ですと。
へー、予約も埋まってないんだ…(#^ω^)
更に見ていたら、老夫婦は奥へ通しているのです。
彼らは皇居が見える席がいいから、と入り口側へ戻ってきましたが。
何だか、入り口側にアジア系を集めて、白人さんたちは奥に通していたロンドン・ブラウンズのアフタヌーンティーを思い出す。
(まさかね…?)

ワタクシ、この時点でもう機嫌最悪だったので、苦手なものありますか?と聞かれ、「チョコレートと小麦粉」と率直に答える。
アフタヌーンティーで小麦粉抜きとか嫌な客だ。
ウェイター、困った顔をしたので、小麦粉はいいですよ、と。



P1050598.jpg

逆光でイマイチ…

P1050599.jpg

P1050600.jpg

P1050601.jpg

P1050602.jpg

このモンブランは美味しいです。
パレスホテルの名物らしい。

P1050604.jpg



塩気のある食べ物は、ケーキ類より食べやすかった。
もうケーキばかりのアフタヌーンティーは卒業かな。
アフタヌーンティーのケーキを食べるより、通常の1品のほうが力が入っていて美味しいしね。


入り口がウェイターたちの待機場になっているのですが、「あそこの客(わたしではない)はすごく写真取ってるな…」とか、
話す声が聞こえるのですよ。
ひー怖いよママン(;´ω`)


食べ終わって1階に行ったら、もう1つのアフタヌーンティーを出す「ザ・パレスラウンジ」は、確かに混んでいました。
空いている席を探せないほど。
予約したアフタヌーンティーがここのレストランのだったら、何も不満はありませんとも。


深センと東京のSPAレベルを比べるつもりできたけど、深センStレジスのSPAのほうが満足度が高いという、なんだそれ的な結果に。
私は割と1回で判断してしまうので、もうよっぽどのことがない限り、パレスホテルには行きそうもない。
宿泊する気も失せてしまった。



★それでも泊まりたい方のための予約サイトリンク
エクスペディア
Hotels.com

スポンサードリンク



メトロポリタン池袋@東京都豊島区池袋

4月下旬に8日間滞在。
C-tripより予約で、1泊920元。

P1050503.jpg




池袋です。
今回は高級ホテルの旅にしたい&ホテルのフィットネスに乗馬マシンがある!
ということでここにしました。
池袋は狭い範囲に色々お店があるので、行動しやすくて好きです。




到着は午後18時。
チェックインはスムーズでした。


部屋を見た瞬間、第1声が「せまっ」。

P1050495.jpg

P1050496.jpg

奈良ホテルから来た上に、ランク的に高級な部類なので、この狭さは超意外。

P1050497.jpg

机もこの狭さ。

P1050498.jpg

P1050506.jpg

コーヒーをこぼしてしまって、掃除が大変でした(;´A`)

P1050501.jpg

お部屋はどこも綺麗で美しいですが。

お風呂場のアメニティ

P1050562.jpg

P1050566.jpg

P1050567.jpg

シャンプー類はPOLAです。

エレベーターはカードキーをかざすタイプではないので、どの階にも自由に出入りできます。

P1050505.jpg

デリヘルとか呼んじゃうアホいるんだろうなあ。

中国人は多いですね。
エレベーターに乗ってて、

(ドアが開く)
中国人「(中国語で)上行きか?」
明智「上だよ」

みたいな会話もちょくちょくあり。
でも朝食のレストラン2箇所とも行ったけど、全然見なかったのは何故だろう。
別会場に放り込んでいるのかな。

「周りに中国人のいない部屋」を、日本のどのホテルでも必ずリクエストしています。
今回も静かでしたよ。
廊下の声も聞こえなかった。


レストランの朝食ブッフェは、1階のクロスダインで。
さすがにどの品も美味しいです。
日本万歳。

P1050569.jpg

値段の割りに品数が充実しているそうで、ここの朝食は有名みたいですね。

P1050572.jpg

P1050573.jpg

色々な方のブログに取り上げられていました。
皆さんが取り上げているケーキ類は、今回はありませんでした。
見たらきっと、小麦粉も何のそので食べちゃうんだろうな。

ただ、こちらは、何から何まで全然グルテンフリー対応していないので、2日目からは2階の和食系「旬香」のほうへ行きました。
和食はもともと、小麦粉入りの料理が醤油を除けばそんなに多くないので。

P1050631.jpg

P1050628.jpg

明太子盛り放題が最高です。

P1050630.jpg

どちらのレストランも、お持ち帰り用のコーヒーカップが用意してあり、部屋でゆっくり新聞を読めるのもいいです。





フィットネスにも1回だけですが、行きましたよ。

P1050619.jpg

人生初のフィットネスクラブ。
ホテルの宿泊者だけでなく、ジェクサー会員も利用可能なので、かなり混んでいました。
なんだかゆっくりできないので、もういいかな…、と。

P1050574.jpg

チェックアウトもスムーズ。
空港行きのバスがホテルから出てるので、空港利用者には本当に便利なホテルですね。
ただ、もうちょっと部屋が広かったらいいのに。
特に机が小さすぎるので、ビジネスパーソンには辛いでしょう。
そうそう、回線はバッチリでした(^q^)





東京のホテル難しい。
ここはレストランが良かったけど、部屋だけだったらスタープラザだな、と思ってしまう。
私はどちらも満たされたいのだが。



★予約サイト
エクスペディア
Hotels.com

スポンサードリンク



Nino@奈良市 他。奈良市はイタリアンのレベルが高かった件

晩御飯に迷ったので、トリップアドバイザーで1位・2位のお店に行ってみた。
どちらもイタリアン。





1位のNinoは、近鉄奈良駅前にあります。

P1050224.jpg

18時ぐらいに一人で行ったのですが、予約はしたほうが良さげな感じでした。

その場が醸し出す空気が作りだすもの、そういうのがあると思います。
同じ料理でも、場所によって味が変わる。
ここは料理の味+店の空気で、ただでさえ美味しいのに、旨さ倍増だったのです。

P1050225.jpg

P1050228.jpg

P1050229.jpg

カウンターに座っていた常連さんたち。
みんな気さくで盛り上がり、おすそ分けしあって。

サラダ

P1050230.jpg

パスタ

P1050231.jpg

&ピザのコースを注文したのですが、常連さんから卵料理の差し入れがあり、

P1050232.jpg

さらに向こうに座っていた学生さんから、ピザの差し入れがあり、

P1050233.jpg

みんなで食べに来たみたい!
マスターもウェイトレスさんも色々話しかけてくれて、お客さんに楽しんでもらいたい気持ちがすごく伝わりました。
料理も地産地消、新鮮で美味しかったですよ。
グルテン中毒になりそう(^q^)

色々お話もしてくれた常連のおば様、生まれも育ちも奈良だとか。
奈良は京都よりも古い王城の都。
今の皇室に対してどう思っているか、すごく聞きたかったなあ。
(いまだに無条件で、天皇皇后両陛下は良い人たち、と思い込んでる人が多いから、うかつには言えない話題だ)

そして、そのお隣さんの差し入れを食べ過ぎてしまって、自分のピザをキャンセルせざるを得なくなってしまったのですね。
これは完全に私のポカ、徹頭徹尾、私が悪かった。
なので、明日も絶対に来よう!
そう思っていたのです。

そしたら、次の日の月曜日は定休日でアーッ!!!!
店の前で本当に 凹〇 こんなポーズになりかけましたよ。




気を相当取り直して、トリップアドバイザー2位のお店へ。
Ninoから歩いて5分の「mellow」。

P1050383.jpg

P1050377.jpg

P1050378.jpg

P1050379.jpg

人が少なかったのですが、特に店員さんとの会話もなく。

P1050380.jpg

美味しけど、昨日Ninoを知ってしまったので、微妙な感じ。
ちょっとジャンキーな感じがするのはなんでだろう?とか考えながら食べてました。





すっかりNinoの大ファンです。
楽しく食事する、てこういうことなんだなあ、と。
旅の食事の中で、No1の満足感。
食べ損ねたピザどころか、全部食べてみたいよ。

Ninoには世界中の旅行者がやってくるそうで、マスターが持っている世界地図に、どこから来たか書き込んでいるのです。
深センと書いてきたよ(∩´∀`)∩

スポンサードリンク



奈良ホテル@奈良県奈良市

ブログのペンネームを竹知改め明智にします。
ちょこっとやっている別のことで使っていたペンネームが「明智」だったのですが、ブログとリンクさせることにしました。
ちょっと騒がしいブログになるやも。


さて。


奈良ホテル。
4月の日曜~火曜宿泊。
関西の迎賓館と言われる由緒正しいクラシックホテルです。
私はこういう歴史を感じさせる建物が大大大好きです。
(パークハイアット新宿よりも、武家屋敷にくらくらする感じ)
当時、1日3組限定で1泊13,000円という奇跡の値段で泊まれました。

P1050319.jpg

皇室ご用達のホテルだそう。








P1050315.jpg

P1050270.jpg

P1050267.jpg

P1050423.jpg

P1050265.jpg

部屋は本館2階の角部屋です。

P1050235.jpg

P1050236.jpg

ミッチーズの誰かが寝たかもしれないベッドで寝るのかと思うと、オエ…。

P1050251.jpg

P1050242.jpg

P1050244.jpg

P1050245.jpg

P1050246.jpg

アメニティはこちら。

P1050248.jpg

資生堂とのコラボ商品のようです。

P1050249.jpg

日本のホテルは、日本の化粧品メーカーとコラボしてほしいと思っていました。
奈良ホテルも資生堂もGOOD JOBです。
使い心地も良かったですよ。


ロビーの談話室に戻って。

P1050267_2017062320400646b.jpg

P1050266.jpg

こちらのピアノは、アインシュタインが弾いたそうです。

P1050268.jpg

P1050283.jpg

歴女感動 ・*:.。..。.:*・゜(n´∀`)η゚・*:.。. .。.:*



お楽しみの朝食はこちら。
2泊したので、メインダイニング三笠で、朝ごはんを2回食べられました。

P1050272.jpg

P1050312.jpg

1泊目は洋食。

P1050273.jpg

P1050274.jpg

グルテンは気にせずフレンチトースト。

P1050275.jpg

ベーコンと言ったのにハムが来たから、ベーコンも持ってきてもらって両方いただきました (^q^)

P1050276.jpg

P1050277.jpg

それはそれは上品な朝食だったような気がします。
ここはとにかく雰囲気がすごくいいですね。
明治時代の華族になったような気分。


2泊目は名物の茶粥朝食。

P1050413.jpg

P1050415.jpg

P1050416.jpg

P1050417.jpg

P1050418.jpg

正直味がどうだったかは覚えていないのですが、中国でたまった汚れをだいぶ落としてもらった朝食でした。
ご馳走様でした。




奈良ホテルで一番感動したのは、カフェでした。

P1050316.jpg

帰る前日の夜に来たのですが、入った瞬間に「うわあ」と声がでました。

P1050391.jpg

P1050399.jpg

夜桜がとても綺麗で感動したのですが、写真…(-_-;)

P1050400.jpg

きれいに撮れないのが悔しい。
また、ここのカフェのケーキも甘さ控えめな美味しさで、3つも4つも食べられそうな勢いでした。
もっと食べてくれば良かった><

P1050393.jpg

P1050396.jpg

2日連続で行けば良かった。
大後悔。
本当に心底。



部屋の回線は安定していましたよ。

P1050258.jpg

奈良ホテルでFF11にログインするのは、後にも先にも私ぐらいに違いない。


ホテルマンもみんな丁寧で良かった。
朝は好きな新聞を部屋のドアノブにかけてくれるサービスがあります。
(ただし、リクエストをしないと日本人の場合は日経新聞になる模様)


館内ツアーは少々物足りない。

P1050286.jpg

P1050301.jpg

ツアー客が女性だったからでしょう、GHQが染めた欄干の説明とか省かないでほしいな。

P1050311.jpg

案内「皇室の…(を何回も言う)」
明智「インペリアルスイートを見せてください」
案内「今日はちょっと…」

見せてくれる日はあるのかしらん。


天井がすごく高いのですが、天井裏も人が立って歩けるほど高いそうです。
当時、偉い人が指をならすと、天井裏から黒ずくめのお庭番衆がシュッと降りてきたに違いない。





立地や周辺環境は、断然スーパーホテルの方が良いですが、ここは何と言っても素敵なクラシックホテルで、ゆったりホテルライフを楽しめる場所です。
次奈良に旅行に来る機会があったら、どちらに泊まるか狂おしいほど悩みそう。

奈良は、あまり知られていないようですが、良い雰囲気の温泉旅館も県内に多いようです。
是非行ってみたいものだ。



★ホテル予約サイト
エクスペディア
Hotels.com
★メインダイニングである三笠は、宿泊者以外でも食事が取れます。
メインダイニングルーム 三笠/奈良ホテル 一休予約サイト

スポンサードリンク



俺の怒りが有頂天 その後 Part3

空調のない3度目の週末。
会社が恋しい奇跡のような3度目の週末。



大家に連絡を取ったら、「両親が病気で帰省してて時間がない」だってさ。
通販で買うなり、代理人を立てるなり、方法はいくらでもあるだろうが。
ついこの間、家賃更新で200元もアップしておいて、なんだそれ。
「お前の両親の病気とクーラーは関係ネーヨ」と、思わず喧嘩を売る。
夏場にクーラーなしで3週間経過したんだよ?

対応の普通な大家の部屋で暮らしたい…
そう思って同僚に愚痴ったら、
「中国の大家はみんなそんなもん。絶対に引っ越すな」だってさ。


日本はなんて素晴らしい国なんだろう。

スポンサードリンク