明智あれこれ

深センに滞在中
2015年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年11月
ARCHIVE ≫ 2015年11月
      

≪ 前月 |  2015年11月  | 翌月 ≫

マロウドイン赤坂:東京港区赤坂

宿泊検討中の人のためのホテルメモ。
10月中旬に会社の社員旅行で宿泊。




お部屋は狭いです。
日本の普通のビジネスホテル。

P1020906.jpg

もちろん清潔ですけどね。

P1020907.jpg

P1020908.jpg



部屋の無線は激弱。
有線じゃないと仕事にならないと思う。

P1020909.jpg


朝食付きだったので、毎朝バイキングを食べられました。

P1020904.jpg

なかなか豪華でしたよ。
中国人のおばちゃんが中国語で「この牛乳あっためてよ!」と日本人的にはすごい剣幕でウェイターに詰め寄っていました。
とても気の毒だったので通訳しました。
他に暖かい飲み物あるんだし、なかったら他ので、という選択肢がないのが中国人らしい(なんでも自分中心)。

このホテルは中国人団体客を受け入れているようなところなので、中国人が大変多いです。
日本人客のほうが少ないかなあと。

これから宿泊を検討している日本人の皆さん、必ずフロントに「中国人のいないフロアで」と言いましょう。
壁が薄いのか中国人の声が大きすぎるのか不明ですが、両隣から夜中の12時までずーーーーっと中国語が聞こえてきましたよ。
右隣は間違いなく同僚ですが、左隣は誰よ…w


お前ら、うるSEEEEEEEEEEEEE!

と間違いなく思います。


日本のホテルらしくスタッフはちゃんとしているし、朝食は美味しかったけど、中国人はとってもとっても多い。
予約時に絶対に忘れないでください。
「中国人のいないフロアにしてください」と。
絶対に、絶対に、絶対に、忘れないで。


京都・新撰組の旅

京都はどっぷり新撰組の旅。
私は昔から沖田総司派。
(薩長?坂本龍馬?全然興味ないです)


京都について最初に行ったのが、西本願寺。
京都駅から歩いて15分くらい。
(グーグルマップのアプリを開きながら歩くと便利ですよ)

ここは新撰組の屯所があった場所です。

P1020330.jpg

P1020337.jpg

P1020333.jpg

この広い境内で、隊士たちが稽古つけていたりしたのかなあと。

P1020335.jpg

屯所だったのはこちらの黒い建物。
中を見たいですが、残念ながら非公開。

P1020336.jpg

本堂の縁側で、隊士たちを思いながらこの広い境内を見ながらノンビリしてみてください。

P1020338.jpg

超気持ちいいですよ。



日をまたいで、前川邸、八木邸、壬生寺、光縁寺、池田屋のコースです。
(もう1か月前の旅行なので、降りたバス停とかは覚えてないです。ゴメンネ)
池田屋以外は近いので、観光しやすいですよ。

まずは前川邸へ。

P1020455.jpg

こちらも屯所だった時期があります。

P1020456.jpg

P1020457.jpg

そのころに山南敬介が切腹させられています。
司馬遼太郎の「燃えよ剣」を読んだ人なら、山南が切腹前夜に遊女明里に別れを告げた格子窓はどこかしらと考えますよね。

P1020458.jpg

残念ながら邸宅内部は非公開で、土曜日祝祭日だけ新撰組グッズを売る商店と化しています。
八木邸みたいに公開すれば、新撰組ファンから集金できてぼろ儲けなのになあ。
入館料が5000円でも、私は払うよ。


お次はほぼ隣の八木邸。

P1020459.jpg

P1020460_201511071305386d1.jpg

P1020461.jpg

こちらは中を見学できます。
新撰組初代局長の芹沢鴨が妾と寝ているときに、近藤・土方達に討たれた屋敷です。
解説員の方がいて、当時の状況など教えてくれます。面白いです。
内部は写真不可なので撮れませんでしたが、柱に残っている当時の刀傷も見られますよ。
歴女感動もの。

土曜日と言うこともあって見学者で賑やかだったのですが、みんな明らかに私よりも若い子ばかりでした。
「ここで芹沢が鬼の薬飲むんだっけ」と薄桜鬼(一部で大ヒットした新撰組のアニメ)の話をしている子たちも。
あ~そうそう、芹沢がハイパーモードになるんだよネ(*´з`).


そんな、なんとも言えない気持ちを抱えて壬生寺へGO
八木邸の裏のほうです。

P1020465.jpg

P1020466.jpg

P1020467.jpg

新撰組は「壬生の狼」と言われた集団ですから、壬生寺は間違いなく新撰組ファンの聖地。
と予想していた割りに、境内は人気がなく。
さっきの娘達はどこ行ったんだろう?
と思っていたら、近藤勇の胸像&隊士のお墓がある区画は有料で、みんなそこにいました(笑)

P1020477.jpg

コスプレ参拝者…w

P1020474.jpg

壬生寺の絵馬が…w

P1020476.jpg

カオスwwww

P1020475.jpg

こんなん初めて見たわwwwwww
BASARA全盛期の真田神社だってこんなんなかったのにwwwwww

なんだろう、司馬遼太郎の「燃えよ剣」、「新撰組血風録」を読んで新撰組が好きになり、今ここにいます、っていう人どれぐらいいるのかなあと。
ちょっと自分がいたたまれなくなりますw



壬生寺から5分ぐらいのところにある光縁寺にも、隊士のお墓があります。

P1020482.jpg

しかも前川邸で切腹した山南のお墓です。
普通の墓地の中にひっそりとたたずんでいる、本物のお墓です。

P1020484.jpg

P1020486.jpg

こちらは無料にも関わらず、私以外、誰にも会いませんでした。
お寺の住職さんも、私が今日来た一人目だとのことです(もう夕方)。

住職さん、新撰組のことから、最近の新撰組を演じた役者さんの話まで、話す話す。
八木邸が脱税で新聞に載ったときのことや、あのときマルサがどれぐらいすごかったかまで、全然話が止まらなかったですね。

1つ寺に代々伝わる話を教えてくれまして、
《山南敬介のお墓の隣に、「沖田縁者の墓」がある。このお墓は、山南が切腹した後、沖田総司が面倒を見ていた山南に縁のある女性のお墓である。女性は数ヵ月後に死亡し、沖田がこの寺に葬った。沖田は女性の名を寺に伝えなかった。沖田と女性はそれぞれの戒名からみて夫婦の関係だったようだ。》
これ個人的にものすごい大発見。

P1020485.jpg
これがその女性のお墓です。

想像ですが、
沖田が兄のように慕っていた山南が亡くなったので、山南が妹か養女のように可愛がっていた女性のめんどうを沖田がこっそり見ていた。
二人は夫婦になることを約束するような間柄になったが、女性が若くして病死(結核?)。
身寄りのいない女性のために、女性も慕っていた山南のお墓の隣に埋めてもらう。
後に沖田も結核を発症して病死。

というのはどうでしょう。

女性の戒名が、写真が悪くて読めない( ノД`)シクシク…
沖田の戒名はこれです「賢光院仁誉明道居士」
戒名のことはわかりませんが、なんとなく似てるんですかね?

他に観光客がいないのもあって、鐘を鳴らしてくれたり、寺の物を色々見せてくれたり、すごく良くしてもらいました。
ありがとう、ご住職。


さあ、〆は池田屋です。
池田屋事件の池田屋です!YEAH!!

P1020560.jpg

P1020557.jpg

跡地が「池田屋」という居酒屋になっているのは知っていたので、外観を撮ってご飯でも食べようかなあと思っていたのですが、

P1020558.jpg

うん、ご飯はいいかな…w
ご馳走様でした。



薄桜鬼パワーすごいですね。
ビックリ。

大阪観光・幸村の旅

大河にのっているわけでも、ゲームやアニメにのっているわけでもありません。
子供のころから幸村好きなんです、ホント。

初の大阪観光ということで、絶対行こうと思っていた大阪城・真田丸の跡地・幸村終焉の地。
この三ヶ所を感動の涙と共にめぐってきました(´;ω;`)



一箇所目。
幸村終焉の地、安居神社。
住宅街の中をテクテク歩くこと10分。
静かな場所にひっそりと建っています。

P1020366.jpg

P1020368.jpg

P1020373.jpg

P1020371.jpg

。* ゚ + 。・゚・。* ゚ + 。・゚・。* ゚ + 。・゚・(ノД`)ブワッ

P1020370.jpg

P1020369.jpg

400年前、ここで幸村が死んだんだよなあ、と。

P1020374.jpg

幸村がここで家康を討ち取れていたら、日本の首都は大阪だったはず。

P1020367.jpg

観光客はまばらで、静かにお参りできます。
感動。




2箇所目は、ここから電車に乗って30分程度の真田丸跡地の神社です。
ここは駅降りたところから神社までの商店街に、延々と赤い六問銭の旗と真田十勇士の説明パネルが建っていました。
真田十勇士は架空の人物なのですが、大河では大活躍するつもりなのかしらん。
(幸村の正妻の件といい、フィクション要素強そうですね)

こちらも住宅街の中にありました。

P1020378.jpg

安居神社で見かけた真田歴男らしき人にバッタリ。
向こうも同じこと思ってるんだろうな…w

P1020379.jpg

ここは真田丸の跡地と言われているそうです。

P1020382.jpg

この抜け穴を通って、幸村達が出陣したのかもしれませんね。

P1020383.jpg

P1020380.jpg

ここは、大河便乗根性が強いかなあ。
大河が終わっても幸村を大事にしておくれ。

P1020381.jpg

長野県上田市の真田巡りと違って、大阪の真田巡りは切ない。





大阪城へ行く前に、駅前に美味しいうどん屋さんがあると聞いて行ってきました。

P1020376.jpg

開店15分前についたのですが、地元の人が行列を作っていました。
これは期待大でしょ。

P1020377.jpg

すっごい太麺のうどんです。
もっちもちでしっかりしてて、上にのっているわけわからない大きさの空揚げも、ジューシーで食べ応えあります。
ずっと日本で食べたいと思っていた卵かけごはんも、ここで味わえました。

これぞニッポンの味。
美味しかった、ご馳走様でした。
また食べたい今すぐ食べたい。





大阪城はですね、大阪城公園駅だかで降りたのですが、ここから天守閣まで遠いですね。

P1020384.jpg

最寄駅はまず間違いなく大阪城公園じゃないですね。

P1020391.jpg

P1020399.jpg

それにしても中国人多すぎ。
折角中国での穢れを浄化する12日間なのに、あちこちで中国語が聞こえてきてイラッ

P1020407.jpg

P1020409.jpg

ちゃんと天守閣にも登れます。

P1020405.jpg

この眺めを、秀頼や淀殿も見たんだろうなあ~。
(幸村はどうだろう。)


これで終われば万々歳、感無量の旅だったのですが、なんと大阪城でパスモを落としまして未だ見つからず。
カードケースの中には、深圳の交通カード、香港の交通カードも入っていました。
中国人に拾われて持っていかれたに違いない(-_-)



翌日は京都の法然寺へ。

P1020417.jpg

ここは幸村のお墓がありますが、非公開です。

P1020418.jpg

P1020420.jpg

お寺の方に頼み込もうと思ったのですが人影もなく、そういう考えの真田歴女は多そうだなと思い、お墓参りは断念しました。
(この先にお墓がありそうだな、という道は「関係者以外立ち入り禁止」になっていました。)

P1020424.jpg

高野山にも分骨されているそうですから、そちらでもできますしね。



次回帰国時は高野山&九度山の旅がしたいですね。
大河は配役が気に入らないけど、少しだけ期待していますよと。

アーバンホテル京都:京都市

これから泊まる人のためのホテルメモ。
アーバンホテル京都。
(アゴダで6,500円程度だったような。朝食別)

P1020774.jpg


京都観光する人は京都駅周辺での宿泊が便利です。
ここはちょっと離れているからお安いのだと思います(快速止まらんし)。
団体客も利用するようですね。
良くバスが止まっています。
駅から10分ぐらい歩くので、ご年配の方には辛そうです。
バス停は近くにありますが1時間に1本とかなので、交通の便は良いとは言えず。



さて、お部屋です。
池袋のスタープラザから来たので、第一印象は「狭い」です。

P1020317.jpg

スーツケースはなんとか広げられますが、通行不能になります。

P1020318.jpg

お部屋自体はリフォームを終えたばかりとのことで、大変きれい。

P1020320.jpg

まあ、中国に比べたら、日本のどのホテルだって美しくて輝かんばかりなんですけども。


P1020322.jpg

有線・無線ともに回線はこちらも快適。
ただし、部屋のキーをドアの横に差し込んでいないと電気が全て落ちるタイプで、ネットも例外ではありませんでした。
ちょっとFF中に外出してコンビニでコーヒー&おやつ、戻ってきたら回線落ちが何度か\(^o^)/

スタープラザ池袋ではそんなこと全然なかったので、やっぱりあっちはオンラインゲーマーに優しい良いホテルだったなあと…w
(外出がてらに寝バザし放題だった)

こちらのホテルでも予約時に「中国人が近くにいない部屋で」とお願いしていたので、なんと両隣のいない、ちょっと奥まった角部屋にしてもらえました。
ラッキーでしたが、通路の話し声はめっちゃ聞こえたので、両隣が中国人だったらうるさいかもしれません。

洗濯機はちゃんとホテル内にありましたよ。
朝刊サービスもあります(しかし種類が…。産経なし)。

P1020321.jpg

朝食はついていないので、ホテル併設レストランのおばんざいバイキングへ。1200円です。
なんだろう、普通に美味しかったけど、毎日利用するなら800円ぐらいかな。

P1020362.jpg

2日目以降は利用しませんでした。
すぐ目の前にファミマがあるので、おにぎり、ファミチキ、サラダ、コーヒーを買えば立派な朝ごはん。

P1020772.jpg
これは併設レストランの夕ご飯。しゃぶしゃぶ。


京都駅周辺は美味しいラーメン屋もあるし、駅ビルも最高。
拠点にするなら、全てのバスの始発点になるし、やっぱり京都駅周辺のホテルがいいと思う。
大きな不満はないけど、これと言って良かった点もなく。
(スリッパがビニールタイプのスリッパしかなく、ちょっと気持ち悪かった。ぐらいかな。
使い捨ての紙スリッパを置いてくれればいいのにと。)

そんなホテルです。


ホテルスタープラザ池袋:東池袋

宿泊検討中の人のためのホテルメモ。
東池袋のホテルスタープラザです。
(アゴダ予約で1泊6,500円程度)

P1020272.jpg



東京は中国人観光客によるホテル高騰が問題になっているようですが、小さめのホテルを狙えばまだまだ格安で泊まれるようです。
そうは言ってもホームタウン新宿では見つけられなかったので、池袋にしてみました。
これが大正解。

部屋。広いです。

P1020273.jpg

スーツケースを楽々広げられるます。

P1020276.jpg

P1020279.jpg

P1020277.jpg

P1020278.jpg


部屋のスリッパも、使い捨ての紙スリッパを毎日置いてくれていて、助かりました。
温泉旅館は平気なのに、ビジネスホテルのビニールスリッパは気持ち悪くて駄目なんで。

部屋には化粧台と仕事用の机が別々に置いてあります。素晴らしい。

P1020274.jpg

部屋の回線もGOOD
LANケーブルにつないで問題なくFFできたし、無線LANも強力でしたよ。


朝食は無料でついています。

P1020297.jpg

P1020298.jpg

メニューは毎日同じですが、このパンがホテルのHPの記載通りとっても美味しくて。
中国大陸の無駄に甘いパンばかり食べている身には、ひとかじりHP100ぐらい回復しそうな上品さ。

P1020296.jpg

コーヒーがいつでも無料で飲めるのもいいですね。



池袋といえば東武西武があるので、デパ地下デザート三昧だったりします。
日本のケーキの美味しさは世界一(断言)!!

P1020282.jpg


また、ここは私が愛してやまないラーメン屋「生粋」が近くにあるんですよ。

P1020281.jpg

P1020291.jpg

滞在中3回も行っちゃいました♪
しかもその内1回は連食だ。

P1020295.jpg

(でもやっぱり、ラーメンの具はチャーシューなのです…。
私が大好きだった秋刀魚のつくねはもう帰ってこないのかしら…。
チャーシューは秋刀魚のスープと相性が悪いと思うんです。
肉が秋刀魚を殺していると思うんです。
秋刀魚ラーメンに肉の存在は要らないです。
秋刀魚つくねの復活を熱望します)

P1020292.jpg

なんでこんなにこだわっているのかというと、ここのラーメンが私をラオタに目覚めさせたきっかけの1杯だったんですよ。
そのときに食べたのが「上生粋醤油」で、上に乗っかっていたのはチャーシューでなく秋刀魚のつくねでした。
ああ、もう一生食べられないのかなあ、あれ。


ホテルの良いところばかり書きましたが、安いのには理由があって、場所があまり良くないですね。
お隣はホストクラブかキャバクラか、そんな立地です。
土地勘がないとちょっと分かりにくいかな?
私はホテルの地図を見たときに、「あれ、生粋の近く?」と思いました。

また、ホテル内に洗濯機がないので、近くのコインランドリーまで持って歩いていかないといけません。
5分くらい。
嫌な人は嫌かも。

そして、このホテルを検索すると、ほぼ「デリヘルを呼べるホテル」というサイトにひっかかります。
呼ぶなアホ。

懸念していた中国人とは、ホテル内で一度も会いませんでした。
(うるさいだろうと「中国人とは別のフロアにしてくれ」と予約時に電話した)
日本のビジネスマンと、欧米系の旅行者が多いみたいです。


生粋はもとより、美味しいラーメン屋さんが多数、西武東武のデパ地下デザートで甘味系もバッチリ、牛タンの利助や宮城県アンテナショップ、和食処も選びたい放題だし、ドンキホーテや100円ショップもちゃんとあるしで、池袋最高!
次もまた池袋のホテルを選択しそうです。