明智あれこれ

現在深セン駐在記
2014年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年03月
ARCHIVE ≫ 2014年03月
≪ 前ページ       

≪ 前月 |  2014年03月  | 翌月 ≫

2014年3月8日 近況&これから中国で働こうと思っている人へ

どうも、竹知です。

ffxiv_20140301_175958 - コピー


日本はもう桜の季節なのか、とエオルゼアの桜を見上げながらしみじみと感じています。
そういえば、瀋陽に来てからまだ一度も星をみていません。
リアル世界の美しい野山の景色が恋しいです。


今の会社の契約が3月末で切れるので、更新せずに次を探すことにしました。
もっと南のほうの日系企業への入社を目指し、就職活動中です。
瀋陽は長くてあと1ヶ月程度でしょうか。
遊びに来たい方はお急ぎください。

色々な小さな事件が日々積み重なっていたのですが、会社の規定通りにだした休暇申請さえも、「家で仕事する日」という名目にされてしまった件が退社を後押ししました。
自分が楽をするために同僚に押し付ける人の多いこと。
日本の比ではありません。


中国で働きたいと思っている方へ、老婆心ながら注意点を
①就職は人材会社経由で探す(就職先企業は紹介会社にきちんとお金を払ってまで人を探している企業なので、変な企業である確率が低い)
②中国人慣れしていない方は安心の日系企業を選ぶ
③年1回の帰国チケットの支給がないような会社は、外国人に対する理解があまり高くないと言える

よく人材会社の方と相談して、素敵な企業様を見つけてください。
若い人にとっては色んな意味で鍛えられる世界だと思います。

スポンサードリンク



駐在1年を経て

中国に単身乗り込んできたのが1年前の2月上旬。
もう1年経つんですね。

まとめ的な記事を書こうと思って1年を振り返ってみても、「スポーツ運のない1年だったわ…」という感慨ばかりです。
お暇な方はブログを最初からどうぞ。

ほんと…




1年も中国の会社にいると、中国人の嫌なところもたくさん見えてきます。
仕事が適当なのは当たり前で、まじめにやっている人を見つけるほうが難しいです。
良く人件費を安くするために中国の企業に外注している、という話を聞きますが、クオリティを疑いますよ。
作業しているのは中国人なんですから。

組織の上のほうにいくほど、自分に甘く他人に厳しい人が比例して増えていきます。

平気で嘘をつく上司もいます。
うちの会社は残業代の規定がはっきり言ってグレーゾーンなのですが、残業代の件を上司Aに確認して11時半まで残業した次の日、上司の上司から「出ません」と言われたり。

また、私のアパートは家賃の一部が会社負担なのですが、水道代は会社、電気代は私、というルールでやっていたのに、水道代も私払いだからちゃんと払うようにと言われたり。
会社の上層部だろうが、きちんと紙に起こして保管しておかないと、お金関係は本当に汚いです。


文化の差と言って片づけてしまえばそれまでですが、社内の民度が低いにも程がある。

スポンサードリンク