明智あれこれ

深センに滞在中
2014年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2014年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年02月
ARCHIVE ≫ 2014年02月
      

≪ 前月 |  2014年02月  | 翌月 ≫

中国でFF14は成功するのか

FF仲間のみなさん、こんばんは。
もはやFF14プレイよりも2ちゃんのFF14スレを読んでるほうが長いんじゃないかという昨今です。


竹知はもう極ぐらいしかやっていないです。
クラギャザはとっくにオール50です。
戦闘職は黒と詩のみなので、長い長いCFの待ち時間に家事をやったりFF絡みの2ちゃんを見てます。


朝はゲーム(極ガルでアクセ狙い)して、昼は会社に行って、夜は家で勉強してます。
健全です。

ffxiv_20140222_174913_2014022420563100d.png






さて、最近ちょこちょこFF関連のスレで「FF14が中国展開云々…」という話が出ていたので、「それはないでしょう」と思っていました。
ところが今日、オフィシャルサイトを発見してしまったのです。

オフィシャルサイトはこちらから(中国語です)


以前の記事にも書きましたが、例えば瀋陽の一般家庭で健全にFF14をプレイするのは完全不可能だと思っています。


「インフラ面」
・早朝以外のラグがひどすぎて、早朝以外のPT禁止。ゴールデンタイムはAM4時~6時。
・毎朝AM4時に必ず一度回線落ちをする。
・ゴールデンタイム以外で一度回線落ちしたら、複数回連続して落ちる。
・夜はギャザだけならなんとかプレイ可能。ただし、ほかの人が4回掘っているのに、自分は1回しか掘れない。そんな回線速度。
・夜のプレイ中に近くでFATEが発生したら、かなりの確率で落ちる。終了時にも落ちる。
・回線落ちの頻度をかんがみて、朝以外の製作行為は危険。お昼に大丈夫そうだと思って製作開始し、革AF胴の材料がすべて次元の狭間に。


「ハード面」
・国の方針でプレイステーションの販売が中国大陸では許可されていない。
・なのでゲームはもっぱらPCでのプレイになるが、日本よりも機種が1シーズン遅れている印象。FF14快適対応のノートパソコンを購入しようとすると、25万近くかかります。(一般的な瀋陽の中国人給与の7か月分。日本だと18万以下で買えます)そして日本の今シーズンモデルが店頭にない。



私の生活環境で考えたらこんな具合なので、FF14の中国展開はまあ無理じゃないかなあ~と思っていたので、公式を見つけたときは心底驚きました。
そして、求人関係で蘇州の話があったので住むところをなんとなく見てみたら、高級マンションは光回線完備でさらに驚きでしたよ。
そうですか、富裕層狙いで展開するつもりなんですね。
私も勝ち組駐在員になる予定だったのにオカシイナ。

ハッ…、そういえば瀋陽でも某超有名ホテルマンションではインフラ面最強だとか…



公式サイトによると明日25日に上海のネットカフェでFF体験イベントをやるそうです。
蘇州で高級マンションに光回線なら、上海では一般家庭に光回線が普及してるのでしょうか。
いやはや羨ましい。


公式サービスが始まったら、是非とも潜り込んで中国人のプレイぶりをウォッチしたいと思っています。



ffxiv_20140112_185129_20140224205636c8e.png



最後に。
重みがよけられない人、回線を無線から有線に変えて、解像度を高から1個下のものに落としてみてください。
私はこれでいけました。
中国回線だとタコタン戦は無理なのか(´Д⊂
と枕を涙で濡らした日々もありましたヨ。