明智あれこれ

深センに滞在中
2013年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年07月
ARCHIVE ≫ 2013年07月
      

≪ 前月 |  2013年07月  | 翌月 ≫

噂の新幹線に乗ってみた

3週間前の大連旅行の話です。



瀋陽から大連に行く際の交通機関は、新幹線か長距離バスの2択になります。

新幹線 2時間 二等車180元(約2880円)
バス  5時間 20~25元(約320~400円)

コレを見て片道ぐらいバスでもいいかなと思ったアナタ、危険です。
さあ、目をつぶって「中国のバスに5時間座っている自分」を想像してみてください。

日本のようなトイレがきれいなパーキングエリアはありません…
前後左右の話し声が大きくて眠れません…
毎度お馴染みの渋滞にはまるかもしれません…

そんな環境で(最小)5時間は体験する前から無理そうなので、さっくり新幹線の切符を買いに行きましたよ。
なんでも瀋陽駅の切符売り場で買うには長蛇の列とのことなので、市内の切符売場代理店のような場所へ行きました。
こちらは行列無しですが、1枚に付き5元(80円)程度の手数料がかかります。




以前、会社の先輩が瀋陽-ハルピン間を買いに来たときに、2等席がガラガラのはずなのに、1等席を売りつけられたそうです。
それならばと、窓口のおばさんと戦う気満々で色々中国語の準備をしてから向かいました。
あらかじめ紙に書いておいた「この切符がほしい」的な情報とパスポートを渡して、ドキドキしながらオバサンをガン見…

無言で見詰め合う2人…(*´ -`)(´- `*)
ではなく、作業しているおばさんの手元をガン見ですよ?
なにやらオバサンがキーボードを力いっぱいたたき、発券、支払、受取、確認。
切符は間違いなく2等車でしたが、ここまで切符の金額以外の発言が一切ありません。
それはそれで寂しいような。


(先輩注記:瀋陽-ハルピン間のその時期はガラガラだったため、高い切符を売りつけられたそうです。
瀋陽-大連間は人気路線で放っておいても満席になるため、そのようなことはないみたいです)



P1000400.jpg    瀋陽から乗る場合は、瀋陽北駅が便利

P1000401.jpg    広くてきれいでわかりやすい待合室

P1000402.jpg    乗車ホーム

P1000403.jpg    2等車でもきれいな車内

P1000405.jpg    瀋陽-大連間の最高速度



たまに他所様のブログで中国の新幹線がよく揺れるという話を読みますが、私が乗った時は気にならない程度の揺れでした。
個人的な感想ですが、中国の新幹線が揺れるというよりも、日本の新幹線の揺れなさ具合が神すぎるのではないでしょうか。
ユーロスター(新幹線のカテゴリ?)とかこんなもんじゃなかったっけ…、と。
区間にもよるのでしょうか。

事故るんじゃないかと、こんなにドキドキしながら乗る新幹線は他にないけど。



車内は皆さん遠足みたいに楽しそうでしたよ。
金髪の外人さんを囲って英語サークルみたいな一角もできていました。
子供たちは元気に走り回っているし。

車内でも仕事をしたいビジネスパーソンには、やはり1等車をお勧めします。