明智あれこれ

現在深セン駐在記
2013年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年04月
ARCHIVE ≫ 2013年04月
      

≪ 前月 |  2013年04月  | 翌月 ≫

支援の行方

四川地震から丁度一週間たちました。
北海道と沖縄レベルで離れている瀋陽と四川地域ではありますが、地震国出身の日本人としては当然気になります。

我が家では瀋陽の地方テレビをつけっ放しにしています。
日曜日に放送していた則天武后の時代劇を毎週とても楽しみにしていたのに、突然打ち切られてスーパーくだらない反日ドラマになっちゃったんです。
最近また反日ニュース&反日ドラマ多めになってきたなあと思っていたのですが、さすがに地震発生翌日からは特番が流れるようになりました。

ところがこの特番がまた眉唾もので。

こんな瓦礫の中から女の子を助けました!
(中国の救助隊はすごいよアピール?)
こんなテント生活でも子供は元気ですよ!
(被災者に支援が行き届いているよアピール?)

といった具合。
不幸中の幸いしか報道せんのか。

地震発生の翌日はずっとこの地震関連の特番だったのですが、たまに特番の間に日本のニュースをやるんですよ。
靖国参拝と尖閣諸島。
で、また特番に戻る。
月曜日はこれに反日ドラマも加わるという番組構成になっていました。
日本が支援を申し出ている話が一切報道されない点についてはもう諦めです。
オマエラ…

私もネットで拾うしか情報がないのですが、山間部では支援物資が届かなくて苦労している話や、4年前の四川地震後に再建された家が今回の地震でまた崩れた件など、本当に気になります。
山奥の小さな村まで助けの手が差し伸べられていればいいなあ、と思わないではいられません。








ここからが本題です。

瀋陽に住んでいる人間ができることは募金しかないと思うのですが、この募金について知り合いの中国人から目玉ポーン!な話を聞きました。





「中国の赤十字は幹部が私腹を肥やしている。
募金しても彼らの懐に入るだけ」


( ゚д゚)


(  Д ) ゚ ゚


ナンダッテー!!


彼曰く、
例えば100元を寄付したとしよう。
その100元が被災者の手元に行くまでに色々な人の手に渡り、その度に手数料を引かれるだろう。
最終的に被災者の手元に届くお金は、いくらだろうね。
とのこと。

4年前の四川地震の際に、中国赤十字の募金が横領されたのは有名な話だそう。
その反省から中国赤十字も今回の地震では使い道を全て公表するとの話だが、他人の不幸で私腹を肥やした組織の公表を信じる人なんているのかな。


赤十字の創始者が草葉の陰で嘆いているよ。



スポンサードリンク