明智あれこれ

現在深セン駐在記
2013年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年03月
ARCHIVE ≫ 2013年03月
      

≪ 前月 |  2013年03月  | 翌月 ≫

恋人達

二郎君と中本君。

2ヶ月前まで夢中になっていたのが嘘のように、最近はぼんやり思い出す程度の2人。



日本にいたころは、週4回はラーメンを食べていた、地域限定のラオタだった私。
その中でも特に好きだったのが上記の2人、もとい2店のラーメンだ。
中国で暮らし始めたら、きっとラーメンが恋しくてたまらないのだろうなと思っていたのに、自分でも信じられないくらい思い出さない。
不思議だ。
日本では、突然体に豚骨ニンニクの神が下りてきて、「今日はどうしても二郎」という日が結構な頻度であったりしたのに。




そして、そんな嗜好品よりも、もっと身近な食材の偉大さに気づく。

少しずつ自炊ができるようになってきて、遂にお米を炊けるまでになったとき、日本からもってきた醤油をかけて食べたら、あまりにも美味しくて美味しくて。
その話を会社の先輩にしたら、いたく同情されて「ふじっ子 昆布」を恵んでくれたのである。

この昆布がヤバイ。

昆布の歯ごたえと絶妙な塩加減のコンビネーション。
熱々ご飯にのせると、昆布がふにゃっとしてツヤツヤ輝き出す。
さらに、昆布の旨味が熱で溶けてご飯を茶色く染め、その部分がこれまたウマイ。
昆布はまさに日本人のソウルフード、至高の食材だと実感した次第。

今、ふじっこ昆布は金曜夜だけの最高のお楽しみになっている。
ありがとうふじっ子、ありがとうフジッコ株式会社。




品川二郎     元彼その1



中本     元彼その2



ふじっこ     今彼



日本ほど手軽に何でも食べられる国は、他にないだろう。




スポンサードリンク