明智あれこれ

現在深セン駐在記
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 映画・TVドラマ
CATEGORY ≫ 映画・TVドラマ
≪ 前ページ       

歩歩惊心(全35話テレビドラマ)

異例のラブコメです。
ネタバレにつき、楽しみにしてる方は読まないでください。























~ あらすじ ~

現代の女の子が清朝・康熙帝の時代にタイムスリップします。
そこで出会う康熙帝の王子達が主人公に次々好意を寄せてしまうという、どっかで聞いたような話です。


あらすじだけ知り合いから聞いたとき、考古学者が黄河にでも飛び込むのか、と思いました。
どうせ中国なら、そこまでやってほしいですね。






主人公です。

PPS 2013-09-08 174907

中国時代劇のヒロインにしては珍しい「普通の容姿の子」。
現代人らしい振る舞いが新鮮らしく、王子達を次から次へと魅了していきます。

設定はおそらく歴史に詳しい普通のOLさんだと思うのですが、各王子達の行く末や、皇太子の廃立年、皇帝の死亡年月まで知ってます。
どんなレベルの歴女だ?


以下はふりまわされる王子達。

PPS 2013-09-08 191553   皇太子。3番目の王子だっけ(普通のスケベ)
 

PPS 2013-09-08 162835   4番目の王子。次代の皇帝・雍正帝(むっつりスケベ)


PPS 2013-09-08 173628   8番目の王子。史実の通称・八賢王(変態)


PPS 2013-09-08 194657   9番目の王子(好意ほどんどなし)


PPS 2013-09-08 183728   10番目。バカ友達(ストレートに好き)


PPS 2013-09-08 174748   13番目。貴重な普通の人。酒飲み友達


PPS 2013-09-08 174801   14番目。8番目のキューピッドとして奔走(でも好き)


みなさん脳内にお花畑でも咲いてるのかと疑いたくなるくらい、恋愛のことばっかりです。
ラブコメとはそういうものなんですかね。



成り行きでお茶汲み要員として皇帝にお仕えすることになり、紫禁城内で暮らす主人公。
城内を散歩しているだけで、兄弟の誰かに会い、恋バナしてます。

PPS 2013-09-09 205445   紫禁城そんなに狭いの?



主人公の本命は4番目ですが、それまでは8番目にヨヨヨとなってしまうんです。
ところが8番目の行く末を知っている主人公なので、結婚に同意する代わりに皇位争いに加わらないでくれと頼むんですね。
そこで8番目が同意しなかったので、お別れするわけです。

兄弟たちの行く末を考えたら、4番目以外は幽閉生活だったり、自殺させられたりと大変なので、8番目とお別れした以降は次代の皇帝狙いでまっしぐらです。
未来を知っている現代人らしいしたたかさを発揮します。

4番目はもともと主人公が大好きなので、両想いになってからは、しょっちゅうテーマソングを背負って登場してきます。
ご飯を食べながらの観賞は、本気で危険です。



とまあ、割と前半はラブコメ全開で面白いのですが、4番目が皇位についてからは一転シリアス路線なんです。
主人公はずっと何かに悩んでいたり、泣いてます。
時に他の妃の存在に落ち込んだりする姿は、イラッときます。
オマエ自分の意思で次代の皇帝を選んだのだろうが!!
と首根っこつかまえてグラグラさせたくなります。


また、この主人公がさんざん兄弟たちのこと、もとい政治に口を出すんですね。
だまっていればいいのに、悲しい顔して雍正帝に兄弟たちの待遇改善を迫るわけですよ。
即位にあたって色々な妨害を4番目は受け続けてきたので、即位後は到底して兄弟たちの押さえ込みにかかるのですが、それを全部主人公に口出しされます。
(ちなみに雍正帝は名君の誉れ高い皇帝です)

PPS 2013-09-09 205824   後半はずっとこんな顔してます


もうね、中国の時代劇で初めて「皇帝が可哀想」と思いました。






前半のテンションで最後まで貫き通せたら面白い時代劇ラブコメだったのに、ものすごく勿体無いです。
楽しいのは前半の19話ぐらいまで。
後半はウンザリ&鬱陶しい。
それでも中国では高評価らしく、なんと現代版で続編が出ます。
興味がある方は「歩歩惊情」でググッてみてください。
ハッピーエンドじゃないので、続編を望む声が多かったのではと推察してます。


「王家の紋章」は、今どうなってるんですかね。




中国お勧め時代劇は別サイトでまとめています。
中国時代劇


▼U-NEXTの時代劇ラインナップに入っています。
U-NEXT



スポンサードリンク



甄嬛伝 (全76話テレビドラマ)

映画ではなくてテレビドラマです。
知り合いに薦められてあんまり気乗りしないで見始めたのですが、見事にはまってしまいました。
全話見終わるまでは何もしたくありませぬ。





~ ものすごく簡単なあらすじ ~

清朝雍正帝の時代、秀女に選ばれて後宮に入った甄嬛の波乱万丈の物語です。



日本の大奥といい、女同士の争いはどうしてこうも面白いのか。



syuyaku     主役


akuyaku     悪役


日本の大奥と大きく異なる点は、簡単に人が死ぬことでしょうか。
悪役も悪役すぎて最高です。
最後は是非勝ってほしいとか思ってしまう。



↓雍正帝を演じているのがこのオジサンなのですが

koutei     皇帝ですよ

三国志の曹操役と同じ人なんですよ。

caocao     曹操


三国志の見過ぎか、雍正帝がもう曹操にしか見えないんです。
竹知脳内では曹操の後宮の物語。

三国志の曹操は、「ケケケ」と「ヘヘヘ」の中間みたいな笑い声をだします。
曹操のキャラクターをかもし出していて面白いなあと思っていたのですが、
雍正帝でも同じ笑い声(゚д゚)!
これ、役者さんの地の笑い声だったんですねえ。




ちなみに日本でも放送中だそうです。
BSフジで月曜~金曜17:00-18:00
タイトルが「宮廷の諍い女」だそう。
何故そうなる。
いや、由来はわかるけど…

↓BSフジ番組公式HP
http://www.bsfuji.tv/isakaime/index.html





そういうワケで、まだ半分も見終わっていませんが、見終わるまでブログの更新はできそうにないです。





中国おすすめ時代劇は別サイトでまとめています。
中国時代劇


▼U-NEXTの時代劇ラインナップに入っています。
U-NEXT



スポンサードリンク



王的盛宴 (2012年公開 監督:陸川)

ネタバレどころかオタクソウルが炸裂しています。
抵抗の無い方だけお読みください。


























~ ストーリー ~

時は前漢成立後。
天下統一を果たした劉邦ですが、病に倒れ、己の死期が近いと感じます。
病床で劉邦が思い出したのは、劉邦が恐れた男達、項羽と韓信でした。

物語の前半が項羽、後半が韓信の話です。






前半は劉邦が秦を滅ぼすことを目標に挙兵するところから始まり、
一時は項羽と義兄弟にもなります。
前半最大の山場は鴻門の会なのですが、
私は自分の好きな人物に対する感情移入がハンパない分、
あまり興味のない人物や出来事は脳内で早送り気味になります。

そういうわけで、前半の印象はあまりありません。


この時代で一番好きな人物は、実は范増(項羽側の軍師)だったりするのですが、

hanzou     鴻門の会の時にチラッ

「小僧と共に謀などできるかああああ!」の名台詞も今回はありません。
項羽軍No2なのに扱いの小ささにショボン…



前半で印象に残っているのは、呂后ですかね。

ryokou     冷酷非情な皇后の作り方を見ている様

劉邦の故郷が秦兵に襲われて人質となり、拷問を受け、
助けられたら今度は項羽に捕らえられて数年間も人質になり、
やっと開放されて帰ってきたら、夫は別の女との間に男の子までもうけ、
その子が自分が産んだ男の子を押しのけて跡継ぎになってしまいそうな寵愛ぶり。

この辺の呂后の気持ちの推移を丁寧に描いたものをみたことがなかったので、今回見られたのは貴重でした。



kouu    ちなみに項羽役は香港の有名モデルだそう

ハンサムですね。


前半の感想終わり…





後半はですね、泣きっぱなしだったんです 。・゚・(ノД`)・゚・。
今思い出しながら書いているだけで泣ける 。・゚・(ノД`)・゚・。

後半のストーリーの主役は韓信です。
韓信が謀反を起こしていると劉邦は考え、粛清しようとします。
劉邦による天下統一の立役者は、張良、蕭何(しょうか)、韓信の3人なのですが、
劉邦は蕭何に韓信粛清の是非を尋ね、呂后は張良に粛清の手順を尋ねます。

syouka     韓信の朋友である蕭何と

tyouryou     韓信を兄のように慕う張良が

必死に韓信を助けようとするんです ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・

しかし、皇帝と皇后の意見を変えることができず…



処刑するにあたって、呂后は宴と称して宮殿に韓信を呼び出します。
張良の家に住んでいた韓信を使者として迎えに行かされたのは、蕭何でした。
蕭何から宴の呼び出しを聞いたとき、韓信は自分の末路を理解します。


宮殿に向かう道のりで、
蕭何の背中を見ながら歩いている時、

senaka1


韓信は蕭何に才能を認められて、劉邦に引き合わせてもらった時のことを思い出します。

senaka2

台詞は何もないのですが、
あの時もこうやって蕭何の背中を見ながら歩いたな、的な描写で

うあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁ







この映画は、いわゆる史実とされているものとは一致していない部分が結構あるのですが、
そんなことは横においてエンターテイメントとして見て欲しいです。

韓信好きな人は蕭何に対してある種のモヤモヤ感を持っていると思うのですが、
この映画では蕭何の苦悩がきちんと描かれているので、
蕭何に対するモヤモヤがないんですよ。

これは凄い。

この映画での蕭何の一連の行動は、割と腑に落ち、
実際の韓信処刑の時もこんな風だったら、韓信も少しは救われただろうな…
と思わずにはいられません。
「蕭何、騙したな!」と言うのが定番でしたから。

韓信が自分の運命を察している分、より切ないですが… (´Д⊂







劉邦と呂后が韓信を恐れたのは、項羽から受けた教訓が元になっています。
項羽は劉邦を殺す機会が何回もあったのにそうしなかったため、結果的に劉邦に殺されました。
この「災いの芽は摘んでおけ」パターンの歴史を考えるとき、いつも源頼朝を思い出します。
頼朝は敵方の平家から「子供だから」という理由で助けられますが、成長して平家を滅ぼします。
この経験がもとになったのでしょう、弟の義経が自分を裏切ったときに、妻の制止を振り切って義経の赤子を海に沈めました。

歴史は繰り返しますね。
どこの国でも。




中国おすすめ時代劇は別サイトでまとめています。
中国時代劇


スポンサードリンク



銅雀台 (2012年公開 監督:趙林山)

折角中国にいるのだから、大好きな時代劇の映画を見まくろう企画(´∀`)


doujyakudai1     瀋陽での記念すべき1本目

銅雀台とは、三国時代に曹操が築いた建物の名称です。

2009年に曹操の陵墓が発見された際に、殉死した20代の女性の存在が判明しました。
この映画はその話がモチーフになっているそう。


--- ネタバレはしていませんが、楽しみにしている方は引き返してください。 ---
























~ ストーリー ~

ある日突然捕らわれ、暗殺者として育てられた少年(穆順)と少女(霊雎)。
成長した二人が送られたのが、時の権力者である曹操の宮殿(銅雀台)でした。
漢王朝の復興を夢見る者のもとで、2人は曹操の命を狙います。





何の前知識もなく、ボケ~と見始めたオープニングのスタッフロールで、

staffrole    Σ(゜Д゜)

同性同名の別人か?
と思いつつ鑑賞続行。





主役の曹操(役者:周潤發 チョウ・ユンファ) 

caocao

今までの悪役ぽい風貌を見事にそぎ落とし、素敵なオジサマになった曹操。
いいのか、これで。


準主役で暗殺者の女性、霊雎(役者:劉亦菲 リウ・イーフェイ) 

yifei

息を飲むような美人ではない(失礼)と思いますが、どこか神秘的で仙女のような雰囲気をまとった彼女。
物語に独特な華を添えています。



そして 

tamaki     !∑(゜∀゜)

どう見ても玉木宏です。
暗殺者の1人、穆順役。

堂々とした演技で、役どころが板についている感じ。
この世界観にうまく溶け込んでもいます。


こんな準主役で出演しているのに、全く報道がなかったように思って調べたところ、Wiki先生がきちんと答えてくれました↓
「公開時期が、日本政府による尖閣諸島国有化と、それにともなう中国での反日運動の起きた時期と重なったために、ポスターなどから玉木宏の姿が削除された。」




別に好きでも何でもないのだけど、玉木宏も慣れない環境で一生懸命やったと思うんですよ。
役どころをしっかり理解している立ち居振る舞いとか。
吹き替えなしでの北京語とか。
こんなに良い仕事をしたのに、バカな政治のせいで代表作の1つになったかもしれない作品がなかったことになっているなんて、ほんとお気の毒。




肝心の映画自体は美術さんが遊びすぎたのか、三国志ファンからは賛否両論のようです。 

1     …?

2     !?

チャイニーズ・ファンタジーとしての鑑賞はいかがでしょう。
最高に面白い!という映画ではありませんが、絵巻物を見終わったような読後感(鑑後感?)が味わえます。





最後に

2009年に曹操の陵墓が発見されたニュースは、三国志ファンを狂喜させたことでしょう。
その話を遼寧大学の大学院生(歴史専門)の友達に話したところ、
「僕はニセモノだと思うけどね」
と冷たく言われてしまいました(´Д⊂

ガーン




中国おすすめ時代劇は別サイトでまとめいます。
中国時代劇


スポンサードリンク