明智あれこれ

深センに滞在中
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 映画・TVドラマ
CATEGORY ≫ 映画・TVドラマ

武媚娘伝奇:范冰冰主演

中国史上唯一の女帝となった武則天を、中国一の美人女優として名高い范冰冰が演じています。

以下ネタバレです。






~ 武則天とは ~
唐の全盛期を築いた皇帝太宗の後宮に入った美女である。
新唐書には太宗から名を賜ったものの寵愛を受けた記載がなく、太宗の死去と共に尼寺に入れられている。
太宗の息子で後を継いだ高宗は、太宗の生前から父の女性であった武媚(武則天の名前)に惹かれていた。
そのことを知った高宗の正妻である王皇后は、後宮で粛妃が皇帝の寵愛を一身に受けていることを妬み、武媚を還俗させて粛妃と寵を競わせようとする。
還俗させてもらえた武媚は、持ち前の賢さで粛妃どころか王皇后まで蹴落とし、自ら皇后に納まる(王皇后を罠にはめるため、自分で生後間もない娘を絞め殺した)。
そんな武媚にぞっこんの高宗は、持病もあり、次第に政治を武媚に手伝わせ始める。こういった経緯から、彼女は高宗の死後も政治にかかわり続け、終にわが子を退位させて自分が帝位についた。
卓越した政治力と出自を問わない抜擢で、武則天の治世は民にとっては恵まれた時代だった。
が、内には男寵を可愛がることで反発を呼び、退位させた我が子に帝位を追われたり、内部告発有りの恐怖政治をひいたりと、宮廷内部は超カオス状態。

前振り長い(-_-;)
これでもだいぶザックリ。


ところで、これを読んで武則天の人生はどの辺が面白いと思いますか?
私は断然尼寺から還俗して、王皇后&粛妃を倒し、帝位につくあたりまでだと感じています。やり方はどうあれ、美人で天才的な頭脳と政治力を持った武則天は、まぎれもなく(ダークヒロイン的に)強くて賢い上に美しい、超超超カッコイイ女性。

そんな彼女が見られるとwktkしながら見ていたのですが…。

全96話なのに、61話まで太宗が生きているんですよ!
こいつが死んでからが面白いのに…。
2016-02-03 21-00-48

こいつが死んでからが…。
2016-02-03 21-01-08

実際、武則天が太宗から本当に寵愛を受けていたとしても、彼女の人生のハイライトはそこじゃないでしょうが。

61話までは後宮のごたごたが描かれており、太宗が武則天を可愛がったり、女同士の争いがあったりで。
もういいから早く皇帝死んでくれと。
2016-02-03 21-06-48


たぶんね、たぶんですけど、武則天が一番若くて美しい時代を范冰冰のために長く撮ったのかなあと。
(范冰冰プロデュースなので)
普通の後宮ものならこれでもいいけどさ、武則天のドラマだぞ?


尼寺から還俗後はこんな感じ

2016-02-03 20-39-20

子供が死んで、
2016-02-03 20-39-41

王皇后と粛妃に罪をなすりつけることに成功
2016-02-03 20-40-56

皇后になって、
2016-02-03 20-41-29

政治を表向きにも見始める
2016-02-03 20-42-00


長男を溺愛していたけど、
2016-02-03 20-12-19

自分の姪っ子に殺されてしまったので、
2016-02-03 20-22-16

殺し返す
2016-02-03 20-26-25

あまりに跡継ぎが馬鹿なので、
2016-02-03 20-34-51

自分が帝位についちゃう。
2016-02-03 20-35-53

男妾を作って
2016-02-03 20-36-36

後宮もウハウハの皇帝生活を送るも、
2016-02-03 20-36-20

馬鹿息子がキレて男妾を殺害
2016-02-03 20-36-45

同時に退位を迫られ、政治から退く。
2016-02-03 20-37-24


最終回の武則天と張大人の会話がすごくいい

2016-02-03 20-37-34

皇帝が誰であれ、重要なのは民百姓の幸せである。
が、あのような馬鹿(皇太子。日本の徳仁じゃないヨ)を帝と仰いで、果たして民が幸せになれるか。

後半(というかほぼ最後のほう)面白いでしょ!
脚色が入りまくりで、武則天が良い人に描かれすぎているきらいがあるけど、范冰冰の武則天はなかなか良かったです。
キリッとした美女がよく演じられています。


ただ、尼寺に入るまでがほんと長すぎるし、こんな善人じゃないでしょwwwwと大いに突っ込みをいれたくなるので、「武則天のドラマを何か見たいな」という人には薦めないです。
范冰冰のファンが見るならいいんじゃないかね。



包青天シリーズ(テレビドラマ色々)

長いことブログの更新が止まっていたのは、ずっとこれを見ていたから。
イヤー面白いですYO









~ 包青天とは ~
宋代に実在した役人で、本名は包拯(ほうじょう)。
包青天というのは彼のあだ名で、清廉潔白、公平無私な包さん、という意味です。
その清廉潔白な仕事ぶりは生前から評判でした。
開封府という当時の首都の治安責任者だったこともあり、TBSドラマの大岡越前のような話が死後わんさか作られました。
部下を抱えての大活躍・勧善懲悪なので、日本版水戸黄門と言われることが多いです。
本人は越後のちりめん問屋よりも不動。


見た物は以下の通り。

・少年包青天(全40話)
・少年包青天2(全40話)
・新包青天(全61話)
・包青天之七侠五義(全40話)
・包青天之開封奇案(全40話)

この順に見ました。
これ以外にも本編の「包青天」があるのですが、200話↑だそうです。
見始めたら人生終わるような気がして、休止中、とりあえずブログ書いてます。




少年版の主人公。

2015-04-26 135041 黒肌に額の三日月がトレードマーク

少年というから12歳前後を想像してたら、20歳ぐらいのが出てきました。

包拯の片腕その1、公孫策。

2015-04-26 134943 包拯の軍師

包拯とは同郷の幼馴染。
古今東西の色々な知識を持ち、頭脳で包拯を助けます。

包拯の片腕その2、展昭。

2015-04-26 135703 包拯の護衛隊長。最強設定

マルコメ君みたいな可愛さで、武力は中国一。
よく公孫策になでなでされています。

「少年包青天」の場合は、まだ包拯が役人になる前の話なので、探偵モノのような流れになっています。

2015-04-26 135826 検死、現場検証、聞き込み…

それから推理して犯人を特定します。

2015-04-26 140315

仲良し3人組は旅をしながら、コナン的に発生する事件に取り組みます。

中国のドラマにありがちな、美人だけどギャーギャー煩いヒロインも健在。
中だるみも多く、最初の推理を外して「真相はこうだ!!」的な話も多く、あんまり包拯が頭良く見えないのが玉に瑕。
「少年包青天3」もありますが、1話を見ただけでつまらな過ぎてギブアップしました。
1および2だけならそこそこ楽しめるかな。

















これが通常版になると、見かけがこうなる。

2015-04-26 141104 (;゚;ж;゚;)ブッ

あ、京劇風にしてるんだ!と気づくまで、「これはヒドイwwwwww」と思ってました。
しかもこの黒塗りが甘い日があるんですよ。
あれ、今日は薄くない?みたいな。


2015-04-26 140736 ザ軍師な身なりの公孫策。

頭が良いだけでなく、医術にも精通しています。
少年包青天の場合は包拯と公孫策は親友設定ですが、こちらは主人と客将のような関係。


2015-04-26 141439 相変わらず最強設定な展昭

塀もジャンプで軽々。


大人版は面白い!
こちらもアクションが人間離れしていますが、色々なケースが見れて楽しいです。


大人版は包拯が北宋の首都開封府の最高責任者なので、各話のクライマックスは裁判のシーンになります。
大岡越前と違うところは、その場で処刑までするところでしょう。

包拯が

2015-04-26 141339 <かーい、だーーーん


と言うと、大きなハサミのような処刑道具が開き、

2015-04-26 142122

処刑する囚人の頭を入れ、

2015-04-26 141420 <ジャッ!

で切り落とされます。
ここまでがお決まりの流れです。



勧善懲悪ですが原告が不幸になってしまう話もあり、カップルの破綻率も高い。
水戸黄門などで大団円を見慣れている私たちにとっては、モヤッとしてしまうことも多いです。
包拯の甥の話では、甥っ子が悪いことをして死に、甥っ子のお母さんが寂しく鶏の世話をしているシーンで話が終わるんですよ。
お母さん…(´Д⊂


ところで日本では水戸黄門スペシャルが放送されるそうですね。
大岡越前スペシャルとか見たいなーと思っていますが、伊織先生の役者さん、お亡くなりになったしなあ…と時の流れを感じる今日この頃です。

包青天シリーズの新作も映画かなんかで是非見てみたいですが、ギャーギャー煩いヒロインは要らないよ。
たまにはオジサンばかりで作ってくれ。

神探狄仁杰前伝(テレビドラマ・全45話 主演:富大竜)

最近マイブームの狄仁杰(てきじんけつ)シリーズ。
以下いつものようにネタバレ。























あらすじの前に…

狄仁杰とは、唐の3代目高宗から則天武后の時代に実在した名宰相である。
彼が主に仕えた則天武后(中国史上唯一の女帝)に関しては、現在に至っても様々に言われている女性だ。
彼女は皇后の座につくために、生まれたばかりの実の娘を絞殺し、その罪を夫の現皇后になすりつけて死刑にすることに成功している。
(ついでに邪魔な側室も殺した)
そんな経緯で皇后になり中国唯一の女帝でにまでなった人なので、何百年もの間ごちゃごちゃ言われ続けてきたが、そこまでしてまでトップにのし上りたいと思っていた人であるから、政治に関わりだすやたちまち素晴らしい手腕を発揮する。
民百姓にとっては久しぶりに国家繁栄を実感できる貴重な時代の到来である。
彼女のトップに君臨する者としての統治能力&狄仁杰の非凡な政治能力が合わさった、庶民にとっては素晴らしい時代だった。

(宮殿内がどれだけぐっちゃぐちゃで陰謀渦巻いていて何人も死のうが、無辜の民たちが幸せに平和に暮らせているなら、即ちそれ名君の証。)





~~ あらすじ ~~

3代目皇帝の高宗と則天武后が外出中に襲われる事件が発生し、実の息子である太子(次期皇帝)が首謀者とされる。
全容解明のため、則天武后は狄仁杰に事件の捜査を命じた。
題名についている「神探」とは名推理の意味で、時代劇で探偵風という少々珍しい世界観になっている。

※「則天武后」という名は即位してからのものなので夫である高宗が生きてる内にこう呼ぶのは間違いですが、ブログでは便宜上「則天武后」で通します。






主人公狄仁杰が

PPS 2014-03-21 104233


友人という名の助手を連れ

PPS 2014-03-21 103556


コナンでいうところのアガサ刑事を良いように使い

PPS 2014-03-21 104242


事件現場を歩き倒す。
話の内容はその繰り返し。



現場検証したり

PPS 2014-03-21 114006


検視したり

PPS 2014-03-21 150448


人相書きを配ったり

PPS 2014-03-21 161541



証人尋問したり

PPS 2014-03-21 115038



役人なのに宮廷にたまにしか顔を出さない役人・狄仁杰。
なかなか新鮮である。




地元警察のトップが

PPS 2014-03-21 094839


3話目で死んだり

PPS 2014-03-21 104123



怪人20面相ばりの変装の達人が

PPS 2014-03-21 161317


↓(複数)いたり

PPS 2014-03-21 161040



生き返る人がいたり(せめて1回にして)

PPS 2014-03-21 160050




さすが中国版ミステリー、何でも有り。
シリアスだかNotシリアスだか全くわからない。


狄仁杰が知力100なら

PPS 2014-03-21 102016


則天武后も知力100なので

PPS 2014-03-21 105926


この二人の掛け合いがなかなか面白い。


PPS 2014-03-21 160407






後半は中国ドラマあるあるでイメージががらりと変わり、狄仁杰VS黒幕やら、狄仁杰の息子の悲恋やらが絡み、シリアスぽい仕上がりになっている。
圧倒的に前半が面白いが、後半は後半で目が離せないスピード感なので、飽きずに最後まで鑑賞できる。

ちょっと変わった時代劇が見たい方にお勧め。

武松 (テレビドラマ・全50話 主演:游大慶)

武松視点の水滸伝です。
一人読むかどうかの水滸伝ファンのために書いてみる。

ネタバレにつき、OKな方のみ続きをどうぞ。























~~ あらすじ ~~

大筋は原作通りです。
細部の設定や終盤がやや異なっている程度。



物語は武松の少年時代から始まります。

武松と金蓮は幼馴染で思い合う仲のようですが、武松が少林寺へ修行に旅立ち、何年も帰ってきません。
その間、色々あって金蓮の両親が亡くなります。
死ぬ間際に母親は娘の生活が困らない様、娘を武大郎(武松の兄)に嫁がせました。
他に生きる方法がない金蓮だったので泣く泣く承諾したものの、武松が少林寺から帰ってくると、昔の思いがよみがえります。

あとは原作通りです。

繰り返しますが、以降の話は原作通りなんです。

(なので、武松が兄のために自分の感情も金蓮の感情も殺しすぎる鬼に見えて仕方がない)



少年武松

PPS 2013-10-09 143906

少女金蓮

PPS 2013-10-09 144251



武松・大人版

PPS 2013-10-09 144559

金蓮・大人版

PPS 2013-10-09 144448

武松はハンサムな上に、きちんと武人らしい筋肉がついています。
入浴シーンは武松ファン必見。



間男・西門慶はコレ

PPS 2013-10-09 145144



ちなみに金蓮は西門慶に犯されるまでは処女だったので、そこで初めて男性の肌のぬくもりの心地よさを知ってしまいハマッてしまった、という具合。
でも本当に愛しているのは、あくまで武松なんです。
西門慶はライクであってラブじゃない。

これなんて昼メロだ。



そんな関係なので、武松VS西門慶の戦闘シーンが、物語最大の山場らしいです。

PPS 2013-10-09 151342   えらい長く戦っています、この2人

水滸伝の一番の山場がここかよ!
と、原作ファンなら総突っ込みしたくなるはず。




以下はSCを取れた水滸伝の好漢たち。

宋江

PPS 2013-10-09 153315


呉用

PPS 2013-10-09 154156

林冲

PPS 2013-10-09 150046

李達

PPS 2013-10-09 154311

燕青

PPS 2013-10-09 155044

史進

PPS 2013-10-09 153454

楊志と魯智深

PPS 2013-10-09 153217

孫二娘

PPS 2013-10-09 150036

張青

PPS 2013-10-09 150306

施恩

PPS 2013-10-09 151742


李忠

PPS 2013-10-09 145744

曹正

PPS 2013-10-09 152757

たぶん楊林

PPS 2013-10-09 150250

孔明か孔亮のどちらか

PPS 2013-10-09 153140

少華山トリオ(真ん中が朱武、左右はアレかアレ)

PPS 2013-10-09 153425



このドラマでは、林冲が原作ファンを裏切らないどころか、もっとすごい愛妻家ぶりを発揮しています。
奥さんの位牌を大事にもっているのは想定内として、朝廷による「招安」が無念すぎて(奥さんの敵討ちができない)病気になってしまい(!)、以後治りません。
林冲ファンの私もビックリ

そんなこんなで、方臘の乱を鎮圧した後、武松はずっと林冲の看病をしてます。

寝たきりの林冲を、武松が今はもう誰もいない湖塞のほとりへ連れて行き、2人で静かに湖を眺めるシーンは涙を誘います。

PPS 2013-10-09 154740

PPS 2013-10-09 154813

PPS 2013-10-09 154748



ここから物語のフィナーレまでは、原作を大きく離れます。
興味のある方は自分でご確認ください。


歩歩惊心(全35話テレビドラマ)

異例のラブコメです。
ネタバレにつき、楽しみにしてる方は読まないでください。























~ あらすじ ~

現代の女の子が清朝・康熙帝の時代にタイムスリップします。
そこで出会う康熙帝の王子達が主人公に次々好意を寄せてしまうという、どっかで聞いたような話です。


あらすじだけ知り合いから聞いたとき、考古学者が黄河にでも飛び込むのか、と思いました。
どうせ中国なら、そこまでやってほしいですね。






主人公です。

PPS 2013-09-08 174907

中国時代劇のヒロインにしては珍しい「普通の容姿の子」。
現代人らしい振る舞いが新鮮らしく、王子達を次から次へと魅了していきます。

設定はおそらく歴史に詳しい普通のOLさんだと思うのですが、各王子達の行く末や、皇太子の廃立年、皇帝の死亡年月まで知ってます。
どんなレベルの歴女だ?


以下はふりまわされる王子達。

PPS 2013-09-08 191553   皇太子。3番目の王子だっけ(普通のスケベ)
 

PPS 2013-09-08 162835   4番目の王子。次代の皇帝・雍正帝(むっつりスケベ)


PPS 2013-09-08 173628   8番目の王子。史実の通称・八賢王(変態)


PPS 2013-09-08 194657   9番目の王子(好意ほどんどなし)


PPS 2013-09-08 183728   10番目。バカ友達(ストレートに好き)


PPS 2013-09-08 174748   13番目。貴重な普通の人。酒飲み友達


PPS 2013-09-08 174801   14番目。8番目のキューピッドとして奔走(でも好き)


みなさん脳内にお花畑でも咲いてるのかと疑いたくなるくらい、恋愛のことばっかりです。
ラブコメとはそういうものなんですかね。



成り行きでお茶汲み要員として皇帝にお仕えすることになり、紫禁城内で暮らす主人公。
城内を散歩しているだけで、兄弟の誰かに会い、恋バナしてます。

PPS 2013-09-09 205445   紫禁城そんなに狭いの?



主人公の本命は4番目ですが、それまでは8番目にヨヨヨとなってしまうんです。
ところが8番目の行く末を知っている主人公なので、結婚に同意する代わりに皇位争いに加わらないでくれと頼むんですね。
そこで8番目が同意しなかったので、お別れするわけです。

兄弟たちの行く末を考えたら、4番目以外は幽閉生活だったり、自殺させられたりと大変なので、8番目とお別れした以降は次代の皇帝狙いでまっしぐらです。
未来を知っている現代人らしいしたたかさを発揮します。

4番目はもともと主人公が大好きなので、両想いになってからは、しょっちゅうテーマソングを背負って登場してきます。
ご飯を食べながらの観賞は、本気で危険です。



とまあ、割と前半はラブコメ全開で面白いのですが、4番目が皇位についてからは一転シリアス路線なんです。
主人公はずっと何かに悩んでいたり、泣いてます。
時に他の妃の存在に落ち込んだりする姿は、イラッときます。
オマエ自分の意思で次代の皇帝を選んだのだろうが!!
と首根っこつかまえてグラグラさせたくなります。


また、この主人公がさんざん兄弟たちのこと、もとい政治に口を出すんですね。
だまっていればいいのに、悲しい顔して雍正帝に兄弟たちの待遇改善を迫るわけですよ。
即位にあたって色々な妨害を4番目は受け続けてきたので、即位後は到底して兄弟たちの押さえ込みにかかるのですが、それを全部主人公に口出しされます。
(ちなみに雍正帝は名君の誉れ高い皇帝です)

PPS 2013-09-09 205824   後半はずっとこんな顔してます


もうね、中国の時代劇で初めて「皇帝が可哀想」と思いました。






前半のテンションで最後まで貫き通せたら面白い時代劇ラブコメだったのに、ものすごく勿体無いです。
楽しいのは前半の19話ぐらいまで。
後半はウンザリ&鬱陶しい。
それでも中国では高評価らしく、なんと現代版で続編が出ます。
興味がある方は「歩歩惊情」でググッてみてください。
ハッピーエンドじゃないので、続編を望む声が多かったのではと推察してます。


「王家の紋章」は、今どうなってるんですかね。