明智あれこれ

現在深セン駐在記
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ホテル
CATEGORY ≫ ホテル

漢庭酒店(世貿店):上海

利用検討中の人のためのホテルメモ。
今回は上海出張。
1泊280元ぐらいだったような。


上海の「延安西路」周辺のホテル、かつ300元以下という会社の指定があり、仕方なく漢庭に泊まりました。
漢庭というのは中国系の東横ホテルのようなもので、チェーン店で値段も安く、全国だいたいどこにでもあります。

いやね、全然汚くはないですよ。
ただ、先週東莞出張だったからね?
格差がヒドス。

P1000863.jpg

P1000864.jpg

P1000865.jpg

毎日ペットボトルの水2本をサービスしてくれるのですが、お茶類が何も備え付けられていません。
お湯で飲めというのか…。

ネット回線ですが、Wifiに接続できるのが1日1時間ぐらいしかありません。
仕事にならん。


んで朝食。

P1000866.jpg

バイキングこれだけ。
典型的な中国式。
ちなみに朝食の場所に行くのに、一度建物の外へ行かないといけません。
大雨の日がありましたよ…。

P1000867.jpg

食べられるのを選んで取ったらこれしかないの。
果物のスイカは健在。


安いホテルは部屋が床で、ダニが少なそうで安心ではありますが、ここはネット環境が最悪です。
ビジネスでの宿泊は絶対におすすめしません。
寝るだけなら良い人にはいいかも。
ビジネスパーソンで安く済ませたい方、錦江之星にお泊りになってください。
ネット回線○です。

ホテルの目の前には「オバマ広場」という日本料理屋が集まっている広場があります。
ここの日本料理はレベル高し。
特に3階にある日本人経営のスペイン料理屋は絶品です。
今回3泊の上海出張でしたが、2回も行きましたよ。

上海は食最高。

スポンサードリンク



匯美酒店:東莞常平

利用検討中の人のためのホテルメモ。
カンパニーレートで1泊330元、VIPルームに宿泊。




横に長い長い東莞市、今回は東側の常平で、ここは日本企業が多い地区です。
今回のホテルは、出張先の企業指定のホテルでした。

P1000849.jpg

VIPルームというから思いっきり期待して行ったのですが(東莞だし)

P1000855.jpg

部屋の中にこの変なソファがあっただけ。
それ以外は前回ご紹介の銀城酒店と大差なし。

P1000852.jpg

ま、ソファー分広くはあります。

P1000851.jpg

P1000850.jpg

P1000853.jpg

P1000854.jpg

部屋からの眺め。
16階です。

P1000856.jpg

16階の宿泊客は全部日本人のようでした。
おかげで静かに過ごせます。

朝食は銀城並の豪華バイキング。

P1000857.jpg

豆をトマトで煮たイギリスの朝食で必ずでてくるあの料理があったり、カリカリベーコンがあったり、誰でも満足のメニューが揃っています。
お勧めです。
卵料理が種類豊富で、とっても食べたかったですよ。
アレルギーめ(ノД`)・゜・。

帰りは常平の駅から電車に乗って深センへ帰りましたが、駅前ゴキブリ多くてやばす。
下には気を付けて歩きましょう。
スーツケースに這い上がってきます。




★ホテル宿泊予約サイト
エクスペディア
Hotels.com

スポンサードリンク



銀城酒店:東莞

利用検討中の人のためのホテルメモ。
カンパニーレート1泊298元で宿泊。

場所は新幹線の東莞駅近くです。
駅あたりで宿を探している方には超絶オススメ。
5つ星クラスなのに300元以下という奇跡の宿。


P1000842.jpg

P1000845.jpg
広いです。
スーツケースも余裕で全開できます。


P1000843.jpg
洗面所もピッカピカ。


P1000844.jpg
お湯をためられそうなバスタブ。


P1000846.jpg


P1000847.jpg
ミニバーも当然の品揃え。


P1000848.jpg
朝食のバイキングは品数多く、特にお粥が美味しく大満足。
アレルギーさえなければ、もっと色々沢山食べたかった。

スタッフはフロント以外は笑顔がないので、そこら辺はやっぱ中国だよなあ、と思いますが、何といってもコストパフォーマンスが抜群に良いです。
アゴダで予約すれば280元ぐらいで泊まれるみたいですよ。

周辺のお店はちと不明…。



物価の高い深セン&広州に挟まれている東莞ですが、ここはまだまだ田舎です。
安い。




★宿泊予約サイト
エクスペディア
Hotels.com

スポンサードリンク



中山路易酒店:中山

利用検討中の人のためのホテルメモ。

珠海市お隣の中山市にある中山路易酒店に平日1泊。
コネ予約で360元。朝食付き。


カンパニーレートでも1泊380元というお値段で、かつ満室と言われてしまったため裏技使用で予約。
通された部屋がすごかった…!


見てよ、この圧倒的広さ。

P1000742.jpg

清潔なバスタブ!!

P1000743.jpg

お茶セットも充実。水は無料です。

P1000747.jpg

デスク周りも完璧。
私用のPCでFFの回線速度を試してみたかったなー。

P1000744.jpg

部屋の窓から。音は気にならず。

P1000745.jpg


こんな素敵なお部屋に一人で会社のお金で宿泊ですよ。
ここに住みたいと心底思いました。


ホテルの場所ですが、深センからだと羅湖バスステーションから中山行きのバスに乗り、終点の中山で降り、道路挟んだ向かい側です。

この周辺は日本料理屋も多く、ホテルも日本人対応が完璧でした。
至る所に日本語での案内があります。


朝食ももちろん、ご飯と味噌汁、納豆OK!

P1000748.jpg


幸せなひと時をありがとう!ルイホテル!!



こんな良い思いをしたので、思わず出張同行のお客様(同じホテルに宿泊)に
「ルイホテル素晴らしいですね!
部屋も広くて、バスタブもあって!!
感激しました!」
と言ったところ、
「一人だけグレードの違う部屋に泊まってるね(笑)」
との返事が…。
アーイタタタt
ちなみにお客様たちは、389元を払い、いわゆる普通のシングルだそう…。

竹知バカだとかおいといて、
何が言いたいかというと、

中国人のコネはすごい!

使わない手はないです。



★予約宿泊サイト
エクスペディア

スポンサードリンク



錦江之星(東方路店) 上海浦東区

利用検討中の人のためのホテルメモ。

カンパニーレート利用で1泊270元。



レストランが長期工事中のため、朝食どころかルームサービスもなし。
ここ2泊、一度チェックアウトして蘇州へ旅立ち、また上海に戻ってきてここに5泊というスケジュールだったため、2回チェックインしました。
1回目は2階の部屋、2回目は1階の部屋でフロント近く。


P1000695.jpg

フツーのビジネスホテルです。
チェックイン後の部屋はきれいですが、連泊するところは適当なのか、日々ゴミが目につきます。
特にすみっこ。

窓を開けるとすぐ目の前がマンションなので、お互いの部屋が良く見えます。
レースのカーテンなんかないし、それが嫌でした。

P1000696.jpg

シャワーに関しては、中国のホテルの中では感激するほどお湯がたっぷりでます。
トイレもきれいです。

難点は駅から遠いので、ある程度地理がわかってないと使いにくいかもしれません。
朝食ないですし。
自分が観光客だったら、ホテルも旅の大事な一部と思っているのでここには泊まりません。


中国系のビジネスチェーンホテルを体験したい方にはお勧め。

スポンサードリンク