明智あれこれ

深センに滞在中
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ホテル

シェンゼンスノンホテル(Sunon Holiday Villa・深圳新安酒店) 深圳罗湖区

利用検討中の人のためのホテルメモ。

アゴダで朝食付1泊230元の激安価格で販売していたので即予約したら、窓のない部屋でした!
きちんと確認しましょう。


P1000682.jpg

部屋は少し狭いけど、清潔で悪くはないです。
フロントはフレンドリーな感じ。

繁華街にあるので窓のある部屋は雑音が気になるそうですが、さすがに静かでした。



ネット状況は深セン3ホテルの中ではワーストです。
FFはプレイできてもラグ多め。
ソロでアートマ集めするぐらいならいいんじゃない?という感じ。
どこかのホテル予約サイトの口コミに「ネットが早い!」と書いてありましたが、そんなことないですよ。
LANケーブルは部屋にありましたが壊れていましたので新しいものを持ってきてもらいました。



朝食は良いです。
種類も豊富で洋食・中華そろっています。

P1000679.jpg

P1000678.jpg


P1000681.jpg

おかわりしちゃいました( *´艸`)


ホテルの場所は地下鉄駅のすぐ近くなので、観光には持って来いの場所。
繁華街なので夜遅くても遊べますよ。
マックやケンタも近くにあります。

竹知は窓なしなんて耐えられないのでこの部屋には二度と泊まりませんが、立地や朝食は素晴らしいので、夜ちょっとうるさくても眠れる人には窓付き部屋の宿泊をお勧めします。

Benjoy Hotel Shanghai(上海碧悦城市酒店金橋路店) 浦東新区

利用検討中の人のためのホテルメモ。

アゴダの利用で、朝食付き1泊350元。




虹橋空港からタクシーで1時間半、150元。
ホテルの場所はどこかの地下鉄の駅近くですが、大雨でスーツケース持ちだったから、またついつい乗ってしまった。
コレ普通のお値段です。


外資系のホテルみたいで、外人のビジネスマンが多めでした。
ホテルもきれいでフロントの対応も完璧です。
1人の宿泊でしたが、ダブルベッドの部屋かツインの部屋か選ばせてくれました。
「静かな部屋」とリクエストしてダブルベッドの部屋へ。

P1000646.jpg

部屋のペットボトルが有料なホテルも多いですが、ここは無料でした。
緑茶とコーヒー付。


ネット状況について。
LANケーブルをリクエストして持ってきてもらい、早速使ってみましたが、ギガント重たす。
FFはやめましょう。
ログインするだけ無駄です。
深圳のほうが快適とは、意外な結果ですね。


ホテルの近くにはファミマがあるし、隣はカルフールだかの外資系スーパーなので買い物には困りません。
ただ、地下鉄の駅近くと言っても中心部からはけっこう離れてます。
便利な立地とは観光客的にはちょっと言い難いかな。

朝食は素晴らしい!
バイキングですがより取り見取り。
味も日本人好みの薄めです。
新鮮な生野菜もありましたよ。

P1000648.jpg

P1000647.jpg

地下鉄に辛抱強く乗れる人、移動は全てタクシーな人、とりあえず浦東空港寄りのホテルを探している人には超お勧めです。

エアポートホテル(机場大酒店) 深セン空港近く

利用検討中の人のためのホテルメモ。


注意事項:
深セン空港のエアポートホテルですが、このホテルは旧空港近くのエアポートホテルのため、現在の新空港とは距離があります。
ホテルのバスが空港-ホテル間を30分間隔で巡回していますので、それを利用してください。

空港からどうしてもタクシーに乗るなら、緑タクシーを。



宿泊費は、毎度お世話になっているアゴダでこちらも230元くらい。
朝食付きのプランだったのですが、朝一番の飛行機だったために時間的に断念しました。
エアポートホテルなんだから朝一番の便に合わせた朝食時間にしてくれてもいいのに、そこは中国です。
(朝食タイムはAM6時~)



P1000633.jpg

P1000632.jpg

P1000630.jpg


外観は中国のローカルホテルそのものですが、中は一転して大変綺麗です。
防音もしっかりしています。
悪い点をあげるなら、シャワー室が少し暗い上に水の勢いがあまりないことでしょう。



面接へ行くためにフロントでまたまた懲りずにタクシーをお願いしたのですが(ちょっと辺鄙な場所だったし、ホテルのなら安全だろうと思い)、

「危ないからバスで行け」(;°ロ°)

と、親切丁寧にバスでの行き方を教えてくれました。
この街、住んでも大丈夫なのか…?



夜はルームサービスでお粥とサッパリ目のきゅうりの和え物を頼みました。

P1000634.jpg

これで23元なら、ホテルにしてはまあまあ安いでしょう。
味も悪くなかったです。




1人か2人気にしているFF具合ですが、JuntingHotelよりラグりました。
夜の回線落ちが30分に1回は同じです。
早朝のゴールデンタイムは完全に健在でしたが、回線速度はJuntingのほうがやっぱり速いかなあと思いました。

プレイすら不可能な瀋陽に比べたら、100倍まともですけどね。


ここのホテルの場合、部屋にLANケーブルの差込口はあるけどケーブルはないので、フロントに電話して持ってきてもらわなければなりません。
(LANケーブルは中国語で「網線 wang3xie3」と言います。)



計3日間深センにいたのですが、竹知の深センバスレベルはほぼカンストしました!

駿庭酒店(Junting Hotel):深セン市内

利用検討中の人のためのホテルメモ。



・深センでホテルを探す前に知ってほしいこと

深センのタクシーはだいぶ安全になりました。
公安の目がここは厳しいそうです。
けれども空港に夜着の場合は、やはりホテルの送迎か、知り合いに迎えに来てもらってください。
安全には代えられません。本当に。
特にその辺の白タくには絶対に乗ってはいけません。





前置きがつい長くなってしまいました。
ホテル紹介へGO!

アゴダのプランで1泊230元程度。


P1000624.jpg

深南東路に面している中国にしては小さ目のビジネスホテルです。
今回はシングルに2泊しました。

P1000608.jpg

P1000607.jpg

P1000609.jpg

狭いですがコンパクトにまとまっています。
部屋はそこそこ清潔ですが、部屋の隅の埃など気になる箇所もありました。


ここのホテルのシングルは内側向きなので、車の音に目を覚まさせられるようなことはないですが、壁が薄いので中国人の話し声は良く聞こえます。
夜騒がしいなどということはなかったのですが、昼間に戻って一度仮眠、ということはできなさそうです。

今回は旅行ではなく面接の旅だったので、ノートPC持参ついでにFFセットも持ってきちゃいましたよ。
経済特区深センのビジネスホテルでどの程度つながるか見てやろう!という算段です。
ここのホテルは部屋にLANケーブルが最初からついていました。

P1000610.jpg

結論から言うと、昼間~夜間は30分置きぐらいに90000エラーで落とされます。
が、早朝は全く回線落ちしなかったです。
朝4時~6時のゴールデンタイムは健在でした。
別に目覚ましを鳴らしているわけではないのに、その時間にもう目が覚めてしまう年寄生活

その回線速度は瀋陽全盛期よりも早く、日本同様の快適プレイが可能でした。
夜も回線速度がそんなに落ちなかったのですが、回線切断があるので、プレイできるのはギャザラーぐらいでしょう。
早朝プレイは変わりませんね。




私にとって大事な大事な朝食ですが、利用したプランは素泊まりでしたので20元払って食べてきました。
しかししかし、バイキングの品数は少ない上に、日本人的感覚からしてあまり食べたいと思うものがなく、かなり寂しいものでした。
(中国人風朝食に食パンがある程度だと思ってください)

P1000611.jpg   バイキングなのにこれしか取らなかった

お粥だけはさすがに美味しいのが救いでしょうか。
ホテル正面の道路を挟んだ向かい側にマックがあるので、20元払うならそちらで朝マックのほうがいいかもしれません。
近くにコンビニもありますよ。

大連ロイヤルホテル(民航大厦) 中国遼寧省大連市内

利用検討中の人のためのホテルメモ
<大連ロイヤルホテル(民航大厦) 大連市内編>

ホテル正面

6月15日-16日の週末滞在
6月限定のバーゲンレート1泊390元(朝食付)で宿泊


<良い点>
・大連空港、大連駅、大連北駅からの無料送迎サービス有。
・1階に24時間営業のローソン。
・室内は清潔。
・アメニティにビオレのリンスインシャンプー、ボディソープ。
・お茶セット+ミネラルウォーター2本常備。
・豊富なテレビチャンネル

<悪い点>
・テレビがつきにくい。
・壁は薄めか。私は気になりませんでしたが、静かな部屋で眠りたい人は通り沿いではない部屋をリクエストしたほうがいいかも。



良い点に送迎サービスをあげましたが、実はトラブルが発生しました。
瀋陽から大連までの新幹線は大体が「大連北駅」発着なのですが、何本かは「大連駅」発着のものがあります。
大連北駅はちょいと遠めで面倒そうだと思ったので、今回は大連駅発着の新幹線を選びました。
ところがホテルの方は大連北駅だと思い込んで運転手に指示したため、当日会えなかったんですよ。
(これは私のメールの書き方も悪かったのです。お互いのコミュニケーション不足が原因)
結局ホテル側の指示によりタクシーを利用してホテルまで行ったのですが、運転手に北駅を指示したホテルマンが休日なのにホテルに来て、果物持参で部屋まで謝罪に来ました。

無料送迎サービスの運転手と会えなかったことについては、タクシー代をもらったことで私の中では清算済だったので、これには心底驚いた!
何もクレームをいれていないのに。



今更ですが、「中国人」という枠組みでくくっちゃいけないと思うほど、色々な人がいるなあと改めて感じた次第。




部屋1

部屋2

部屋3

部屋4

ホテルの前にあるのは労働公園です。
公園に散歩に行ったのですが、中で迷ってしまって外にでるのに1時間かかりましたよ。
中国の公園、恐るべし。





テレビの下にチャンネル一覧表が置いてありました。

テレビ1    何気なく見ていたら

テレビ2     !∑(゜∀゜) 私の最愛のチャンネルが!!!!


キター!と思いながらチャンネルをまわしてみると



テレビ3     ク、ク、ク、クレアー!!(☆∀☆)
↑LOW&ORDER season6

~ 以下オタクの叫び ~

歴代の検事補役のなかで、クレアが一番好きなんですよ。
検察という職業に対するブレがない。
他の女性検事補は被告に対して変に同情しちゃったり、
女らしさってそうじゃないでしょ!と突っ込みたくなるような女性検察官がチラホラいるなかで、
文句なくカッコイイ!!
大好き(*´Д`*)
プラクティスのヘレンもそうですが、美人で頭が良く、一本筋の通った女性検察官は最高のご馳走です。ウフ


昼ごはん&観光の予定でしたが、
思わずルームサービスのメニュー表をちらり…
(そしてラーメン定食セットを発見)










ホテルの朝御飯は和洋中のバイキングでした。

朝食     瀋陽の恋人、ふじっ子昆布がありましたよ



食後は12時のチェックアウト時間までテレビ三昧(ノ∀`)

お世話様でした。